オールシーズンOK【30代からのジャケットコーデ】いつでも着たい大人のジャケットスタイル61選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ジャケット
  4. ジャケットコーデ
  5. オールシーズンOK【30代からのジャケットコーデ】いつでも着たい大人のジャケットスタイル61選

FASHION

2021.08.20

オールシーズンOK【30代からのジャケットコーデ】いつでも着たい大人のジャケットスタイル61選

きれいめスタイルが好きな人には欠かせないジャケットコーデ。でも着るのは仕事のときだけ? オンオフを問わず、30代が求めるこなれ感ときちんと感を両立した着こなしに、ジャケットコーデは好相性なんです。ドレスアップするときだけでなく、ラフに着たり日常のワンシーンに活躍する着こなしをたっぷり紹介します。

【目次】
おしゃれなジャケットコーデのポイントは?
【秋冬】のジャケットはオンオフに着まわしたい
【ベーシックカラー】定番ジャケット着こなし術
【ボトムス】色・柄やシルエットの個性で旬顔に
【シーン別】着まわしを楽しむジャケットコーデ
【夏】のジャケットスタイルはおしゃれ&涼しげを両立
最後に

おしゃれなジャケットコーデのポイントは?

お仕事コーデだけでなく、プライベートも小粋にジャケットを着こなす女性って素敵ですね。合わせるインナーを変えれば、季節をスライドして楽しめるのも魅力的。今回は着る理由を見つけたくなるジャケットコーデを集めました。ほしいのはこんな「こなれ感」!

・オーバーサイジング&落ち感のあるシルエット
・インにアウトに着るなら一枚仕立てのジャケット
・通勤コーデにはほどよいフィット感のあるものを

【秋冬】のジャケットはオンオフに着まわしたい

ちょっとしたコート代わりに着てもサマになるジャケットは、秋冬コーデお得意のスタイル。トラッドなジャケットを甘いボトムスに合わせたり、とことんシックな色合わせもかっこいい。ここでは、日常使いからドラマティックなシーンまで幅広い秋冬のジャケットスタイルを紹介します。

【1】白パンツ×ネイビージャケット×白ニット

白パンツ×ネイビージャケット×白ニット

正統派のネイビージャケットを清潔感のある白でまとったコーデ。ネイビーのもつ真面目さは、差し色で気持ちよく裏切るのがおしゃれのポイント。

月曜のトラッドコーデ。バッグで差し色をトッピング♡

【2】オレンジベージュのサテンキャミワンピース×黒ジャケット

オレンジベージュのサテンキャミワンピース×黒ジャケット

服から小物までモノトーンベースのジャケットスタイルは、サテンキャミワンピを投入してドレスアップ。フェミニンなアイテムこそ、ジャケットのシルエットでクールに着るのが新鮮。

華やかワンピでジャケットスタイルを盛り上げて

【3】白プリーツスカート×ベージュブルゾン×ネイビージャケット

白プリーツスカート×ベージュブルゾン×ネイビージャケット

ジャケットの下にナイロン素材のアノラックパーカーを重ねたきれいめカジュアルコーデ。スカートは上品な白のプリーツスカート。上質なフェミニンとのテイストMIXで今どきのムードに。

スポーティ×フェミニンのかけ合わせでメリハリを

【4】黒ロングタイトスカート×グレーCPOジャケット

黒ロングタイトスカート×グレーCPOジャケット

長め丈の黒タイトスカートの端正なアイテムは、グレーのCPOジャケット合わせで旬のモノトーンコーデに。かっちりしすぎないオーバーサイジングなシルエットで、今っぽいゆるさを体現。

フォトTコーデは端正なアイテムと合わせて

【5】白パンツ×キャメルジャケット

キャメルのジャケットに合わせた、ドット柄シャツ×白パンツのスパイシーな装い。バッグとパンプスのダークカラーに引き締め役を任せて今っぽいバランスに。

キツくない【ヘルシーメイク】マストアイテムからコーデまでご紹介♪

【6】ピンクパンツ×グレージャケット

パリッとしたクリーンな白ブラウスにピンクパンツを合わせ、グレージャケットを肩がけしたコーディネート。ピンクパンツをハンサムな印象で履きたいときにおすすめの組み合わせ!

