Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 【医師監修】コロナに強い? 世界中の科学者が注目する日本人特有の付録Xとは?

BEAUTY

2020.06.12

【医師監修】コロナに強い? 世界中の科学者が注目する日本人特有の付録Xとは?

新型コロナウイルスが及ぼす影響について。国立がん研究センター研究所でがん幹細胞研究分野分野長をつとめ、がん細胞の増殖と、コロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、双方に効く治療薬の開発が可能かもしれないと考えている増富先生の健康コラム。

国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野分野長 増富健吉

新型コロナウイルスがもたらす変化

(c)Shutterstock.com

マスクは必需品となった。私自身は、今までは、日々使い捨てのマスクを利用していたが、最近オシャレなマスクをしている人を見て感じることがある。ここまでマスク着用義務が長期化してくると、費用の面などを考えても、使い捨てマスクよりむしろ洗えるマスクの意義も大いにある。

最近はパンツ購入のお礼に「付録」でマスクをつけるという店もあるそうだ。パンツに健康が付録でついてくるということか? 「もれなくついてくる付録」と「健康」について考えてみようと思う。

付録と言えば、いわずと知れた、「小学館」。元祖付録といってもよい。私は「小学1年生」から「小学6年生」は付録を目当てに買っていた。付録と言えば小学館。雑誌のOggiにも付録がつくことがある。

「付録」も時代とともに随分と様変わりしてきた。先に述べた、「パンツにマスク」。また、新聞報道によると、「会員のダイエットを商品」とするR社では、会員に「もれなく、新型コロナウイルス抗体検査」をサービスするとのことだ。「ダイエットに抗体検査」。随分と「健康志向の付録」が増えてきた。

◆日本人と新型コロナウイルス

(c)Shutterstock.com

今回の新型コロナウイルス感染拡大に際して、「日本での死亡率、患重症化率、患者発生数などが世界でも群を抜いて低い」とのこと。このことが、世界的に大注目されているが、その原因・理由は未だはっきりわかっていない。

色々と推測されているが、例えば、ハグや握手をしない、あるいは靴を脱ぐ文化的な要因、赤ん坊の時のBCG接種の影響、公衆衛生意識の高い国民性、日本人としての遺伝的素因、はたまた納豆の摂取… などなど。その正体はまだ不明だが、日本に生まれたが故に、あるいは日本人であるが故にもれなくついてきた「付録X」が原因なのかもしれない。この「付録X」一体何か?? 世界の科学者がいま探索を始めている(らしい)。

実は、私はすでに「付録X」が何だかを知っている! それを「雑誌の付録で、もれなくつけよう」という時代が間もなくやってくるかもしれない。

皆さん、季節柄、食中毒など注意。手洗い励行で、衛生管理は引き続き重要です。そして、このご時世、くれぐれも怪しい詐欺商法にもご注意を!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

あわせて読みたい!

国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野分野長 増富健吉

1995年 金沢大学医学部卒業、2000年 医学博士。
2001年-2007年 ハーバード大学医学部Dana-Farber癌研究所。2007年より現職。
専門は、分子腫瘍学、RNA生物学および内科学。がん細胞の増殖と、コロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、双方に効く治療薬の開発が可能かもしれないと考えている。
専門分野:分子腫瘍学、RNAウイルス学、RNAの生化学、内科学。
趣味:筋トレ


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.06

編集部のおすすめ Recommended

Feature