貯金1,515万円… 銀行勤務34歳・女性がお金を貯めるためにしていることは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 貯金1,515万円… 銀行勤務34歳・女性がお金を貯めるためにしていることは?

WORK

2021.01.08

貯金1,515万円… 銀行勤務34歳・女性がお金を貯めるためにしていることは?

読者の通帳を見ながら、コラムニスト兼ファイナンシャルプランナーの西山美紀さんがマネーセンスの磨きかたを指南するOggi本誌の人気連載。今回は、銀行勤務 B子さん34歳の通帳をご紹介。

銀行勤務 B子さん(34歳)の場合

(c)Shutterstock.com

B子さんDATA
職歴:現在の銀行に就職して13年目。大阪での新規プロジェクトチームから、この春に東京のIT部門に異動。
手取り給与:約33万円
住まい:都内でひとり住まい

預金総額
普通預金:約50万円
定期預金:約15万円
財形貯蓄:約900万円
投資信託など:約550万円
TOTAL:約1,515万円

B子さんの通帳は、こんな感じ!

1|クレジットカード用口座へ
クレジットカード利用ごとに、引き落とし用口座に利用額を移す。この月の最大の出費は、年末の沖縄旅行代57,510円。クレジットカードのほか、食費・日用品にはデビットカードを使用。

2|定期/投信へ
定期預金の月2.5万円の預け入れと、投信の月5万円の支払いのほか、物入りの時期は定期からこちらに移したり(1/8の10万円)、残高に余裕があるとき定期に移し替えたり(1/8の3万円)。普通預金には多く入れておかないようにしている

3|給料
3.5万円を財形貯蓄として天引きされた後の給料。今年の4月からは昇級して、さらに3万円ほど増える予定。ただし、東京に引っ越してからは家賃や生活費が上がるため、自由に使えるお金は変わらず。

(c)Shutterstock.com

34歳のリスタートは、楽しみつつも慎重に

「入社13年目にして、念願かなって大阪から東京の新たな部署へ異動になりました。34歳にして初の東京暮らしは楽しみが大きいし、一時しぼんでいたやる気も再燃中。残業も増えそうだけど、新生活準備でかさんだ出費の分、働かないと!」

30代のキャリアプランに迷った時期もあったけど、財形貯蓄・投資信託・株式購入を地道に進めながら、それを精神安定剤にして頑張ってきた。

新しい仕事に慣れて数年したら、違う波がきて、銀行の外に出てみたくなるかもしれない。そのときは、ずるずる引っ張らないで30代のうちに転職しようとB子さんは決めている。ボーナスを使わず貯めておくのは、そのときのためでもある。

「30代は残り6年。何ができるだろう」と考えながら、株価の上下をにらむのも最近の楽しみのひとつだ。

西山美紀さんが指南! マネーセンスを磨くアドバイス

(c)Shutterstock.com

貯蓄上手なB子さんは、次は自分にも投資を

さすが銀行勤務のB子さん、お金の動かし方がお上手。普通預金の残高をタイトにして使いすぎないようにする。財形貯蓄と毎月の貯金、投信積立。ボーナスを使わずに貯めておく。お金のベースがしっかりあり、とてもいいと思います。その上での株売買ならより楽しめますね。

ひとり暮らしで収入がない時期が続くと苦しいので、働きながらの転職活動がおすすめ。有休を取りつつ、今からじっくりリサーチを。中途採用は先方の職場に空きが出たり、新規プロジェクトが立ち上がったりというタイミングになるので、ぜひロングスパンで考えて。もしスキルが足りないと感じたら、ぜひ自己投資をしたいところ。

財形を含めて月10万円以上も貯蓄できています。将来の自分をイメージして「お金を使うこと」も意識すれば、未来はさらに明るいはず!

2020年Oggi4月号「お金に困らない女になる!」より
文/南 ゆかり、西山美紀 デザイン/マミアナグラフィックス 構成/宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

西山美紀(にしやま・みき)

コラムニスト・ファイナンシャルプランナ Profileー。All About貯蓄ガイド担当。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎リンケージ)。

南 ゆかり(みなみ・ゆかり)

フリーエディター・ライター。

自分の通帳を公開したいという方は、こちらのメールアドレスへご応募ください。年齢・お仕事・お金のこだわりと悩みも書いてくださいね。oggi@shogakukan.co.jp


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature