Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. いちご鼻
  5. 「鼻パック」って実際どう? 種類やメリットデメリットを徹底的に解説

BEAUTY

2022.04.30

「鼻パック」って実際どう? 種類やメリットデメリットを徹底的に解説

鼻の角栓をごっそり取り除ける「鼻パック」。みなさんも一度は使ったことがあるのでは? 今回はそんな鼻パックについてまとめてみました。実際鼻パックでの毛穴ケアは効果的なのか、鼻パックのメリットデメリット、使用する上での注意点など解説していきます。

【目次】
そもそも「鼻パック」する理由とは?
「鼻パック」にはどんなものがある?
鼻パックのメリット
鼻パックのデメリット
鼻パックをする上での注意点
おすすめの鼻パックアイテム

そもそも「鼻パック」する理由とは?

角栓を放置すると不潔な印象の黒ずみ毛穴に…!

鼻パックは、鼻の毛穴の角栓や古い角質を取り除いてくれるアイテムのことを言います。

Oggi世代は人生でもっとも毛穴が目立つとき。きれいにケアをしてあげないと、どんどん毛穴の目立つ肌になってしまいます。

角栓を放置すると不潔な印象の黒ずみ毛穴に…!

例えば写真1の詰まり毛穴。これは分泌された皮脂と古い角質・汚れが混ざって固まり、毛穴に詰まった状態です。この汚れが固まると角栓になります。

写真2の黒ずみ毛穴は角栓がさらに酸化して黒っぽくなった状態の毛穴です。

基本は洗顔でオフ、スペシャルケアで鼻パックを

これらの毛穴が目立つ肌にならないために鼻パックは有効ですが、一般的にやりすぎは推奨されていません。

基本は日々の洗顔でその日のうちにその日の汚れを取り去り、詰まりにくい毛穴を目指しつつ、ここぞというときに鼻パックでスペシャルケアを行うのが良いでしょう。

基本は洗顔でオフ、スペシャルケアで鼻パックを

毛穴の奥まで洗うためには「泡」が重要。

基本は洗顔でオフ、スペシャルケアで鼻パックを

擦らずに泡に汚れを吸着させるイメージで。

肌の毛穴が目立ち始める30代前半のスキンケア|「毛穴レス顔」で第一印象美人になるには?

「鼻パック」にはどんなものがある?

貼って剥がすタイプ

鼻パックでもっとも知名度がある「貼って剥がすシートタイプ」。

鼻に貼って時間を置き、剥がすだけで気になる角栓を除去してくれる便利なアイテムです。

ただしこちらは剥がすときに肌を傷めてしまう可能性が高いため、美容の面から推奨されないことが多いアイテム。使用するときは放置時間を厳守し、頻度も可能な限り少なくすることが大切です。

塗って洗い流すタイプ

クレイやクリーム、液体を鼻に塗り、洗い流すことで角栓を除去してくれるアイテム。

汚れが気になる部分に狙って塗ることができる上、凸凹肌にもフィットしやすいという点で推奨されています。

こちらも肌へのダメージはゼロではありませんが、剥がすタイプの鼻パックよりも負担が少ないとされています。

鼻パックのメリット

洗顔で落としきれない汚れをオフできる

日々の洗顔が毛穴ケアの基本であることは先述しましたが、その洗顔だけでは積り積もった汚れを除去し切るのはなかなか難しいもの。

しかし鼻パックをスペシャルケアとして取り入れることで、普段落とし切れなかった汚れまで取り除くことが期待できます。

美容成分が浸透しやすくなる

美容成分が浸透しやすくなる

古い角質や角栓が詰まったお肌は固くなり、せっかくスキンケアで肌に良い成分をのせても効果を感じにくいと言われています。

しかし、不要な汚れを除去した後の肌は、美容成分が浸透しやすくなるでしょう。

毛穴エクストラクションのメリット・デメリットとは? アラサー女子が毛穴の角栓・いちご鼻を解消する施術を体験

鼻パックのデメリット

肌へのダメージがある

肌へのダメージがある
(c)Shutterstock.com

角栓の除去に優れている鼻パックとはいえ、肌へのダメージは少なからずあります。

やりすぎると肌の角質層を傷つけ、毛穴のトラブルが悪化してしまう原因になる可能性も…。

鼻パックだけに限らず、毛穴の角栓を絞り出したり、毛抜きでスポッと抜き取ったりするような毛穴ケアも避けると良いかもしれません。

【医師監修】いつものケア方法が「毛穴ケアトラブル」を引き起こしてる? NG習慣をチェック

完全に除去できるわけではない

毛穴の深い部分まで完全に角栓を取り除くのは、鼻パックでも難しいと言われています。

やはり重要なのは、日々の洗顔で汚れを溜めていかないこと。その上でスペシャルケアを行い、毛穴の深い部分の角栓を未然に防ぐことです。

鼻パックをする上での注意点

パック後の保湿を徹底しよう

パック後の保湿を徹底しよう
(c)Shutterstock.com

鼻パック後は「保湿」を心がけましょう。

城野親德先生

美容皮膚科 シロノクリニック総院長 城野親德先生によると、保湿には「ヒアルロン酸」「水溶性コラーゲン」など、高い保湿作用を持つ成分配合のアイテムがおすすめだそうです。

鼻パック以外の毛穴ケアも取り入れよう

城野親德先生曰く、毛穴には「皮脂の除去」「角質の除去」「洗浄」「保湿」の4つのケアが必要だそう。

鼻パック以外の毛穴ケアも取り入れよう
(c)Shutterstock.com

皮脂の除去

「『ノイバラ果実エキス』がオススメ。ふき取り効果による皮脂の除去、べたつきを抑制してくれます。皮脂分泌抑制作用、収斂作用(しゅうれんさよう)、角化調節作用、弾力性向上作用、メラニン産生抑制作用などにより毛穴を引き締め、肌を明るくなめらかに整えます」(城野先生)

角質の除去

「『乳酸』『リンゴ酸』がオススメ。乳酸・リンゴ酸で肌をやさしくピーリングするとともに毛穴の開きの原因となる古い角質を除去し、肌のターンオーバーをサポート。肌のざらつきを抑え、柔らかなタッチの肌に導きます」(城野先生)

洗浄、保湿

「洗浄には、肌に負担をかけないマイルドな洗浄成分がオススメ。保湿には『ヒアルロン酸』『水溶性コラーゲン』など高い保湿作用を持つ成分がオススメです。毛穴の奥までしっかりと汚れをふき取った肌がうるおいを持続するために、バランスよく保湿することが大切。乾燥による肌あれを感じることなく、しっとりとした肌を実感できます」(城野先生)

鼻パックだけに頼らず、こうした4つの毛穴ケアをバランスよく行うことが大切なのですね。

毛穴で悩みたくない… 医師がおすすめする毛穴に欠かせない4つのケアとは!?

おすすめの鼻パックアイテム

石澤研究所 アルジタル グリーンクレイペースト(写真:左)
クレイド キャニスターセット 400(写真:右)

石澤研究所 アルジタル グリーンクレイペースト クレイド キャニスターセット 400

(写真:左)石澤研究所 アルジタル グリーンクレイペースト 250ml

清涼感のある精油とハーブをブレンドしたクレイパック。

「毛穴のザラつきがなくなり、なめらか肌に」(Oggi専属読者モデル・門井寿美さん)
「長年愛用しています」(Oggi専属読者モデル・赤荻典子さん)

(写真:右)クレイド キャニスターセット 400 400g

パックだけでなく入浴剤としても使用できるクレイアイテム。

「湯船に入れたり、水で溶いて毛穴パックにしたり」(美容エディター・門司紀子さん)

若月佑美も!「これが毛穴に効いた」Oggi美容班の効果実感アイテムを大公開!

草花木果|マスクジェル

草花木果|マスクジェル

みずみずしいジェルが、古い角質を除去し毛穴の目立ちをカバーしてくれるマスクジェル。天然由来成分配合。ターンオーバーをサポートし、毛穴だけでなくくすみ、ごわつきなどの肌悩みにもアプローチ。鉱物油、パラベン、合成香料フリー。

「天然由来成分なので安心して使えて、スーッと肌に溶け込むテクスチャーもいい! 柑橘系ベースの爽やかな香りなので気分よくスキンケアできます」(ライターK)

ライター口コミ♡ 毛穴、くすみを撃退する【2019最新】美容液マスクジェル|オフィス美人化作戦

毛穴撫子|お米のパック

毛穴撫子|お米のパック

洗い流すタイプの毛穴パック。たった5分でうるおいと弾力、キメなど肌にほしい要素が揃う。

乾燥で毛穴が! と東急ハンズでOLが買ったプチプラ時短ケア。ながら美容に! ズボラ女子にも!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature