Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 「お金のかからない趣味」は何がある? アウトドア・インドア別に紹介!

LIFESTYLE

2022.07.26

「お金のかからない趣味」は何がある? アウトドア・インドア別に紹介!

折角の休日も寝てばかり、そんな毎日になっていませんか? 「趣味」は欲しいけれど、新しく始めるにはお金がかかるからと、なかなか始められない人が多いのではないでしょうか。今回は「趣味」がない原因や「趣味」のメリット、「お金のかからない趣味」について紹介します。

そもそも「趣味」とは?

みなさんは「趣味」を持っていますか? スポーツや映画鑑賞など人によってさまざまな「趣味」が挙げられると思います。そもそも「趣味」とは、どのようなものを指しているのでしょうか。

「趣味」とは、「楽しんで行う事柄」や「好んで行う特定の活動」を指して使われることが多いようです。職業としてではなく、個人的に楽しむ行為と言い換えられます。つまり、他の人にとって「面白くない」と感じることでも、自分が「面白い」「楽しい」と感じれば、それは「趣味」ということができるのです。

「趣味」がない原因とは?

(c)Shutterstock.com

これという「趣味」を持っていないという人は実はたくさんいます。自分の楽しみに繋がる「趣味」を持てない原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

1:時間がない

社会人になると、仕事と家事で手一杯になってしまうことも。多忙の中でさらに時間を作る余裕が無いという人が多く、「趣味」をしたくてもできないというケースが多いようです。また、日々の仕事で疲れていて、趣味を楽しむ気力がないことも原因のひとつといえるでしょう。

2:持続性がない

新しく「趣味」を始めようとすると、なかなかうまくできないことや、思ったよりも楽しくないなんてこともあるかもしれません。初めての場合はつまずく壁が多く、早々に諦めてしまう場合が考えられます。

3:コストがかかる

自分の娯楽のためといっても、新しく「趣味」を始める時には初期費用がかかる場合も多いです。そのため、「やってみようかな」という気軽な気持ちではなかなか踏み出しにくく、腰が重くなっていることが原因としてあげられます。

「趣味」があることのメリットとは?

(c)Shutterstock.com

「趣味」がない原因には、疲労や時間のなさなどが挙げられましたが、多忙な日々だからこそ「趣味」を持つことで得られるメリットがあるんです。具体的にどのようなメリットがあるのか一緒に見ていきましょう。

1:リフレッシュできる

「趣味」は、仕事とプライベートでメリハリをつけて、気持ちをリフレッシュさせる効果があります。家でだらだらしていると、「無駄な時間を過ごしている」という罪悪感に苛まれたり、「あの仕事を片付けて、この仕事もしないと」と結局仕事について考えたりしてしまうことも。

自分が「楽しい!」と感じられる趣味に没頭することで、仕事のことを一旦忘れられるのが、「趣味」の大きなメリットといえるのではないでしょうか。

2:交友関係が広がる

社会人になると、会社以外での接点が少なくなりがち。「趣味」を持つことで、同じ「趣味」をもつ人たちのコミュニティーに参加することができますし、今まで関わらなかったような人とも出会えるきっかけになります。

3:興味の範囲が広がる

「趣味がある」ということは、「自分の好きなことがある」ということでもあります。好きなことを突き詰めていくと、他分野とのつながりがあったり、別の要素と関わっていることが分かったりします。枝のようにどんどん興味の幅が広がることで、自分の経験や知識の蓄えになることも。

4:ポジティブになれる

没頭できる「趣味」があることで、嫌なことを引きずったり、他人に依存したりすることが減る傾向にあります。そのため、メンタルが安定し、ポジティブでいられるようになるのが大きなメリットといえるでしょう。

5:仕事で活かせる

趣味で始めたことが仕事でも活かせた、という場合も少なくありません。例えば、趣味で作ったアクセサリーをフリマアプリで販売してみたら、人気が出て生計を立てられるようになったなんてことも。DIY系の趣味や、語学系の趣味は仕事に活かせることが多いようです。

インドアで楽しめる「お金のかからない趣味」を紹介

(c)Shutterstock.com

「趣味が欲しいけれど、何をしたら良いのか分からない」という人や、「自分の好きなものを見つけたい」という人のために、「お金のかからない趣味」を紹介します。まずは、お家の中でもできる「趣味」について見ていきましょう。

1:ヨガ

「外に出るのは嫌だけど、身体を動かしたい」、そんな人におすすめなのが「ヨガ」です。動きやすい服と足腰を痛めないためのマットがあれば、専用のウェアやヨガマットが無くてもお家で始めることができます。

「ヨガ」は、激しい動きをするわけではないので、体力や運動神経に自信が無くても大丈夫。身体を伸ばしたり、リラックスしたりすることに重きが置かれています。

2:映画・アニメ・ドラマ鑑賞

映画やアニメ、ドラマなどの映像作品の鑑賞を趣味にする人も増えてきています。月額で見放題のサブスクが普及しているため、手軽にたくさんの映像作品を楽しむことができるのです。洋画など海外作品が好きな方は、これをきっかけに語学の勉強を始めてみるのも面白いかもしれません。

3:イラストや手芸

イラストや手芸なども、お家で手軽に始められる趣味のひとつといえるでしょう。イラストは紙とペンがあればどこでも描けますし、タブレットなどの電子機器を使ってデジタルイラストを楽しむこともできます。

手を動かす作業や細かい作業が好きという方は手芸もおすすめです。手軽に挑戦しやすいキットが販売されているので、刺繍やビーズアクセサリーなど、気になる分野を楽しんでみてください。

アウトドアで楽しめる「お金のかからない趣味」を紹介

(c)Shutterstock.com

お家でのんびり楽しみたいという人だけでなく、外でアクティブな「趣味」を楽しみたいという人もいるでしょう。そこで、続いてはアウトドアで楽しめる「お金のかからない趣味」を紹介します。

1:ハイキング

身体を動かす「趣味」を初めてみたいという人におすすめなのが、ハイキングやウォーキングです。「ヨガ」と同様に、動きやすい服装であれば、専用のウェアが無くても始めることができます。これなら、初期費用もかかりません。加えて、自然に触れ合う機会も増えるためリフレッシュにも繋がります。ハイキング仲間をつくって、会話しながら歩くのも楽しいのではないでしょうか。

2:ビーチコーミング

「ビーチコーミング」という言葉を知っていますか? 浜辺に打ち上げられた漂流物を収集したり、観察したりすることを「ビーチコーミング」といいます。浜辺で変わった柄の貝殻や、綺麗なシーグラス、流木などが漂流しているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。特に集めることが好きという人におすすめの趣味になります。

3:廃墟巡り

皆さん、廃墟に行ったことはありますか? 「廃墟巡りが趣味?!」と驚かれるかもしれませんが、実は密かに人気を集めている趣味のひとつです。廃墟なのでもちろん入館料はありません。

人の手が入らなくなった建築物は、植物が這っていたり壁が朽ちていたりして、何となく怖いような印象がありますが、日の光によって幻想的に見えることもあり、その不気味さと美しさが人気の理由のようです。写真を撮って楽しむのも面白いかもしれません。

最後に

今回は、「お金のかからない趣味」を紹介しました。楽しみを増やすことで、日々の生活にメリハリが生まれ、充実した一日にすることができます。手軽に始められる趣味が欲しいと悩んでいる方は、ぜひひとつの参考にしてみてくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

こちらの記事も読まれています


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.12

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature