「鏡開き」はいつ? 意外と知らない、その由来・やり方を解説。アレンジレシピもご紹介! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 「鏡開き」はいつ? 意外と知らない、その由来・やり方を解説。アレンジレシピもご紹介!

LIFESTYLE

2020.11.24

「鏡開き」はいつ? 意外と知らない、その由来・やり方を解説。アレンジレシピもご紹介!

「鏡開き」とは、お正月に飾っていた鏡餅を食べることを指します。昔からある慣習だと知ってはいるものの、その発祥や意味を知っている人は少ないのではないのでしょうか? 本記事では、「鏡開き」の意味や由来、いつなのか、またそのやり方まで解説します。

【目次】
「鏡開き」とは? 意味や由来を知ろう
近年の「鏡開き」は昔と異なる?
正しい鏡開きの準備とやり方とは?
「鏡開き」をしたらどんな料理をする?
最後に

「鏡開き」とは? 意味や由来を知ろう

「鏡開き」を知っていますか? お正月に飾った鏡餅を割って食べることを言うのですが、それにはちゃんと意味があります。由来や意味、やり方をご説明しますね。

(c)Shutterstock.com

まずは、基本から。「鏡開き」とはどういう風習なのでしょうか。

◆「鏡開き」の意味

「鏡開き」とは、お正月に飾っていた鏡餅を食べること。日本では、お正月には各家に年神様という神様がお越しになると考えられており、鏡餅はお正月の間、歳神様の居場所となっているのです。ちなみに、鏡餅のような「神様の居場所」のことを「依代(よりしろ)」と言います。

依代には歳神様の霊力が宿っていますから、歳神様がお帰りになった後、その霊力を分けてもらうべく、鏡餅を食べて、一年の無病息災を願うのです。

◆「鏡開き」はいつすればいいの?

歳神様がいらっしゃる期間を「松の内」と言います。「松の内」は、地域によって異なります。関東地方では元日から7日までを松の内とし、11日に鏡開きをするのが一般的です。関西地方では15日までを「松の内」とし、15日か、もしくは20日に鏡開きをします。

調べてみると、そもそもは全国的に20日が鏡開きの日だったようですが、徳川幕府第三代将軍・家光の月命日が20日であることから、20日を避けるようになり地域の差が生まれたのだと考えられているようです。

◆「鏡開き」の由来

「鏡開き」のルーツは、平安時代の宮中で行われていた正月行事のひとつ「歯固めの儀」です。歯が丈夫だとなんでも食べられて長生きできるとの考えから、長寿を願って、天皇に固いものを献上し、天皇はそれに箸をつける儀式だったようです。

◆樽酒のふたを割るのも「鏡開き」

(c)Shutterstock.com

ちなみに、お祝いなどの席で樽酒のふたを割って開けることも「鏡開き」と言いますね。これはどうしてでしょうか。実は、樽酒のふたのことを酒屋さんで「鏡」と呼んでいたからだと言われています。

◆なぜ、「割る」のではなく、「開く」?

鏡餅にしても、樽酒にしても、実際には「割る」のに、なぜ「開く」と言うのでしょうか。これは縁起をかついでのこと。武家社会において「割る」という言葉は、切腹をイメージさせる言葉でした。なので、お正月に「割る」のはふさわしくないということで、末広がりの意味を持つ「開く」と言うようになったと考えられています。

米から作られる日本酒は、昔から神聖なものとして扱われてきました。神事やお祝いごとなどに登場するのもそのためです。鏡餅の「鏡開き」も、樽酒の「鏡開き」も門出や節目に際し、幸福や健康、安全などを願う意味合いがあるので、「割る」というネガティブな表現は避けられたのでしょう。

◆「鏡開き」のNG行為

「割る」のではなく、「開く」と言うのは縁起をかついでのこと、と説明しました。これは言葉の上だけではなく、実際の行為にも当てはまることで、鏡餅は刃物で切ってはいけません。かつては手で割るか、木槌などで割るのが一般的だったようです。ほかには、鏡餅を残したり、捨てたりすることもNG。神様がいらした場所であったことを考えれば当然のことと言えますね。

近年の「鏡開き」は昔と異なる?

(c)Shutterstock.com

ここまで、「鏡開き」のそもそもの形についてご説明してきました。しかし、近年の鏡餅は小分けになった餅が鏡餅の形をしたケースに詰まったものが主流で、鏡餅を自分で開く必要はなくなっています。便利なようですが、昔ながらの風習が伝えにくくなっているとも言えますね。

小さな子どもがいるお家では、伝統的な鏡餅を供えてみるとか、お話だけでもしてみるとか、なんらかの形で日本の風習を伝える工夫をしたいものです。

正しい鏡開きの準備とやり方とは?

では、ここからは伝統的な鏡餅を使った「鏡開き」のやり方をご紹介しますね!

◆鏡開きのやり方

伝統的な餅を割るには、しっかり乾燥させることが大切です。十分に乾燥していれば、木槌などで叩けば割れます。「ちょっと割りにくいな」という時には、半日くらい水につけておいたうえで、電子レンジで少しやわらかくして手でちぎるといいようです。やけどには気をつけてくださいね。

「鏡開き」をしたらどんな料理をする?

無事に「鏡開き」が終わったら、アレンジしていただきましょう。

(c)Shutterstock.com

1:お雑煮

もっとも一般的なのはお雑煮でしょう。それぞれの地域に伝わるお雑煮に餅を入れて食べる様子は、とてもお正月らしく感じられますね。

2:お汁粉・ぜんざい

お汁粉やぜんざいにして食べるというところも多いでしょう。小豆は昔から厄除になると言われているんですよ。

3:かき餅

子どもたちに人気なのは「かき餅」でしょう。「欠き割った」餅、から「かき餅」と呼ばれるようになりました。食べやすい大きさにして、160度くらいの油で揚げて、塩やしょうゆをまぶせば、できあがり。餅を割った時のかけらを使うと簡単でいいですね。

4:グラタン

餅はチーズとの相性がいい食材です。オーブントースターで焼いた餅をグラタン皿に並べ、ベーコンやピーマンといったお好みの具を載せましょう。ホワイトソースとチーズをかけて焼き上げれば、とろ〜りとおいしい変わりグラタンになります。

5:餅巾着

油揚げに餅を入れて、かんぴょうで結べばできあがり。根菜類といっしょに煮れば、煮汁がジュワッとおいしい冬の煮物になりますよ。油揚げを開く時には、油抜きをした油揚げをまな板の上に置いて、めんぼうでコロコロすると開きやすくなります。

6:鍋の具材に

冬の食卓の定番ともいえる鍋料理。ここに餅を投入してもおいしいですよ。餅は淡白なので、定番の和風の鍋だけでなく、キムチ鍋やトマト鍋、豆乳鍋などどんな鍋にもよく合います。ドロドロになる前に食べてくださいね!

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがでしたか? 「鏡開き」の風習とアレンジレシピをご紹介しました。「鏡開き」の要点は、刃物を使わないことと食べ切ること。いつまでに食べきらないといけない、という決まりはありませんので、いろいろな料理にアレンジして、ゆっくりいただきましょう。家族が一年間元気に過ごせることをお祈りするのも忘れずに!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.24

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature