Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 幸せを掴んだと思ったのに? 浮気… ワンオペ…「玉の輿婚」で不幸になった女性たち

LOVE

2022.09.17

幸せを掴んだと思ったのに? 浮気… ワンオペ…「玉の輿婚」で不幸になった女性たち

玉の輿と聞くと「羨ましい」と感じる人が多いかと思いますが、実際の生活を除いてみるとそうではない人たちも? 玉の輿に乗った2人の女性のリアルな声を紹介。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

憧れ=幸せとは限らない!? “玉の輿”に乗ってみたものの…

いつの時代もお金持ちや権力者との結婚を望む女性はいるもの。

一度は夢見た将来…、実際に乗ったものの幸せを見出せなかったという玉の輿先輩女性から話を伺ってみましょう。

トラブル続出!『浮気問題』(ユミコさん・仮名)36歳

背を向け合う夫婦
(c)Shutterstock.com

「高収入の彼を狙う女の子はたくさんいたので、彼に見初められた私はどこか優越感に浸っていたと思います。

けれどやっぱりお金を持っている男の人って、自分から誘わなくても女の子が群がって来るんです。私が知る限り、今までの浮気相手は7人くらい。もう夫婦生活は破綻しているから気にしていないけれど、浮気相手が増えると起こるのが“トラブル”!

私に直接『別れろ!』と言ってくる女性もいたり。一番驚いたのは朝方夫の寝室から下着姿の女の子が出てきた時です。驚きのあまり私から『あら、おはよう』なんて挨拶をしちゃったくらい。

別れない理由? 私が誰よりも夫の経済力に惚れているから。心は貧しいけれどね…」

家族の時間ゼロ!『超多忙夫』(マユミさん・仮名)37歳

ワンオペ育児をする女性
(c)Shutterstock.com

「青年実業家だった主人と26歳の時に結婚をした私は、その後すぐに2人の子供に恵まれました。主人の年収が着実に上がっていくにつれ、得られなかったのは“家族の時間”。

できるだけ家庭のことは人任せにしたくないという思いがあり、育児はもちろん完全ワンオペ。少しでも家事・育児を手伝って欲しかったのですが夫は家にいないことが多く、夫婦や父子の会話はだんだんと少なくなっていくばかり。

そうすると子供たちが“パパ見知り”をするようになり、ますます私は子供たちにつきっきりでいないといけない状況になりました。

子供たちの教育の事すら話せず、優先順位はいつも仕事。久しぶりに家族4人で外食ができる日でも、主人は仕事の電話で中座することが多く、ひどい時は仕事関係の方達が同席することも。これで玉の輿が幸せと言えるでしょうか…」

* * *

玉の輿と聞いて相手の年収はどれくらいを想像しますか? 年収1000万円でも生活地域やスタイルによっては誰もが羨む贅沢な生活を送ることは困難なことも。憧れの“玉の輿”結婚を望むのであれば、多少のリスクや犠牲が必要なのかもしれません。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

こちらも読まれています

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.05

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature