体外受精へ。ゴナール自己注射後に猛烈な睡魔に襲われ…<30代の不妊治療vol.67> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 体外受精へ。ゴナール自己注射後に猛烈な睡魔に襲われ…<30代の不妊治療vol.67>

LOVE

2021.10.21

体外受精へ。ゴナール自己注射後に猛烈な睡魔に襲われ…<30代の不妊治療vol.67>

妊活歴が3年目に突入した主婦ライター・34歳クロサワキコの不妊治療体験レポ Vol.67。夫の精索静脈瘤の手術や人工授精、体外受精とステップアップを重ねていくなかで感じてきたリアルな本音をお届け。今回は、家で初めてゴナールを打った話。

家で初めてのゴナール自己注射を打った話【30代からの不妊治療】

妊活を始めて3年。現在34歳の私の体験から、妊娠を考えているカップルにとって少しでも役に立つような情報をレポート形式でお届けします。

前回は、ゴナールの副作用の話をお届けしました。今回は、家で初めてゴナールを打ったお話。

これもゴナールの副作用? 猛烈な眠気

以前お話したD(デイ)3に、私は病院で初めてのゴナールを打ちました。その日の午後、頭痛や倦怠感などのつらい副作用を経て、翌日を迎えました。

11時になり、いよいよ自宅での自己注射の時間です。前日に病院で渡された注射セットを広げて準備をはじめていると「お! 貸しなさい」と夫がやってきました。手際よくゴナールに針をセットし、あとは打つだけの状態で渡してくれました。

「ありがとう。あぁ、じゃあここからは自分でやる」

「うん」

昨日とは反対のおへその右側に打ちました。やっぱり注射を打つ瞬間はたいしたことないのですが、針を抜くときは痛かった。うぅぅぅぅ。十数秒の作業だけれど、今日一番の重要任務を終えた気分。

すると夫は「よーし、お疲れ。あとはやっとくよ」といって、針を廃棄用BOXのなかへしまって、使い終わった消毒綿を捨て、注射セットをてきぱきと片付けてくれました。些細なことなんですが、おなかに針を刺す以外の雑務は夫がすべて引き受けてくれました。

(c)Shutterstock.com

私はといえば、重たい体を引きずるように寝室へ。猛烈な睡魔にも襲われました。この時は、自己注射を打つ緊張感でドッと疲れが出たのかなぁと思ったのですが、どうやら、この眠気もゴナールの副作用の一種みたいです。そのまま夕方まで爆睡。

あっという間の1日でした。注射以外、何もしてないような…。ハァと思わずため息。

まだ2回しか打っていないのに、私の体、大丈夫かな? すぐにでも病院で診てもらいたい気分でしたが、翌日に通院の予約が入っているし、熱が出たりすることもなく、ただ体がだるいだけなので、様子をみることにしました。

これじゃ続けられそうにないな。明日、先生に薬のこと相談しなきゃな。そう思いながら眠りについたのでした。

これまでの記事▶︎不妊治療体験レポ

TOP画像/(c)Shutterstock.com

クロサワキコ

34歳・主婦ライター。妊活歴3年目。男性不妊の治療や人工授精に体外受精、ステップアップを重ねていくなかで感じた不妊治療のリアルな本音を発信しています。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.08

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature