今さら聞けない!「義理」の意味や使い方・類語・対義語をご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 今さら聞けない!「義理」の意味や使い方・類語・対義語をご紹介

WORK

2021.02.14

今さら聞けない!「義理」の意味や使い方・類語・対義語をご紹介

「義理」という言葉は、どのような意味があるのでしょうか? 「義理人情」、「義理チョコ」などの使われ方をしますが、正しい意味やニュアンスを理解している人は少ないもの。本記事では、「義理」の意味や使い方・類語・対義語について解説します。

【目次】
「義理」の意味と由来とは?
「義理」の使い方を例文でチェック
「義理」の類語にはどのようなものがある?
「義理」の対義語にはどのようなものがある?
最後に

「義理」の意味と由来とは?

(c)Shutterstock.com

バレンタインデーに、特に好意を寄せているわけではない相手へ、付き合い上の儀礼的な意味で贈られるチョコレートを「義理チョコ」なんて言ったりしますが、「義理」の意味や正しい使い方をご存知でしょうか? 本記事では、「義理」の意味や使い方・類語・対義語をご紹介します。

まずは、「義理」の意味と由来について解説していきます。

◆義理の意味

主に使われている「義理」の4つの意味を解説します。

1:「物事の正しい道筋」

「物事の正しい筋道」また、「人として守るべき正しい道。道理。すじ」という意味。「義理」は、儒教の五常のひとつとして考えられる「義」から成ります。「義」という文字は、儒教で人として守るべき正しい道を指しています。

例文:「義理を通す」

2:「対人関係において守るべき道理」

「社会生活を営む上で、立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。道義」という意味。つまり、対人関係または社会関係において守るべきこととして意識されることです。お互いに協力して生きることを前提に、相手または周囲に対しお返しをしたり務めたりすることです。

たとえば、「言えた義理ではない」という言い回しがありますね。これは「そういうことを言える立場ではない」という意味になります。この場合の「義理」も相手との関係において意識されることであり、その意識されることを根拠に相手に言うことができないことを表しています。

例文:「義理をわきまえた行動をした方がいい」

3:「対人関係において仕方なく行う行為や言葉」

「つきあい上しかたなしにする行為」という意味。対人関係または社会関係で仕方なく行った行為や言葉のことを「義理」と言います。

例文:「今日の打ち上げは、義理で参加した」

4:「血のつながらない親族関係」

「血族でない者が結ぶ血族と同じ関係。血のつながらない親族関係」という意味。親族関係には、親子や兄弟姉妹などの血族と、婚姻によって結ばれた配偶者の親や兄弟姉妹、親戚で血縁関係のない親戚がいます。この血縁関係のない親戚を「義理」と呼びます。

例文:「義理の母の買い物に付き合った」

◆義理の由来

村単位で暮らしていると、親戚関係または村社会においてお互いに協力してやらなくてはならないことがありますよね。たとえば、田植えや屋根ふき、冠婚葬祭などの贈答や返答などです。

こうした慣例としてすべきことを行うと「義理堅い」と言われ、相手から信頼されました。その一方で、そうした慣例を行わないと「義理が悪い」などと言われて信用を無くしていきました。ですので、「義理」という考え方は村社会における人間関係から始まったといわれています。

「義理」の使い方を例文でチェック

(c)Shutterstock.com

実際に例文を用いて、「義理」の使い方をチェックしていきましょう。

1:「義理を立てて、今回の取引は契約しよう」

「義理を立てる」という表現があります。「相手にしてもらった恩義に対して同等のお返しをする」という意味。そして、「相手への恩義を重視するから自分の欲求は抑える」という意味。

「義理を立てる」には2つの意味がありますが、どちらにしても相手への恩義を感じて行う行為で、義理人情に通じるものがあります。

2:「義理人情に厚い」

「義理」と「人情」という言葉が結びつき、一語として使われる「義理人情」は日本独特の習俗です。生活上のお手本といえるでしょう。人として行うべき正しい行為であり、その根源には人としての思いやりがあります。

「義理」には生活規範や社会規範という意味があり、ルールとしての拘束力があります。一方で、「人情」は人が持っている自然な感情の中でも相手への思いやりや気づかいという意味があります。

3:「義理がたい彼は、年末年始の挨拶を忘れたことがない」

「義理がたい」とは、「義理を大切にする」という意味です。「律儀」と言い換えることができ、対人関係を大切にする場合に使われます。

「義理」の類語にはどのようなものがある?

(c)Shutterstock.com

「義理」の類語をご紹介します。

1:「仁義」

「仁義」は、仁と義という文字から成り立ち、儒教道徳の根本理念となるものです。「道徳上守るべき筋道」や「他人に対して欠かせない礼儀上の務め」という意味。「義理」と違い、「仁義」は必ず人との関係において使われます。

例文:「仁義を重んじる」

2:「義務」

「人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め」と、「倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと」という意味があります。また、「法律によって人に課せられる拘束」の意味もあり、法的義務はつねに権利に対応して存在します。「義理」との違いは、「義務」は義務を負うことに関して強制力がありますが、「義理」はそれを果たすかどうかは本人に任されます。

例文:「義務を果たす」

3:「筋合い」

「筋合い」は、「物事の道理」や、「確かな理由や根拠のある関係」という意味。

「物事の道理」とは、法律や道徳上やらなければならないという意味を持つ「義務」と、世の中の道理を意味する「義理」の意味があります。法律や道徳、道理としてやらなければいけないことを筋合いは意味しているのです。また、周囲の人が誰もが納得できるような理由や根拠のことを「筋合い」と言います。

例文:「とやかく言われる筋合いはない」

「義理」の対義語にはどのようなものがある?

(c)Shutterstock.com

「義理」の対義語もあわせて覚えていきましょう。

1:「不義理」

「義理」の対義語は、否定を意味する接頭語「不」を付け加えた「不義理」です。「義理を欠くこと。また、そのさま」や、「人から借りた金や物を返さないでいること」という意味。特に金銭面での貸し借りで使われることが多い言葉です。

例文:「多忙でつい不義理になる」

2:「不誠実」

「不誠実」とは、「誠実でないこと。また、そのさま」という意味。たとえば、借りた物やお金を返さない、遅刻やドタキャンをするなどの行為は不誠実だと言えます。相手を思いやる心があって初めて誠実だと言えるのですから。自分を守るための嘘をついたり、人のせいにしたりという特徴のある人は、不誠実であると言えるでしょう。

例文:「彼は不誠実な人である」

3:「横着」

「横着」は、「すべきことを故意に怠けること。できるだけ楽をしてすまそうとすること。また、そのさま」という意味。また、「わがままで、ずうずうしいこと。ずるいこと。また、そのさま」という意味もあります。

義理立てすべき場面だと理解していながら、行動しない人もいます。たとえば、「忙しかったと言い訳しておけばいいか」といった、甘えとも言える態度を取るのが横着な人の特徴です。

例文:「横着して連絡しない」

最後に

(c)Shutterstock.com

「義理」を欠いた行動をすると、人の信用を失い、人間関係がうまくいかなくなるでしょう。良好な人間関係を築くためには、「義理」つまり「相手を思いやる気持ち」「感謝の気持ち」「譲り合い・助け合いの精神」「相手の立場になって考えてみること」が大切です。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.03.07

編集部のおすすめ Recommended

Feature