【ZARA】サステナブルプロジェクト「JOIN LIFE」で地球に優しい素材を選ぶ! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. 【ZARA】サステナブルプロジェクト「JOIN LIFE」で地球に優しい素材を選ぶ!

WORK

2020.12.02

【ZARA】サステナブルプロジェクト「JOIN LIFE」で地球に優しい素材を選ぶ!

今回はZARAのサステナブルなプロジェクト「JOIN LIFE」のコレクションを紹介するとともに、地球に優しいお買い物のために知っておきたいサステナ素材を解説します。<コンサルティング会社 ブルーム&グロー代表・大島文子による仕事術コラム>

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

【ZARA】エコプロジェクトから考える地球に優しいお買い物!

お洒落好きなら、みんな大好きなZARA♡ 私もお店の前を通ると、時間が許す限り掘り出し物を探してしまいます。狙っているのはトレンド要素も入りつつのベーシックアイテム。今シーズンは秋の立ち上がりと共に、ワイドデニムやサテンシャツ、ジョグパンツなどを購入しました。

そして、この春以降ハマっているのが、ZARAアプリを使ったオンラインでのお買い物です。

(c)Shutterstock.com

ZARAアプリの良いところは、サイトが見やすいこと、もしもの返品が店舗&宅配ともにスムーズにできること、パッケージがシンプルでとてもきれいに梱包されてくることなどさまざま。リアル店舗以上に好感が持てる、行き届いたオンラインストアだと感じています。

そして今回、皆さんにおススメしたいのがアプリ&公式サイト内の「JOIN LIFE」ページ。ZARAのサステナブルな取り組みについて詳しく掲載されています。

世界は今、資源やエネルギーの不足、地球温暖化・廃棄物処理などの環境問題が山積み。社会で活躍するOggi読者の皆さんのお洒落やお買い物も、それらの問題解決の一助となる選択でありたいですね。

◆JOIN LIFEでチェックすればサステナブルな商品だけを買える!

JOIN LIFEは、下の写真のような構成です。

コレクション」はZARAの全コレクションから、JOIN LIFE対象のサステナブルなアイテムだけを掲載していて、私はこのページから商品を選んで購入しています。

コミットメント」は、2025年までに達成すべきサステナブルアクションの目標を提示。2020年には全コレクションの25%がJOIN LIFE商品となり、世界中の全ての店舗で衣料品回収プログラムの対応が可能になったそうです。

サプライヤー」では、ブランドに関わる人々の労働環境、生産環境について、「商品」ではJOIN LIFEラベルに表示されているサステナブルな取り組みについての説明と、対象素材の詳細が説明されています。

そして「衣類のお手入れ」は正しい取り扱いとケアにより、長くきれいに使用することが地球環境に貢献することを紹介しています。

以前、サーキュラー・エコノミーについて紹介しましたが、長く使用できるデザインを、丁寧にケアして使い続け、必要なくなった時には回収して再生する。そして、またその再生素材で製品を生み出す。このJOIN LIFEはまさにサーキュラー・エコノミーなプロジェクトです。

◆サステナブル素材ってなに?

(c)Shutterstock.com

このJOIN LIFEをはじめ、いま、さまざまなブランドからサステナブル素材の商品が出始めています。前述の通り、ZARAでも今年で25%使用を達成したばかり。

今後5年~10年で、すべてのアパレル製品がサーキュラー・エコノミーにのっとった製品となるためには、サステナブル素材の開発や再生の技術革新、そして私たちユーザーの考え方、消費の仕方の変化が大切だと思います。

普及しない素材は大量生産できないので、原価も下がらないワケで…「サステナブル素材は高い」ままでは普及しない。メーカーの努力と共に、私たちも「未来の地球を守るための選択」を、どの位置づけでお買い物するかが問われます。

そこでJOIN LIFEを教本にして、主だった5つのサステナブル素材をお勉強しましょう。その価値を知ることで、皆さんのお買い物の参考にして頂けたら嬉しいです!

オーガニックコットン

JOIN LIFEでみつけたジャンプスーツはオーガニックコットン100%。詳細を表示すると…。

「オーガニックコットンやエコロジーコットンは、天然の肥料や農薬を使用して栽培されています。これらの自然栽培法を使用することで、水や環境の生物多様性をより尊重し、農家は綿花をオレンジ、トマト、ターメリックなどの他の食用作物と統合することができます。

さらに、有機栽培やエコロジー栽培のコットンプランテーションでは、遺伝子組み換え種子の使用を避け、種子の生物多様性と土壌の肥沃度の維持に貢献しています(ZARA公式サイトより)」

と詳しく説明が。そして審査を通った環境で作られていることを示す「認証」も表示されています。手短にサステナブル素材を知りたい場合は、この詳細にある「環境上の利点」をチェックするだけでOKです。オーガニックコットンについての利点は以下が掲載されています。

・有機農法で生産されています▶︎土壌を守り、生産者は食用作物と一緒につくることが可能
・淡水資源の保護に役立つ天然肥料と農薬を使用して生産されています▶︎土壌、河川、海を汚染から守る
・生物多様性の保全に貢献する自然栽培技術で生産されています▶︎地球環境の保護
・遺伝子組み換え種子を使用せずに生産されています▶︎人体と環境の保護

※▶︎以降は筆者コメント

リサイクルポリエステル

次にフェイクファーコートを見てみます。このファーコートの原料の25%が、ペットボトルなどの再生ポリエステルです。

「リサイクルポリエステルは、ペットボトルなどのPETプラスチックを再生して作られています。ペットボトルをリサイクルボックスに入れるたびに、それらは廃棄物分類施設に運ばれます。そこでは、異なる種類のプラスチックが分離され、より良く利用されます。PETプラスチックは、洗浄、細断され、新たな再生ポリエステル繊維にリサイクルされます。

このようにしてプラスチック廃棄物は再利用され、水、エネルギー、天然資源の消費をより少なくするプロセスを通じてバージン原料の消費を減らすことで、廃棄物の発生が削減されます。再生糸は、バージンポリエステルと同様の特性を有しており、強く、弾力性があり、耐久性があり、常にリサイクルすることができます(ZARA公式サイトより)」

リサイクルポリエステルは再生素材であり、着なくなった商品を回収することで、常にリサイクルし続けられる素材です。元は石油由来の繊維ですから、リサイクルされることで「ポリエステルからポリエステルを作る」ことができ、地球資源を守ることになりますね。

「環境上の利点」は以下。※▶︎以降は筆者コメント

・リサイクルによりバージン原料の消費量を削減することができます▶︎石油資源の消費削減
・水の使用量の削減▶︎バージン原料から生産するより水の使用量を削減できる
・エネルギー消費量の削減▶︎バージン原料から生産するよりエネルギーの使用量を削減できる▶︎二酸化炭素排出の削減

リサイクルウール&コットン

このウールコートの50%がリサイクウール(繊維廃棄物)だなんて… 着ない服が繊維原料に見えてくる?

「リサイクルされた布地や繊維の製造プロセスでは、繊維廃棄物が回収され、新しい資源に変換されます。このプロセスにより、未使用の原材料の生産が削減され、水、エネルギー、天然資源の消費が削減されます。コットンまたはウールの衣類は、従来の方法でリサイクルできます。布くずを粉砕し、純粋な繊維と混ぜて新しい生地を作ります(ZARA公式サイトより)」

「環境上の利点」は以下。※▶︎以降は筆者コメント

・リサイクルによりバージン原料の消費量を削減することができます▶︎石油資源の消費削減
・水の使用量の削減▶︎バージン原料から生産するより水の使用量を削減できる
・エネルギー消費量の削減▶︎バージン原料から生産するよりエネルギーの使用量を削減できる▶︎二酸化炭素排出の削減

テンセル™リヨセル

こちらのパンツは100%テンセル™リヨセル素材です。リヨセルが木材由来の素材だと知っていましたか? 天然素材なんですよ。特にこのオーストリアに本社を置くレンチング社は、サーキュラー・エコノミーを実現している素材メーカーとして有名です。

「テンセル™リヨセルは、レンチング社が製造工程における環境への影響を低減する原材料と技術を用いて製造する繊維です。

この繊維は、ユーカリを中心とした木材から得られるもので、より持続可能に管理された森林では、管理された方法で栽培され、森林再生を保証するプログラムが実施されています。さらに、この繊維の生産者は、非営利団体キャノピーが作成した「ホットボタンレポート」で「グリーンシャツ」として認定されており、原生林や絶滅危惧森林の保護を保証しています。

また、その製造工程は、水と薬品の99%を回収する閉鎖循環方式で行われています。これらの技術は、欧州連合が定めたエネルギー、水、CO2排出量削減のためのより責任ある消費と管理パラメータに適合しています(ZARA公式サイトより)」

「環境上の利点」は以下。

・より持続可能な方法で管理された森林
・水の使用量の削減
・エネルギー消費量の削減
・排出物の削減

テンセル™リヨセル素材は私のコメントよりずっと分かりやすい、こちらのムービーをご覧ください。

YouTube|TENCEL™ Lyocell: combining sustainability and comfort

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます^^

今回は、ZARAのサステナブルなプロジェクト「JOIN LIFE」を紹介させていだたきました。ファッション産業のサーキュラー・エコノミーへの取り組みは始まったばかりです。ZARA以外にもグローバルなブランドはその取り組みを加速していて、各ブランドのサイトに情報が公開されています。ぜひチェックして、未来の地球を守るお買い物をみんなで考えていきましょう。

ZARA

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝・マーケティング担当に長らく従事。ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等をプロデュースする。2016年、大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社 (株)ブルーム&グローを設立。
宝塚歌劇とコスメ、美味しいモノが趣味。インスタグラムはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature