【医師監修】私の卵子の数は、日々減っている。メカニズムは…〈妊活の正しい知識〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 【医師監修】私の卵子の数は、日々減っている。メカニズムは…〈妊活の正しい知識〉

LOVE

2023.04.04

【医師監修】私の卵子の数は、日々減っている。メカニズムは…〈妊活の正しい知識〉

赤ちゃんの頃は200万個あった卵子が、35歳のころには1~2%の数に減るといいます。妊活の正しい知識をお届けする、浅田レディースクリニック理事長 浅田義正医師の妊活コラムです。

浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正

老化だけではなくどんどん減る卵子

砂時計とカレンダー
(c)Shutterstock.com

卵子は古くなるだけではなく、毎日減っています。卵子の数は、お母さんのお腹にいる妊娠5~6ヶ月のときに500~700万個とピークを迎えて、そこからは減る一方です。

出産時には200万個初潮のころには30万個ほどになり、一般に妊娠率が落ちるといわれている35歳のころには、生まれたころにあった200万個のうちの1~2%ほどしか残っていません。

卵子は卵巣に保存されています。女性は思春期を迎えると、生殖のためのプログラムが起動され、性刺激ホルモンが分泌されて、その刺激を受けて卵胞は成長、成熟していきます。

この期間は約6ヶ月。なかでも一番成熟した大きな卵胞「成熟卵胞」の中の卵子が1個だけ、卵胞を突き破って卵巣の外に飛び出します。これが排卵です。このようなサイクルで、月に1個、卵子を排卵していくのです。排卵する成熟卵子の数は、女性の生涯で400~500個といわれています。

成熟卵胞にならなかった卵胞はしぼんでいきます。それが減ってしまう卵子の正体で、1日に換算すると30~40個です。もしかすると、卵巣にたまっている卵子が毎月1個ずつ排卵されていくイメージがあったかもしれません。

ヒト以外の哺乳類は何匹も子どもを産むこともありますが、ヒトの場合、ひとりの赤ちゃんにするために、排卵のタイミングで一番成熟した大きな卵胞以外は、使える卵子もしぼませて1個排卵(単一卵胞)にしています。

卵子の減少は、砂時計のようなものです。どんなことがあっても、時間とともにサラサラと落ちていく砂のように、卵子も卵巣から減っていきます。

残っている砂が、残りの卵子のイメージです。残っている卵子も大半のものは消えてしまい、血管の近くで酸素や栄養環境の良い場所にあるなど、条件に恵まれた卵子だけが生き残ると推測されます。

自分の残りの卵子がどれくらいあるのか知るには?

自分の残りの卵子がどれくらいあるのか知る手がかりとなるのが、AMH(アンチ・ミューラリアン・ホルモン)検査です。

血液検査で、卵巣の中にどれくらい卵子が残っているかを反映するAMH値がわかります。卵子の残り数は個人差があるので、少なくとも30歳になったら一度受けてみることをおすすめしています。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

妊活について過去の記事はこちら

浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正(あさだ・よしまさ)

日本でも有数の体外受精成功率を誇り、愛知・東京でクリニック展開する「医療法人浅田レディースクリニック」の理事長を務める。海外での体外受精研究実績を持ち、顕微授精の第一人者。妊娠という“結果”を重視した「浅田式」不妊治療を行っている。

浅田レディースクリニックHP


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.26

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。