ピンクパンツをハンサムな印象で履くなら…

【7】ワンピース×ジャケットの黒コーデ

ロングワンピースにジャケット、オールブラックで、辛口かつ華やかだけど知性を感じさせるコーディネート。赤いリップや小物使いでさりげなくインパクトを加えて!

ブラックドレスを知的&華やかに昇華させて

【8】チェック柄ジャケット×ボルドーパンツ

トラッドなチェック柄ジャケット×女っぷりのいいバーガンディパンツコーデ。王道ジャケパンスタイルのインはリブニットにして、ほどよいカジュアルに。ミニバッグやサンダルパンプスで抜け感を出して!

チェック柄ジャケット×ボルドーパンツで最旬オフィススタイル

【9】黒タイトスカート×グレージャケット

品よく映えるピーコックブルーのシューティが、まじめなジャケット×タイトスカートに旬の印象を吹き込むコーディネート。仕上げに眼鏡で知的な上品さをプラスするのがポイントです。

ジャケットスタイルに女らしさと旬を取り入れて

【10】グレーワイドパンツ×黒ジャケット

ネイビートップスにグレーのハイウエストワイドパンツ、黒のノーカラージャケットを合わせたコーデ。立ち座りしても肌が見えるのが気にならない&楽に過ごせるワイドパンツに、スカーフで顔周りに華やぎを。

【接待の日コーデ】上役とのお付き合い。どんな店でも対応できる服は?

【11】小花柄ワンピース×キャメルジャケット

ヴィンテージ調の小花柄のワンピースに風格のあるジャケットを肩がけして知的な雰囲気に。透け感のあるワンピースに、やわらかいジャケットの生地がしっくりと寄り添って。

30歳からは、小花柄ワンピースも知的な雰囲気で纏いたい

【12】ペイズリー柄ブラウス×ラペルジャケット

ペイズリー柄のような存在感のあるトレンドとも、白パンツのようなベーシックアイテムとも、品よくなじんで様になる、女っぽいラペルのジャケット。フォーマルなシーンでも、ほどよくモードな女っぽさを発揮して。

女っぽいラペルのジャケットで洗練された印象を

【ベーシックカラー】定番ジャケット着こなし術

黒、グレー、ネイビー、ベージュなど、いわゆるベーシックカラーはコーデを支える基本。働き始めた頃にセットアップで持っていたけど、クローゼットの奥にしまって出番がない… という人におすすめしたい、こなれて見えるトップスやボトムスの合わせ方を紹介します。

【1】ネイビーセットアップ×グレージャケット

ネイビーセットアップ×グレージャケット

ハンサムなロングジャケットに、ドレッシーなサテンのセットアップを合わせた感度の高い着こなし。グレー×ネイビーの知的配色に、派手めハイテクをアクセ感覚で投入して、こなれたジャケットコーデに。

こなれ見えジャケットの足元に派手スニーカーを!

【2】ベージュワンピース×ベージュジャケット

ベージュワンピース×ベージュジャケット

ベージュ~ブラウンでまとめたワントーンライクなジャケットスタイルは、抜け感の漂うアイテムを重ねて大人の余裕を演出。きれいめジャケットに合わせれば、ほっこり感を回避しながらリラックス感を両立。

ワンピースに絶妙な軽やかさをメッシュバッグでトッピング♡

【3】スリット入り黒パンツ×黒ジャケット

スリット入り黒パンツ×黒ジャケット

定番のモノトーンのジャケットコーデは、ボトムを大胆なスリットが入った黒パンツにしてシックな装いに。トレンド感のある深スリットは、ボリューミーな白ハイテクで支えると好バランス。

スリット入りパンツできれいめに… 参考になるコーデ4選!

【4】アプリコットカラーパンツ×グレージャケット

アプリコットカラーパンツ×グレージャケット

愛嬌のある果実色のパンツも、知的なグレージャケットなら絶妙な洒落感のある着こなしに。アプリコットカラーの甘さに引っ張られずに、ハンサム感を意識した装いに落とし込んでくれる。

果実色の【カラーパンツ】で秋コーデ|秋冬おしゃれの主役を張る1本!

【5】ミントカーディガン×ネイビージャケット

知的なネイビーのジャケットとパンツは、素直に着られるミントで通勤服をリフレッシュ! ラメ入りのVネックニットは表情を明るく見せるレフ板効果も◎。

【ミント服】で叶える!|清潔感と華やかさある出勤コーデ【BEST8】

【6】ストライプシャツ×グレージャケット

パリッとしたストライプシャツに、なじませ上手なノーカラージャケットをはおったメリハリコーデ。グレー×ネイビーの色合わせで頼れる印象へ導いて。とろみ素材のパンツで余裕漂うジャケットスタイルの完成!

打合せのち、商談。ジャケットに契約成立の願いを込めて…!

【7】白ブラウス×グレージャケット

Tシャツ×センタープレスパンツにノーカラージャケットを合わせたシンプルコーデは、白・黒・グレーでモノトーンライクなスキのない着こなしに。シャープな印象を与えるにはメガネも効果的。

新規クライアントとの打ち合わせ。コーデもパリッと仕事モード全開で

【8】赤プリーツスカート×紺ジャケット

ネイビーのプルオーバーに赤のプリーツスカート、トラッドなネイビーのダブルジャケットを合わせたコーディネート。正統派のイメージで合わせれば、好感度の高いエレガントスタイルに。

軽快に着られるこの色を選択【紺ブレ】今買って、秋まで着回せる服

【9】白タイトスカート×紺テーラードジャケット

白タイトスカート×紺テーラードジャケット

白×ネイビーの知的配色なジャケットコーデ。タイトスカートはハイウエストのペンシルシルエット、テーラードはV開きが深いシェイプシルエットと、それぞれ今っぽく更新することで、セクシーでキレのいい印象に。

オフィシャル感のある白タイトなら接待や会食シーンでもキリッと華やか

【10】チェック柄パンツ×黒ジャケット

グレーのニットにチェック柄のパンツ、黒のロングジャケットを合わせたコーディネート。グレーのワントーンにブラックをオン。シックカラーの掛け合わせで大人っぽさを加速させて。

トレンドは柄の細かいタイプ【チェック柄パンツ】今買って、秋まで着回せる服

【11】ボーダーカットソー×黒ジャケット

ボーダー×ハイウエストチノパンに、黒ジャケットを合わせた大人のカジュアルコーデ。アクセントに太さ違いのバングルを重ねづけして。黒レザー&ゴールドチェーンのバッグは、カジュアルを格上げしたいときに便利。

意外? キャスケットにジャケットがクールにハマる

【12】ワイドパンツ×ベージュジャケット

ジャケットスタイルはとろみ素材のワイドパンツを合わせて大人っぽく上品なコーディネートに。ノーカラージャケットで〝直線〟、ポインテッドトゥパンプスで〝角〟を足してシャープさアップ。

【ワイドパンツ】スタイルアップ×シンプルな着こなし最強FILE

【13】カーキタイトスカート×ベージュジャケット

グレーのTシャツにカーキのリネン風タイトスカート、ベージュのノーカラージャケットを合わせたコーディネート。グレー×カーキなら、ほどよく抜け感が出る。

取引先へご挨拶。涼しく見えるようダークカラーは避けて

【ボトムス】色・柄やシルエットの個性で旬顔に

ジャケットの印象を決定づけるボトムス選び。セットアップ風にまとめたきちんと感のあるワントーンや、映える光沢ボトムなど、季節感だけでなくトレンドアイテムの個性を上手に引き出してくれるのがジャケットの魅力。いつも真面目っぽくなる着こなしがこなれて見える、ジャケットコーデのヒントを集めました。

【1】タータンチェック柄ロングスカート×黒ジャケット

タータンチェック柄ロングスカート×黒ジャケット

ほんのりトラッドなタータンチェック柄のロングスカート。黒のロゴTにロングジャケットを重ねたシックな色使いでボーイッシュな着こなしに、大人の抜け感をプラス。足元は白スリッポンで軽やかに。

今っぽくトラッドを着こなしたいなら、要はチェック柄スカート♡

【2】黒サスペンダーパンツ×ベージュジャケット

黒サスペンダーパンツ×ベージュジャケット

かっちりとした印象のジャケットスタイルに新鮮さをもたらす、サスペンダー付きボトム。ベージュの濃淡からちらりとのぞく黒ストラップ、ハイウエストの切り替えや細身のシルエットでスタイルアップ。

脚長効果も狙えるサスペンダー付きパンツで新鮮コーデ

【3】黒エコレザーパンツ×カーキノーカラージャケット

黒エコレザーパンツ×カーキノーカラージャケット

ゆったりとしたサイズ感のノーカラージャケットは、×フーディーでこなれたボーイッシュコーデに。黒のエコレザーパンツがこなれ感のある黄みがかったカーキを引き締めて、モードな印象に引き上げてくれる。

秋らしいカーキの【リラクシージャケット】は季節スライドで着回しできる!

【4】イエローパンツ×ベージュジャケット

凛としたい日は、ベージュカラーのジャケットにきれい色パンツを合わせた、ジャケットスタイルにチャレンジ。ゴールドのバングルを重ねづけして、ハンサムな雰囲気を更に加速させて。

ジャケットにきれい色パンツを合わせて。凛としたハンサムコーデが完成!

【5】カーキパンツ×黒ダブルジャケット

ピンクベージュのニットにきれいめカーキのクロップドパンツ、黒のちびボタンダブルジャケットを合わせたコーディネート。モードな黒ジャケットには、カジュアル感のある明るめカーキパンツが好バランス。

ダブルのジャケットを、カーキパンツで着崩して

【6】黒タックパンツ×グレージャケット

黒タックパンツ×グレージャケット

テラコッタ色のインナーに黒のタックパンツ、着ながし風ノーカラージャケットを合わせたコーデ。つかず離れずのシルエットのおかげで〝きちんと〟を今っぽく更新して、エフォートレスなジャケパンスタイルに。

ジャストアイディアを形にすべく情報収集に駆け回る異業種同期とのブレストランチでパワーチャージ!

【7】黒クロップドパンツ×グレーロングジャケット

黒のパンツに、グレーのニット×ロングジャケットを合わせたコーデ。縦長Iラインの「シュッと見え効果」を期待できるロングジャケット×クロップドパンツは、全体をグラデ配色にすることで洗練された印象に。

【クロップドパンツ】スタイルアップ×シンプルな着こなし最強FILE

【8】フルレングスパンツ×グレンチェックテーラード

白のクルーネックリブTに黒のとろみパンツ、グレンチェックのテーラードを合わせたコーディネート。ジャケットを脱いだらラフな白T、そのギャップがいい。1枚でも頼りなく感じない厚手リブTであることが大事。

取引先との親睦会♪ エイトンのクルーネックTシャツはやっぱり万能!

【9】ボルドーミニスカート×グレージャケット

ボルドー色のスカートに同色のカラータイツ、ロングブーツを合わせた旬のコーディネート。ロングブーツがあればミニでもオフィスで浮かず、上品な印象にでき、ジャケットスタイルにもマッチ。

今年はアリです! 今っぽくカラータイツを取り入れるなら

【10】ピンクスカート×白ジャケット

ピンクスカート×白ジャケット

ボーダーのインナーにとろみピンクのスカート、白のジャケットを合わせたコーディネート。白ジャケットでも洗える素材であれば、万が一シミが付いちゃっても怖くない!

デザイン事務所で新店舗の打ち合わせ。その前に気になるコーヒースタンドに寄っていこっと

【11】ロングワンピース×黒ジャケット

ロングワンピースに黒のジャケットを合わせたコーディネート。ロング丈のレイヤードが重くならないよう胸元の肌見せで抜け感をつくるのがポイント。気張りすぎないレイヤードで私らしく。

【女友達とおしゃれ対決の日】ジャケット×ロングワンピがかっこいい

【12】黒タイトスカート×グレージャケット

シンプルなジャケットに黒のひざ下タイトという通勤の王道コーディネート。テーラード×タイトのきちんとスタイルなのに女っぽさも漂う。素敵なシンプルって「堅すぎない」こと。

素敵なシンプルって「堅すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【13】黒ニットスカート×ダブルボタンジャケット

ブラック×ホワイトのスタイリッシュなモノトーンコーデ。カットソー×ニットスカートのカジュアルな装いもダブルボタンジャケットをはおれば、こなれ見えを狙ったビジネスコーデに格上げ。

カットソー×ニットスカートにダブルボタンジャケットをはおってこなれカジュアル!

【14】ネイビーパンツ×スタンドカラージャケット

ネイビーのカットソー×セットアップのワントーンコーデ。洗練ネイビーはホワイトの小物で抜け感をプラス。パンツはセンタープレス&クロップド丈で脚長スーツスタイルに。

洗練ネイビーと白で叶える美人なスーツスタイル

【シーン別】着まわしを楽しむジャケットコーデ

社内では頼れる先輩感溢れるジャケットスタイルに、休日はリラックス感のあるきれいめスタイルに転換できるのが、大人が着るジャケットコーデの理想。洒落感のあるオフィスカジュアルを制するには、このさじ加減がポイント。カジュアルシーンに合わせるときは、きれい色など遊びを効かせた着こなしを取り入れてみて。

【1】デニム×水色ジャケットのこなれオフィスカジュアルコーデ

デニム×水色ジャケットのこなれオフィスカジュアルコーデ

カジュアルなデニムスタイルにジャケットを合わせたきれいめコーデも、トーンをそろえると爽やか。デニムの色を軸にしたブルーのグラデーションに、小物で遊び心をひとさじ加えて。

きれいめコーデ好きにデニムのトレンド到来! デニム初心者におすすめ2選

【2】オレンジタイトスカート×グレーデニムジャケットのきれいめカジュアルコーデ

オレンジタイトスカート×グレーデニムジャケットのきれいめカジュアルコーデ

爽やかなオレンジのタイトスカートは、きれい色のおかげでコンサバすぎないのでラフなアイテムとも好相性。グレーのデニムジャケットで柔和なカジュアルコーデに。

発色の美しい美シルエットスカートで洗練カジュアルを狙って

【3】ベージュスカート×ベージュシャツジャケットのカジュアルコーデ

ベージュスカート×ベージュシャツジャケットのカジュアルコーデ

甘さ控えめのラッフルスカートにシャツジャケットを合わせた、軽やかなスタイル。地味な印象になりがちなアースカラー配色も、動いたときのシルエットでドラマティックに。

甘さ控えめ×メリハリ抜群! 裾フリルタイトスカートなら美シルエットが叶う

【4】ブルーデニム×グレージャケットのオフィスカジュアルコーデ

ブルーデニム×グレージャケットのオフィスカジュアルコーデ

リラクシーなデニムスタイルを知的に盛り上げるグレージャケット。ボタンとインナーを黒でリンクさせることで、よりシックな印象に。足元のベリー色パンプスでデニムに温かみをプラスすれば、一気に華やぐ。

定番スタイルに秋らしい差し色をON♡

【5】ボーダーカットソー×ベージュジャケットのカジュアルコーデ

涼しげなリネン素材のジャケットにボーダーをインしてパリジェンヌ風のコーディネートに。キャスケットで着こなしにリラックス感を足してOFFの雰囲気がある装いに。

カフェで一息! パリジェンヌなキャスケット×ボーダーでOFFの日コーデ

【6】白ニット×ネイビースーツのビジネスコーデ

ネイビースーツのインを白ニットにして涼感を漂わせたコーディネート。きちんと見せつつ、洗練さがあってぐっとおしゃれな佇まいに。小物使いで今っぽさを。

【THE SUIT COMPANYの微光沢スーツ】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

【7】ニュアンスカラーパンツ×黒ジャケットのビジネスコーデ

ニュアンスカラーパンツ×黒ジャケットのビジネスコーデ

ほどよい抜け感を出せるニュアンスカラーのジャケパンコーデ。モノトーンで重い印象になるときは、ボトムで明るめのカラーを取り入れて抜け感を演出することで、一段と“デキる女”に見せてくれる。

働く女のリアル通勤私服公開!【医療機器メーカー勤務・下田悠さん】

【8】モカブラウンサックワンピ×ネイビースタンドカラージャケットのビジネスコーデ

落ち感のあるモカブラウンのワンピースは、体のラインを拾わないシルエットのサックワンピできっちり&ゆったりのちょうどいいバランスに。とはいえ、急な来客にそなえて、さらっとジャケットをはおって。

サックワンピできっちり&ゆったりのちょうどいいバランス

【9】チェック柄パンツ×ネイビージャケットのオフィスコーデ

白のクルーネックリブTシャツにチェック柄のパンツ、ネイビージャケットを合わせたコーデ。ほどよいタイト感が真面目すぎる印象にならないよう、レザーバッグや白Tでカジュアルな抜けをつくりたい。

連休明けアフター7、ジムに行くのでジャケットもカジュアルダウン

【10】レンガ色パンツ×ジャケットのオフィスカジュアルコーデ

黒のニットセットアップのトップスにブリックカラーのパンツ、黒のちびボタンダブルジャケットを合わせたコーディネート。カラーボトムはきれいめ黒トップスに合わせて、感度高めなオフィスカジュアルに。

シンプルだけど着映えする! カラーボトムを大人っぽく取り入れて

【11】デニム×ダブルジャケットのオフィスカジュアルコーデ

白のノースリーブカットソーに色落ちブルーデニム、ちびボタンのダブルジャケットを合わせたコーディネート。ジャケットの上からベルトをオンするときは、同系色でまとめるのが鉄則。

デニムで通勤しちゃう日。ジャケットとウエストベルトできれいめに仕上げればOK

【12】カーキタイトスカート×グレージャケットのオフィスコーデ

長め丈スカートはソックス&黒ローファーでさらにセンスアップ! コンシャスなⅠシルエットのスタイルにこそ、ローファーのボリューム感が好バランス。ジャケットと合わせたカジュアルな通勤コーデに。

長め丈スカートはソックス&黒ローファーでさらにセンスアップ!

【13】デニム×赤小物のカジュアルコーデ

ベージュのニットにデニム、Vネックのノーカラージャケットを合わせたコーディネート。赤小物を効かせて肩の力を抜いた女っぽいカジュアルにシフト。

【THE SUIT COMPANYの微光沢スーツ】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

【夏】のジャケットスタイルはおしゃれ&涼しげを両立

夏は暑くてジャケットの出番が減りそうだけど、涼しげなリネン素材にしたり、一枚仕立ての軽やかなものにすることで、着こなしの幅ってかなり広がるんです。ジャケットが軽くなればシャツ感覚ではおれるので、肩掛けや、巻いたり、いろいろアレンジを楽しんでみてくださいね。

【1】黒キャミソール×チェック柄ベージュジャケット

黒キャミソール×チェック柄ベージュジャケット

すっきり見えるベルト付きの黒フレアスカートを軸に、同色のキャミソールを合わせたセットアップ風の着こなし。チェック柄のベージュジャケットや茶系小物で、ドラマティックなスカートをハンサムに転換。

この夏はAラインフレアスカートで、ドラマティックに楽ちんに!

【2】グリーンタイトスカート×ベージュミリタリージャケット

グリーンタイトスカート×ベージュミリタリージャケット

夏らしい鮮やかなグリーンのタイトスカートは、やさしいベージュで包み込んでインパクトをクールダウン。ジャケットやカットソー、バッグ、フラットシューズなど、まろやかな微差がつくる奥行きが素敵。

今夏は、華やかヴィヴィッドカラータイトが断然おすすめ! 30代向けスカート4選

【3】赤マキシスカート×ベージュジャケット

赤マキシスカート×ベージュジャケット

こっくり深い赤が映えるマキシスカートを軸にしたジャケットコーデ。バサッと肩掛けしたジャケットや、足元の華奢サンダルでドラマティックな装いを落ち着かせて、抜け感と女っぽさを演出。

マキシスカートの足元は… 華奢ストラップシューズで女っぽさと抜け感を!

【4】ロゴTシャツ×ピンクジャケット

ロゴTシャツ×ピンクジャケット

遊び心のあるロゴTにピンクジャケットを合わせて、大人の余裕を演出した着こなし。ジャケットは軽い生地&オーバーサイズなので、シャツ感覚で巻いて着こなしのアクセントに。

光沢感ある【リラクシージャケット】は11月まで季節スライドで楽しむ♪

【5】ミントニット×アイボリージャケット

ライトベージュのジャケパン×きれい色のインナーで洗練配色コーデに。アイボリーに近いベージュは、幅広い色合わせが楽しめる優秀カラー。大振りのジャケットを選んで旬の通勤スタイルを完成させて。

洗練サファリな「ジャケパン」できました!

【6】フレアスカート×ベルト付き黒ジャケット

黒ジャケットは、ノーカラー&ベルト付きで女らしく導くのが上品リッチ系の正解! スカートはボリュームのあるシルエットとスウェード調の質感が、着こなしに立体感をもたらす。

トレンド続行のベルト、初秋はどう使う?【ベルト使い】コーディネート見本5

【7】ノースリーブブラウス×ノーカラージャケット

ノーカラージャケットに、ノースリーブブラウスとネイビーパンツを合わせたコーディネート。バッグの赤がアクセントになって、大人トリコロールの配色に! 夏のジャケットコーデは肩がけがかっこいい。

お仕事コーデ拝見! IT関連会社勤務・中川歩美さん|働く女性のリアルSNAP

【8】ネイビーワイドパンツ×黒ニット

黒のニットセットアップのトップスにネイビーのドロストワイドパンツ、黒のちびボタンダブルジャケットを合わせたコーディネート。着慣れたダークカラーは、シルエットで今らしくアップデートするのがコツ。

ダークカラーコーデは、ゆるりとワイドパンツで抜け感を

【9】ネイビーフレアスカート×白ブラウス

白のとろみ素材ブラウスにネイビーのフレアスカート、ベージュのノーカラージャケットを合わせたコーディネート。梅雨の時期には、はっ水効果のあるものを投入して万全の態勢を。

大雨の翌日の外回りの日は、服から足元まではっ水機能のあるアイテムでそろえよう

最後に

今回は季節を通して長く着られるジャケットコーデを紹介しました。さまざまなシーンに使えるジャケットは、急なお誘いがあっても、インナーがラフなTシャツでも、きちんと感がキープできるのがいいところ。カラーの形、色、素材、ジャケットのシルエットで印象も変わるので、かしこまらずにコート感覚で着替えるようにいろいろなジャケットコーデを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature