身の回りに絶対いる「鈍感」な人ってどんな人? ポジティブな「鈍感力」の意味や、男女別の特徴もご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 身の回りに絶対いる「鈍感」な人ってどんな人? ポジティブな「鈍感力」の意味や、男女別の特徴もご紹介

WORK

2021.01.25

身の回りに絶対いる「鈍感」な人ってどんな人? ポジティブな「鈍感力」の意味や、男女別の特徴もご紹介

「気が利かず、空気も読めない」。あなたの周りにも鈍感な人はいないでしょうか。鈍感は主にネガティブな意味で使われることが多いものの、中には良い面もあります。本記事では、鈍感の意味から男女別に当てはまる特徴について解説していきます。

【目次】
「鈍感」の意味は?
「鈍感」の類義語と対義語
「鈍感」の英語表現とは?
「鈍感」な女性の特徴とは?
「鈍感」な女性はモテない?
「鈍感」な女性はキレられる?
「鈍感力」とは??
最後に

「鈍感」の意味は?

気が利かず、空気も読めない…。あなたの周りにも鈍感な人っているのではないでしょうか。何かと否定的に言われる「鈍感」ですが、実はいいこともあるんです。

(c)Shutterstock.com

まずは、「鈍感」の正しい意味を理解しておきましょう。あなたは「鈍感」ですか?

◆「鈍感」の意味

辞書によれば、「鈍感」とは『感覚、反応などが鈍い様子。反対語は敏感(新明解国語辞典)』とあります。

日常的に言えば、反応が鈍い人のことを「鈍感」と言いますね。例えば、何かひどいことをされて、周囲がカッカと怒っていても、ぼんやりしているような人。「あなたもちゃんと怒らなきゃ!」と言われても、「うーん」となかなか火がつかない、そんな人のことでしょうか。

「鈍感」な人には、ひとつ共通点があります。それは、周囲をイライラさせること。人と感情を共有する共感力に欠けていると思われてしまうと、相手に「この人と話しても共感が得られない」と感じさせてしまい、結果としてイライラさせてしまうことが多いのです。

「鈍感」の類義語と対義語

(c)Shutterstock.com

では、「鈍感」に似た意味の言葉と、反対の意味の言葉を考えてみましょう。日常的にもよく使う言葉が多いので、あなたも考えてみてくださいね。

類義語:無神経

感覚が鈍い、他人の気持ちを推し量らない、といった人のことを言います。「遅刻しても平気な顔ができるなんて、なんて無神経なんだ」などというように使います。ネガティブな意味合いとして用いることが多く、ポジティブなニュアンスはないと考えていいでしょう。

対義語:敏感

わずかな変化でもすぐに感じとること。物事に鋭く反応する様子のことを言います。「彼は、彼女の表情の変化を敏感に感じ取った」というような使い方をしますね。

「敏感」という言葉を使う場合は、「物事に鋭く反応する様子」をそのまま言い表す場合が多く、ネガティブかポジティブかという分類は不要だと思います。

「鈍感」の英語表現とは?

ちなみに、「鈍感な」を英語で言うとなんというのでしょうか。

「insensitive」です。「繊細」という意味の「sensitive」に、それを否定する「in」がついています。「繊細ではない」=「鈍感」となるのですね。

「鈍感」な女性の特徴とは?

男性に、「鈍感だと思う女性像」を尋ねたところ、以下のような回答があったそうです。

1:好意に全く気付いてくれない

男性側が明らかに「好きオーラ」を出しているにもかかわらず、まったくそれに気づかない女性に対して「鈍感」だ、と思うようです。「こちらが一生懸命アプローチしているのに、なんの反応もないとガッカリする」という声も。ひいては、恋愛経験がないのかと疑ってしまうとの声もありました。

2:空気が読めない

例えば、彼の友達と一緒にいる時の配慮が欠けている時などに「自分さえよかったらいいのか、と不安になる」との声がありました。空気が読めない、読もうとしない態度には、がっかりを通り越して呆れてしまうという人もいましたよ。

3:天然ボケ(っぽい)

「ポーズなのか、本当に天然なのか、もはや判別もできない」というコメントも。いつでもぼんやりしていて、話始めてもいまいちよくわからないことばかり…。男性側が何か話しても、わかっているのかいないのか不安になる…。こんな状況が続いた時、男性は「この人、鈍感なんだな」と距離を置いてしまうことになるようです。

「鈍感」な女性はモテない?

(c)Shutterstock.com

「天然」「鈍感」なタイプの女性は、実は初期段階では結構モテます。「おっとり」「ぼんやり」している人を男性は「助けてあげたい」と思うことが多いからです。

けれど、問題はそのあとです。好意を抱いて、何かと世話を焼いたり親切にしたりしても、それに対してなんの反応もなければ、男性側としては「やりがいがない」といった状態になり、そのままフェードアウトしてしまうのです。

客観的に見れば、男性が勝手に好意を抱き、勝手に失恋したとも言えるのですが、もし女性側がその好意に気がついて、受け入れる気があるシチュエーションなら、ちょっともったいないですね。

「鈍感」な女性はキレられる?

では、すでに恋人関係にある場合はどうでしょう。恋人同士なのですから、お互いに好意を確認し合うところまでは進んだということですね。

通常の恋人同士であれば、お互いに相手が喜ぶことをしたり、ものをあげたりするものですが、女性側が鈍感な場合、男性側ばかりが与える側を担うことになります。男性がいろいろと手を尽くしてくれたとしても、女性側の反応が今ひとつ…。

そんなことが続くうちに、男性側にイライラが募り、最終的には「オレのこともちょっとは考えてくれよ」とキレられることになります。

でも、鈍感な女性は、なぜ彼がそんなに怒っているのかわかりません。その「きょとん」とした様子に、さらに彼がキレる、という悪循環が始まるのです。

「鈍感力」とは??

ここまでを読んでくださった皆さんの中には、「鈍感な人ってサイアクじゃん…」と感じていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、この「鈍感」な人柄、見方によっては強く生きていく力にもなるのです。2010年に『鈍感力』(渡辺淳一 著/集英社)という本が出版されました。この本は瞬く間にミリオンセラー。流行語大賞にもノミネートされるなど、大きな注目を集めたのでご存知の人も多いと思います。

「鈍感力」とは、小さなことにクヨクヨしない心のこと。敏感な人は、ことあるごとに反応してしまい、時には心が折れてしまうことが多いもの。「鈍感力」があれば、心を鈍感にして、小さなことにいちいち反応せず、「なんとかなるわ」と鷹揚に構えられるようになるのです。

ちょっとくらい失敗したって気にしない。人が何か言っているようだけど、よくわからないなと放っておく。そうして物事をポジティブにのりこえていく人こそ、鈍感力の持ち主なのです。

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがでしたか? あなたは「鈍感」でしたか? それとも「鈍感力」の持ち主でしょうか。情報過多で複雑な現代社会では、ある程度のことは気にしないでいられる「鈍感力」は身につけておきたい力のひとつ。

最後に「鈍感力」の身につけ方を考えてみました。それは「なんとかなるわ」「ま、いっか」と言ってみること。それで問題ないことであれば、些細な問題は放っておきましょう。そうしているうちに、程よい「鈍感力」が身につくのではないでしょうか。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature