顔映りを考えたら選ぶべきは【白トップス】冬のきちんと見せに欠かせないレディースコーデ31選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 白コーデ
  5. 顔映りを考えたら選ぶべきは【白トップス】冬のきちんと見せに欠かせないレディースコーデ31選

FASHION

2021.02.18

顔映りを考えたら選ぶべきは【白トップス】冬のきちんと見せに欠かせないレディースコーデ31選

寒さで背中が丸まる冬の季節は、白トップスを投入してパッと明るく! 冬の着こなしが主役になるニット、ブラウスやシャツ、インナー使いに便利なカットソーなど、それぞれの着こなし方をピックアップ。冬にこそ映える白トップスコーデをたっぷりご紹介します。

【目次】
冬の白トップスを新鮮に着こなすには?
【白ニット】のクリーンな雰囲気で大人カジュアルに更新
【白シャツ&白ブラウス】で甘さとハンサム感を両立
【白Tシャツなど】女らしさが引き立つインナー使い
最後に

冬の白トップスを新鮮に着こなすには?

1枚で見ると明るくやさしい印象な白トップスですが、実はクセの強いアイテムとも好相性のこなれアイテム。大人の女性を演出する差し色になるうえ、洗練された白ワントーンやメリハリコーデにもおすすめなんです。今回は冬コーデに映える白トップスコーデをご紹介します。

・白ワントーンの女っぷりのよさは最強
・大人カジュアルには甘い白トップスでこなれ感を
・ハンサムコーデは白を少量効かせるのがおしゃれ

【白ニット】のクリーンな雰囲気で大人カジュアルに更新

リラックス感漂う白ニットは、冬のコーデをクリーンに彩ってくれるアイテム。女っぽカジュアルで着こなすポイントを押さえておけば、ベーシックな白ニットも旬の雰囲気に。ここでは、ラフなほっこり感を楽しみつつも、シルエットで大人っぽさを足した冬コーデをご紹介します。

【1】白ニット×ブルーグリーンパンツ

白ニット×ブルーグリーンパンツ

袖コンシャスな白ニットは、きれいめスティックパンツで華やかに。ゆるっと×タイトなメリハリがパンツの持つマニッシュなコンサバ感を崩して大人っぽい休日コーデに。パイピングのアクセントもおしゃれ。

【乃木坂46 新内眞衣】細身パンツは「ブルーグリーン」で華やかに更新!

【2】白ニット×ひざ下丈スカート

白ニット×ひざ下丈スカート

エディター三尋木奈保さんが提案する、ショート丈ニット×ひざ下丈のスカートのホワイトトーンコーデ。地厚で首が詰まったデザインのショート丈デザインで、旬のバランスを手に入れて。

今年はニットがないと始まらない! エディター三尋木奈保さんがいち早く選んだニットとは?

【3】白ニット×白パンツ×ネイビージャケット

白ニット×白パンツ×ネイビージャケット

オフ白パンツの太さや、ネイビージャケットのオーバーサイズ感がほどよい抜け感をくれるハンサムコーデ。ベーシックな白タートルも、ゆるいシルエットを巧みに差し込むことで、たちまち旬の雰囲気に。

白タートルをハンサムパンツでちょっとやんちゃに♪

【4】白ニット×ペールブルーパンツ

白ニット×ペールブルーパンツ

ふわふわのアンゴラ混ニットで、白ニットのかわいらしさが倍増。ペールブルーのパンツを合わせて、甘さを適度にクールダウンさせるのが着こなしのコツ。

後ろ姿もかわいいアンゴラ混の白ニット。ペールブルーのパンツでクール感をプラス

【5】白ニット×ブラックパンツ×パイソン柄バッグ

白ニット×ブラックパンツ×パイソン柄バッグ

シンプルなモノトーンスタイルは、パイソン柄バッグでポイントをつくるのが◎。Vネックニットの開きを生かして、ヘルシーな肌見せをアクセサリーのように活用するのがおすすめです。

表情をキリッと見せる白ニットは〝肩〟がきちんとあるから会議もOK

【6】白ニット×白ロングカーディガン

白ニット×白ロングカーディガン

忙しいときは、やわらかくて肌触りのいい服で気分転換するのが◎。白ニットにカーディガンをアンサンブルのように重ねて、なめらかなニットに包まれる幸せを堪能!

原稿疲れのワタシを気使ってケンくんが車で迎えに来てくれた! 飲みに行きたいところだけど我慢…スタバ寄って帰ろ♪

【7】白ニット×カーキタイトスカート

白ニット×カーキタイトスカート

1トップス1ボトムのシンプルコーデ。スカートのスタイルアップ効果に注目。スクエアフォルムのバイカラーバッグをポイントに、商談の場にもふさわしいハンサムコーデが完成。

タイトスカートをコンパクトなIラインで仕上げれば、凜と知的な女らしさがアップしてクライアントの評判も上々!

【8】白ニット×黒チュールスカート×ボルドーパンプス

白ニット×黒チュールスカート×ボルドーパンプス

黒のチュールスカートをプチプラで賢く取り入れ、着回しのしやすい白ニットとボルドーパンプスを合わせることで、シンプルな大人ガーリースタイルに。

働く女のリアル通勤私服公開!【外資系資産運用会社勤務・大沼伸さん】

【9】白ニット×ボルドーカラーパンツ

白ニット×ボルドーカラーパンツ

白ニットに、季節感のあるボルドーのカラーパンツを合わせたボーイッシュなスタイリングに、もこもこファーバッグで女の子っぽさをオン。大人の休日のスニーカースタイルのできあがり。

【明日のコーデ】休日お出かけの日の愛され白ニット×カラーパンツコーデ

【10】白ニット×ディープグリーンフレアスカート

白ニット×ディープグリーンフレアスカート

深みのあるグリーンがパリジェンヌをイメージさせる、レトロクラシックなカラースカート。ハリのある素材がつくり出すフレアのシルエットが、白ニットをドラマチックな表情に。

【イエナ×渡辺智佳】フレンチシックなロングスカートで理想の女っぽシルエットを叶えて

【11】白ニット×ネイビープリーツスカート

白ニット×ネイビープリーツスカート

ゆるさとキレ味を併せ持つ光沢プリーツスカートは、ボリュームニットでリラックス感漂う辛口カジュアルに仕上げて。どんなボトムもクリーンな印象へと導くニットは、塩顔女子の強い味方。

ボリュームニットでリラックス感漂う辛口カジュアル

【白シャツ&白ブラウス】で甘さとハンサム感を両立

シンプルで品のある白シャツや白ブラウスは、カジュアルな着こなしがスタンダードになった今こそ、積極的に取り入れたいアイテム。ここでは、大切な人とのデートや、休日のお出かけに気負わずに活躍する、映える白トップスコーデを集めました。

【1】白シャツ×黒ニットアップ

白シャツ×黒ニットアップ

端正な白シャツをカジュアルだけど女っぽい雰囲気で着るなら、黒ニットアップで引き締めて。モノトーンのシックなコントラストで一気にきちんと感が高まるので、ヒールブーツや帽子で洒落感を加味して。

いつものニットアップを白シャツ重ねでリフレッシュ!

【2】白ブラウス×ネイビーパンツ

白ブラウス×ネイビーパンツ

顔映りのいい白ハイネックブラウスは、ネイビーの細身パンツでハンサムレディなコーデに。フェミニンなのにかっこいい袖コンシャスな白トップスを主役にすれば、シンプルコーデも華やか。

お食事デートなら華やぐ袖コンブラウスで♡

【3】白シャツ×パープルパンツ×グレンチェック柄ジャケット

白シャツ×パープルパンツ×グレンチェック柄ジャケット

ハンサムなパープルのスティックパンツに凛とした白シャツを合わせた着こなし。ゆとりのあるダブルジャケットでバランスよく仕上げて。

スティックパンツを主役にハンサムな着こなしを!

【4】白ブラウス×ベージュパンツ×ネイビージャケット

白ブラウス×ベージュパンツ×ネイビージャケット

ゆったりとしたサイジングのハンサムジャケットに、首回りが華やかな白ブラウスをイン。細身のかっちりパンツと足元のチェック柄で、トラッドな雰囲気を盛り上げて。

スティックパンツには【チェックパンプス】を合わせて!|冬の正解コーディネート

【5】白ブラウス×白スカート

白ブラウス×白スカート

ブラウス×スカートのセットアップをワンピース風に着れば、たちまちキレイなお姉さん風に。オールホワイトの清潔感は、女性受けも◎。

オールホワイトの清潔感は、相手が女性のときこそ活きるもの「先輩、おしゃれ」っていちばんうれしい褒め言葉

【6】白ブラウス×ベージュスカート

白ブラウス×ベージュスカート

清潔感のある白のボウタイブラウスに、好感配色のベージュのスカートを合わせて、シンプルだけど品のある好印象コーデのできあがり。

【今日のコーデ】ボウタイブラウスでつくる好印象コーデ

【7】白レースブラウス×ハイウエストデニム

白レースブラウス×ハイウエストデニム

大人な小ワザが詰まった繊細なレーストップスは、ハイウエストデニムに合わせて、シンプルにまとめるのがコーディネートのコツです。

【ZARA】のコットンレースがヴィンテージかわいい♡|小林文の賢いプチプラ買い

【8】白ブラウス×ニットスカート×Gジャン

白ブラウス×ニットスカート×Gジャン
シンプルなグレーのニットスカートと白ブラウスのコーディネートには、赤みブラウン系タイツで女っぽい温度感をプラス。タイツの女っぽさが、Gジャンを崩すことなく、グッとリッチな印象に見せてくれます。

【明日のコーデ】Gジャンを崩さずリッチに見せるフェミニンコーデ

【9】白シャツ×ブラウンニットタイトスカート×コンバース

白シャツ×ブラウンニットタイトスカート×コンバース

休日シーンの白シャツは、かごバッグやチェックストールなどの新顔小物のチカラを借りて、きれいめカジュアル方向にコーディネート。足元をコンバースにすればさらに休日モードに。

女子会がある日は、白シャツをきれいめカジュアルに着こなして

【10】白ブラウス×黒デニム×トレンチ

白ブラウス×黒デニム×トレンチ

デニム×トレンチのカジュアルコーデは、レースブラウスでより女らしく。パンプス感覚で履ける艶レザーのボルドーローファーは、温かみのある色味で甘めのアイテムとも親和性が高い◎。

レースとも相性抜群! パンプス感覚で履けるツヤレザーのボルドーローファー

【11】白ブラウス×グレーパンツ×ネイビーニット

白ブラウス×グレーパンツ×ネイビーニット

白×グレーパンツにニットカーデをはおった〝渋谷区系な女子〟コーデは、カジュアルすぎず&楽でおしゃれ、がセオリー。足元はスニーカーだとカジュアルすぎるので、ローファーでこなれ感を手に入れて。

カジュアルすぎないローファーでスニーカー以上のこなれ感を手に入れて♪

【白Tシャツなど】女らしさが引き立つインナー使い

インナー使いに便利なシンプルなデザインの白トップスは、らくちんときれいめを両立してくれる優秀なアイテム。リモートワークではオンライン会議に備えてジャケットをはおって、ざっくりとしたカーディガンと合わせたワンマイルコーデなど、さまざまなシーンで活躍する着こなしをチェックしてましょう。

【1】白カットソー×オレンジベージュのサテンキャミワンピース×黒ジャケット

白カットソー×オレンジベージュのサテンキャミワンピース×黒ジャケット

エレガントなサテンキャミワンピは、冬の間は白カットソーをインしてデイリーにドレスアップ。モノトーンベースのジャケットスタイルでまとめて、クールに着るのが新鮮。

華やかワンピでジャケットスタイルを盛り上げて

【2】白Tシャツ×カーキシャツワンピース×カラーパンツ

白Tシャツ×カーキシャツワンピース×カラーパンツ

白Tシャツ×パープルパンツのワンツーコーデに、シャツワンピースを軽アウター代わりにはおったモードな装い。ウエストマークで女らしくシルエットを絞って。

ウエストを絞ってつくる構築的なシルエットで女っぷりをUP♡

【3】白ノースリーブ×白ハイウエストパンツ×黒ブルゾン

白ノースリーブ×白ハイウエストパンツ×黒ブルゾン

透け感のある生地がレイヤードされたブルゾンに、白ノースリーブをインしたモノトーン配色コーデ。ハイウエストで深く入ったタックの白パンツで、カリッと辛口な印象へ導いて。

ハイウエストのパンツルックがカリッと辛口な印象へ導いて

【4】白リブニットT×バーガンディパンツ×チェックダブルジャケット

白リブニットT×バーガンディパンツ×チェックダブルジャケット

トラッドなチェックジャケットと、女っぷりのいいバーガンディのパンツを合わせることで、王道のパンツスタイルも一気に今年らしいコーデに変身。インはあえてのリブニットでほどよくカジュアルに崩すのが◎。

【明日のコーデ】チェック柄ジャケット×ボルドーパンツで最旬オフィススタイル

【5】白リブTシャツ×ネイビーセットアップスーツ

白リブTシャツ×ネイビーセットアップスーツ

スーツをちょっと着崩したい気分のときは、インナーをシャツではなくカットソーに。さらに足元をヒールからフラット靴にチェンジすれば、「しゃっきりきれいめ」と「楽ちん」をなんなく両立。

外回りの日はスーツをちょっと着崩して、きれいと楽を両立!

【6】白のノースリーブ×白のスカートのセットアップ×ベージュトレンチコート

白のノースリーブ×白のスカートのセットアップ×ベージュトレンチコート

白のトップスとスカートのセットアップは、トップスをウエストインしてワンピースのように着ると、クリアな色の印象も相まってリュクスな印象がアップ。トレンチコートをはおって、きちんと感を演出すれば、初対面の方へも好印象間違いなし!

【愛され白コーデ】初対面の方に会う日、オールホワイトで凛と大人っぽく!

【7】白ニットT×オールインワン

白ニットT×オールインワン

白ニットTとオールインワンのコンビは、部屋でも快適に過ごせるラクラクコーディネートです。これなら、友達の家でホームパーティ的シチュエーションでもストレスフリー。

【今日のコーデ】女友達の家でホームパーティ! オールインワンで室内もストレスフリーに

【8】白Tシャツ×黒レギンスパンツ×白カーディガン

白Tシャツ×黒レギンスパンツ×白カーディガン

トレンドのビッグシルエットにトライするなら、ゆるっとケーブルカーデにレギパンを合わせて今年らしいバランスに。インナーはタイトめのTシャツをインして、カーデのシルエットを生かして大人の女性の色気を演出。

【秋冬】コーデの主役に! トレンドおすすめニット&コーデ10選

【9】白Tシャツ×黒パンツ×千鳥格子柄ジャケット

白Tシャツ×黒パンツ×千鳥格子柄ジャケット

カジュアル派の味方的な、Tシャツにジャケットをさらりとはおったコーデ。洗練度で考えるなら遠目から無地見えする千鳥格子がおすすめ。遊び心とあたたかみのあるボア生地のリュックで季節感の後押しを。

カジュアル派の味方こそジャケット! Tシャツにさらりと羽織って

最後に

今回、冬の白トップスコーデをご紹介しましたが、自分らしいおしゃれのヒントはつかめましたか? 主役になれる白ニット以外は、レイヤードありきで考えることが多いので、白の効かせ方が冬のおしゃれにつながります。素材感やまろやかなメリハリ、コントラストが強い着こなしはアウターでつなぎの色をプラスするなど、いろんなコーディネートに白トップスを取り入れてみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.05

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature