香水の香料の中でも知っておきたい【トップノートの特徴と魅力について】移り変わる香りの仕組みを解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. フレグランス
  5. 香水の香料の中でも知っておきたい【トップノートの特徴と魅力について】移り変わる香りの仕組みを解説

BEAUTY

2021.03.19

香水の香料の中でも知っておきたい【トップノートの特徴と魅力について】移り変わる香りの仕組みを解説

香りの変化を楽しめるフレグランスやアロマのブレンドは、トップ・ミドル・ラストノートがバランスよく調合されています。中でも香りの印象を左右するのが【トップノート】。その特徴や香りの仕組みを、確認しましょう。

【目次】
奥が深い【香り】の性質から確認
香水の調合をチェックしてみよう

奥が深い【香り】の性質から確認

フレグランスの香料

フレグランスの香料

香水・アロマ(エッセンシャル)オイル・お部屋の芳香剤など。フレグランスに主に用いられているのは植物の香料。人工的に作られているものもありますが、人気なのは天然香料です。

香りをたたせる性質は【トップノート】【ミドルノート】【ラスト(ベース)ノート】の3種類。「ノート」とは揮発する速度のことで、それぞれ下記のような特徴があります。

≪トップノート≫
揮発速度の高い成分が多く含まれている香料部分。短い時間で強く香り、ブレンドした場合は一番最初に香りがたちます。

≪ミドルノート≫
揮発速度は中程度。ブレンドした場合はトップノートに続いて表れ、香り全体の印象をまとめます。

≪ラスト(ベース)ノート≫
最もゆっくりな揮発速度。主張は弱いながらも持続性があるので、香りを長持ちさせます。ブレンドした場合は、トップノートを定着させる働きも。

【五月病】の不安感・ストレスをアロマで緩和!

自分の香りを作る講座が人気

自分の香りを作る講座が人気

香り好き女子にはたまらない! アロマオイル専門店等で行われている、自分の好みに合わせて香りを作るワークショップも人気です。決められたアロマを使ってブレンドしてるのに、調合の仕方で人それぞれ香りが違うのも奥深い。

大まかな各ノートの精油(アロマオイル)はコチラ。

≪トップノートの精油≫
柑橘系。ほか、主にハーブ類に多い。オレンジ・ペパーミント・ユーカリなど。

≪ミドルノートの精油≫
主に花類に多い。ジャスミン・ラベンダー・キンモクセイなど。

≪ラスト(ベース)ノートの精油≫
主に樹木や樹脂に多い。サンダルウッド・ヒノキ・フランキンセンスなど。

※【トップノート】は揮発が早いので、一番最後にブレンドします。

自分だけの香りを作る! 話題の「ホリスティック精油サロン」

香水の調合をチェックしてみよう

フローラルオリエンタルの香り

フローラルオリエンタルの香り

例えば、こちらの【エスティ ローダー|ビューティフル ベル オーデ パフューム スプレィ】のブレンドは?

≪トップノート≫
ライチ・ローズペダル・ペアブロッサム・ミモザ

≪ミドルノート≫
オレンジフラワー・ガーデニア

≪ラスト(ベース)ノート≫
イリス・マジパンムスク

香りのイメージは「軽やかでありながら大胆に今を生きる現代的な花嫁」。“女性らしさ”を象徴するローズやジューシーなライチなど。そのトップノートから移りゆく香りが、花嫁と同じく忘れがたい印象を残します。

【エスティ ローダー】ビューティフル ベル

深みのある官能的な香り

深みのある官能的な香り

次に、今年発売された【ジョー マローン ロンドン|スカーレット ポピー コロン インテンス】のブレンドは?

≪トップノート≫
アンブレット(ムスクに似たパウダリーな香りの種子)

≪ミドルノート≫
スカーレットポピー

≪ラスト(ベース)ノート≫
トンカビーン

トップのアンブレットが香りに透明感を持たせながら、華やかで深みのある香りに。魅惑的でオリエンタルな香りです。

このように、フレグランスには【トップノート】【ミドルノート】【ラスト(ベース)ノート】が、香りのコンセプトに沿ってバランスよくブレンドされているのです。そして、第一印象のトップノートだけでなく、時間の経過とともに移り変わる香りも楽しめるのが魅力です。

【ジョー マローン ロンドン】の「コロン インテンス コレクション」


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature