Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 【医師監修】卵子は老化する? 加齢によってどんなことが起きる?〈妊活の正しい知識〉

LOVE

2022.07.05

【医師監修】卵子は老化する? 加齢によってどんなことが起きる?〈妊活の正しい知識〉

知っておきたい、卵子の話。誕生時から徐々に減っていく卵子は、年齢とともに老化するのでしょうか? 老化したらどんな影響がある? など解説します。浅田レディースクリニック理事長 浅田義正医師の妊活コラムです。

浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正

卵子は老化する?

卵子は毎月卵巣でつくられ、排卵していると思っている方も多いでしょう。

卵子のもとになる細胞は、女性がお母さんのおなかのなかにいる時に一度だけつくられ、誕生時に約200万個蓄えています。その卵子のもとになる細胞は、これ以降増えることはなく、毎月卵巣でつくられているというわけではありません。

卵子のもとになる細胞は思春期になると、第二次性徴以降に一定の割合で目覚めて、卵子として成長。その後排卵していきます。

30歳であれば30年前につくられた卵子が、毎月排卵されていることになりますね。

皮膚などの体の組織は、幹細胞が新しい細胞を作り入れ替わっているので、年をとっても若々しさを維持できますが、卵子は新しい細胞をつくらないので、加齢の影響をうけてひとつひとつの細胞がそのまま老化します。

(c)Shutterstock.com

卵子が老化すると、どのようなことが起きる?

卵子が老化すると、見た目は若い卵子と変わりませんが、卵子としての機能、とくに受精後の機能障害が少しずつ増えていったり、その後の細胞分裂や染色体分離等がうまく進まなかったりします。つまり結果的に妊娠しずらくなるということです。

卵子の老化によって、すべての卵子がいっぺんに機能を失うわけではありませんが、年齢と共に徐々に妊娠する力が弱まり、35歳ごろから顕著に妊娠率が下がってきます。

日本産科婦人科学会 ARTデータブック2019より引用

妊娠しにくい原因は男女ともにありますが、今から30年以上前の女性側の原因は、排卵しない、両方の卵管が詰まっている、子宮外妊娠で卵管を切除した、子宮の形が妊娠しにくい子宮奇形といったものが要因でした。しかし現在は、夫婦ともに検査をしてもこれといった問題が見つからない、原因不明不妊が多くなっています。妊娠しにくいのは、加齢による「卵子の老化」が大きな要因と考えられています。

* * *

今年の4月に不妊治療の保険適用が開始されました。

今まで自由診療のため高額となっていた不妊治療ですが、保険適用により治療を受けやすくなりました。なかなか赤ちゃんを授からないと気になった夫婦は、先延ばしせず早めに医療機関を受診することをおすすめします。また将来お子さんを望んでいる方も、正しい知識を身につけて人生設計をしてほしいと思います。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

妊活についてもっと詳しく

浅田レディースクリニック 理事長 浅田義正(あさだよしまさ)

日本でも有数の体外受精成功率を誇り、愛知・東京でクリニック展開する「医療法人浅田レディースクリニック」の理事長を務める。海外での体外受精研究実績を持ち、顕微授精の第一人者。妊娠という“結果“を重視した「浅田式」不妊治療を行っている。

浅田レディースクリニックHP


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.14

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature