Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. ニュースでよく聞くIT用語。“DX”ってなに? デラックスと呼ばずに何と読む?

WORK

2022.03.26

ニュースでよく聞くIT用語。“DX”ってなに? デラックスと呼ばずに何と読む?

「DX」の意味を知っていますか? 言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽が、略語やIT化との違いも含めて解説します。

鶴田初芽

「DX」の略語や言葉の意味をチェック!

最近、DXという言葉をよく目にしませんか?

ぱっと見、デラックスと読めてしまうDX。ITに関する用語のようだけど、どういう意味? そんな疑問を持っていた方もいるのではないでしょうか。

早速チェックしましょう。

DXはDigital transformationの略語

(c)Shutterstock.com

DXとは「IT(情報技術)が社会のあらゆる領域に浸透することによってもたらされる変革。2004年にスウェーデンのE=ストルターマンが提唱した概念で、ビジネス分野だけでなく、広く産業構造や社会基盤にまで影響が及ぶとされる。デジタル変革」のことをいいます。

DXは「ディーエックス」と読み、Digital transformationの略語です。どこからXが? と不思議に思うのですが、横切るという意味を持つtransと同じ意味であるcrossをXと表記することから、transをXと置き換えて表記しているんですよ。

なお、「豪華な」という意味のデラックスはdeluxeの略語ですね。

日本におけるDXの推進は2018年から

(c)Shutterstock.com

DXの概念は、2004年、スウェーデンのウメオ大学教授、エリック=ストルターマン氏によって提唱された「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という考えから始まっているといわれています。

日本においては、2018年に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」を取りまとめています。実は3年以上も前から日本でも推進が目指され、わたしたちの耳にも届く場面が増えたんですね。

このガイドラインでは、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」をDXとしています。

IT化と何が違うの?

(c)Shutterstock.com

DXの意味について、ぱっと聞くとIT化のことをかっこよく表現している言葉、と思った方も多いのではないでしょうか。

IT化は、デジタル技術を用いてアナログでおこなっていた業務をデジタルに置き換えることで、既存の業務の効率化や業務の削減を実現するのに対し、DXはデジタル技術を活用して、商品やサービス、ビジネスモデルを変革し、企業価値を高めることを実現するものです。

例えば、現在、銀行口座からお金をおろすときはATMを利用することが多いと思うのですが、ATMが登場する前は銀行の窓口で出金手続きをしていました。また、ネットバンキングの普及により振込もオンライン上でできるようになり、わたしたちは銀行の窓口に行かずとも不便はありませんよね。

IT技術の進展により、事務手続きの場としての窓口の必要性が低くなったことを受け、店舗をもたないことで店舗維持のコストをカットし、その分事務手数料を抑える銀行も登場しました。

これはIT技術を活用して、サービスやビジネスモデルを変革したDXの一例にあたるんじゃないかなと思います。

* * *

いかがでしたか? 少しDXのイメージが湧いたでしょうか? なかなか自身の業務を通じてDXを考える、ということは壮大すぎて難しいですが、IT技術を用いることで可能性が広がると思うとワクワクしますね。

これからどんな新しいサービスや企業がDXによって生まれるのでしょうね。

言葉の意味/デジタル大辞泉

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature