Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 総選挙を経験したからこそ、気付いた本当に大切な事【高橋みなみ流仕事術_4】

WORK キャリアアップ

2017.10.09

総選挙を経験したからこそ、気付いた本当に大切な事【高橋みなみ流仕事術_4】

高橋みなみさんにお仕事術をうかがう「高橋みなみ流仕事術」連載。第四回目は「総選挙を経験したからこそ、気付いた本当に大切な事」。

AKB48の結成当初から、社会現象となるまで絶対的なリーダーとして活躍した高橋みなみさん。10代の多感な時期に200名以上のメンバーを統括した彼女に、私たちが参考にできる“お仕事術”についてうかがいます。

【関連記事】
リーダーシップに必要なのはコミュニケーション【高橋みなみ流仕事術 1】
気持ちは言葉にしなくては伝わらない【高橋みなみ流仕事術 2】
リーダーに必要なのは“嫌われる勇気”【高橋みなみ流仕事術 3】

自分自身と対面して、努力しない限り何一つ上にはあがれない

ソロになってからの悩みもあると思うのですが、そんなときの打開法を教えてください。

高橋:「私の場合、AKB48に所属していたことがすべての“糧”になっているんです。何があっても、あれ以上大変なことはもうないと言い聞かせています(笑)。なかでも辛かったのは人気順位を決める総選挙でした。自分が精一杯やっていたとしても、“あの人はコメントが上手いな”とか、“自分は人より劣っているかもしれない”と思うことがあるんです。それを数字でキレイに表してくれるのが総選挙だったので、今でもなかなか強烈なことをやっているなと思うんです。でも、あの経験があったからこそ、どんな壁にぶつかっても、“総選挙を乗り越えたから大丈夫”と思えるようになったんです」

そこまで自分を持って行けるのは、“負けん気”や“てやんでえ”精神だと思うんです。

高橋:「あはは。まさに、“てやんでえ”ですよ(笑)。AKB48にいるときに、よく“誰がライバルですか?”、“誰を意識していますか?”と聞かれたんですが、そうやって他人と比べることってすごく疲れるんです。そんなことをするなら、絶対に自分と戦った方がいいんです。“あの子より痩せたい”、“お金持ちになりたい”、“あの子みたいにかわいくなりたい”って色々あると思いますが、自分自身と対面して、努力しない限り、何一つ上にはあがれないんです。これは他人と比べて、戦った過去があるからこそ見えた答えでした」

高橋みなみ

その中で、より自分が頑張ったなって思えた瞬間はどんなことでしたか?

高橋:「私、よく強くみられがちですが、実はものすごく傷つきやすいんです。人に言われた小さな言葉が、ずっと残ってしまうことが多々あるんです。家に帰ってからも“あの人はどういう気持ちで私に言ったんだろう”ってずっと考えてしまう。でも、そうするとあの人の言葉に負けないくらいいい自分になろうって思えるようになるんです。実は私、悩んでいると、もうひとりの“みなみ”が出て来て“気にしたって仕方ない! 次頑張ろう”って言ってくれるんです(笑)」

その切り替えは、すごく大事ですよね。

高橋:「本当に大事だと思います。結局、立ち止まっていても何も変わらないので、そこから一歩進むのか、その場所にとどまるのかしか選択肢はないんです。それなら、しんどくても、傷ついても一歩前に進むのが大事だと思います」

何度も比べられる立場にたち、そこで様々なことを得たからこそ、自分なりの解決法を得た高橋みなみさん。自分と戦うことで前に進んでいるからこそ、強く、キラキラと輝いているのかもしれません。

【関連記事】
リーダーシップに必要なのはコミュニケーション【高橋みなみ流仕事術 1】
気持ちは言葉にしなくては伝わらない【高橋みなみ流仕事術 2】
リーダーに必要なのは“嫌われる勇気”【高橋みなみ流仕事術 3】

NEW SINGLE『孤独は傷つかない』(発売中)
ライブではすでに定番になっている、作詞:秋元康&作曲:織田哲郎の楽曲『孤独は傷つかない』が待望のリリース。カップリングには、配信のみでリリースした映画『スマーフ2 アイドル救出大作戦!」日本版主題歌『瞳の扉』を歌い直し『瞳の涙(2017ver)』を収録。

高橋みなみ公式Instagram @taka37_chan
高橋みなみ公式Twitter @taka4848mina

MINAMI TAKAHASHI 孤独は傷つかない

文/吉田可奈 写真/安井宏充


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.12.12

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号で値段の間違いがありました。133 ページ”J&M デヴィッドソン”のバッグの値段は、正しくは¥210,000(本体価格)です。お詫びして訂正いたします。

Feature