半数が言い間違える!「火蓋が切って落とされる」を正しく言うと…? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 半数が言い間違える!「火蓋が切って落とされる」を正しく言うと…?

WORK

2019.07.26

半数が言い間違える!「火蓋が切って落とされる」を正しく言うと…?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検!「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性に♡ 今回ピックするのは、「戦いを始める様子」をあらわす日本語。

「火蓋が切って落とされる」は正しい日本語?

同僚に「鈴木さんと佐々木さん、ついに喧嘩を始めたみたい。いよいよ、戦いの火蓋(ひぶた)が切って落とされたね!」と言われたら、“火蓋が切って落とされた”を、正しい日本語だと思いますか?

【問題】
「戦いの火蓋(ひぶた)が切って落とされた」この文章は正しい? 誤り?

1.正しい

2.誤り

正解は?

火蓋が切って落とされた
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

2.誤り

火蓋が切って落とされる”の部分が誤りです。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では50%が正解していました(2019年7月16日現在)。

これは、「火蓋を切る」と「幕を切って落とす」が混同した言い回しです。「幕を切って落とす」は、「はなばなしく物事を始める」「はじめて公開する」という意味の言葉。「火蓋」は、火縄銃の部品のことですから、戦いを始めるという意味なら、「火蓋を切る」とするのがふさわしいでしょう。
※    ※
ひぶたをきる【火蓋を切る】
火蓋を開いて点火の準備をする。転じて、戦いや競争を開始する。
[補説]「幕を切って落とす」との混同で、「火蓋を切って落とす」とするのは誤り。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.13

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature