カミソリの正しい洗い方・替え時・寿命はいつ? ムダ毛処理で知るべきポイントを【貝印】に聞いた | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. 脱毛
  5. カミソリの正しい洗い方・替え時・寿命はいつ? ムダ毛処理で知るべきポイントを【貝印】に聞いた

BEAUTY

2021.10.02

カミソリの正しい洗い方・替え時・寿命はいつ? ムダ毛処理で知るべきポイントを【貝印】に聞いた

誰もが気にする「ムダ毛」。処理も念入りになってしまいますよね。そんなムダ毛処理の大切なアイテムであるカミソリ。あなたは、正しいカミソリのお手入れ方法や替え時を知っていますか? 女性用使い捨てカミソリ国内トップシェアを誇る貝印株式会社の広報さんに、カミソリにまつわるお話をお伺いしました!

【目次】
はじめに
カミソリを買うときのポイントって?
カミソリでムダ毛処理をする前に知っておきたいこと
最後に

はじめに

皆さんは、カミソリの刃をどれくらいの頻度で交換していますか? 敏感なお肌に直接触れるものですから、カミソリの刃は常にきれいに保っておきたいものです。

そんなカミソリに関する疑問について、詳しく解説します!

貝印株式会社がオススメしているカミソリの替え時の使用目安は15〜20回。ただし剃る部位の広さや毛の太さなどによって一概には言えないそうです。肌にひっかかるように感じたり刃にサビを見つけたら、新しいカミソリに取り替えるのがおすすめ!

カミソリの刃の部分がサビてしまったら、切れ味が悪くなるだけでなく衛生的にもよくない影響を及ぼすので、必ず新しい刃に替えてください。

また、ワキや腕・足など、剃る部分によってカミソリを使い分けることで、買い替える頻度も変わってきます。何よりカミソリを使ったあとは、正しく洗い、乾かすことがとても大切です。

正しいカミソリの洗い方って!?

まずは、流水で洗い流すか、洗面器などに水をためて、ばしゃばしゃと水洗いし、刃と刃の間の汚れを洗い落とします。

洗ったあと、刃をタオルなどで拭くと、刃を傷めて切れ味が悪くなるためNGです。自然乾燥させて水気を拭き取ったあと、バスルーム等の湿気が多く細菌が繁殖しやすい場所は避け、乾燥している場所で保管するようにしてください。

(c)Shutterstock.com

カミソリを買うときのポイントって?

剃る部位に適したカミソリを選ぶのも大切なポイント。凹凸が多いワキはヘッドが動くタイプ、手の届きにくい背中はハンドル部分が長いタイプのものがオススメです。その他にも、Vゾーン専用や広範囲向けのカミソリもありますので、用途に合わせて探してみてください。

こんなにあります、パーツごとに選べるカミソリ♥︎

◆手足などの広範囲に

▲プリティー ボディT(3本入り)

負担が少なくしっかり剃れる3枚刃。パワフルな剃り心地ながら、アロエ・ビタミンE配合スムーサー付きで剃り心地が非常に滑らかです。

◆凸凹のあるワキに

▲アクアフィット(2本入り)

ワキのくぼみに沿って360度自由に動くヘッドでぴったりフィット。たるんだ皮膚を伸ばしながら剃るソフトシェービングができます!

◆うなじ& アンダーヘアは、女性のたしなみ

▲ムダ毛トリマー

髪をアップにしたとき、気になるのがえり足・うぶ毛のもさもさ感。しかし、剃ると不自然になってしまうことが多いので、トリマーで自然な毛流れに整えましょう。水着の季節に気になるアンダーヘアは、トリマーで長さや形を整えられます。お好みに合わせて5mm、10mmのスキコームを選んでください。

後から剃り忘れに気がついて後悔してしまう前に、日頃のムダ毛ケアには気を使うようにしましょう。

▶︎貝印株式会社

取材/サワダユキコ

カミソリでムダ毛処理をする前に知っておきたいこと

自分でムダ毛の処理をする際には、正しい知識をもつことが重要です。間違った手入れの仕方をしてしまうと、お肌が荒れたり、綺麗に仕上がりません。カミソリでムダ毛処理をする前に知っておいた方がいいポイントを紹介します。

処理前と後に気をつけるべきポイント

◆ムダ毛自己処理時のNG行動は下記3つ!

1. きれいに仕上げるため、処理前・処理後に毛抜きで処理している

2. カミソリで処理をするとき、毛流れに逆らって剃っている

3. 入浴時、ナイロン製のスポンジを使って体を洗っている

[1]→毛穴が広がり埋もれ毛の原因に!

[2・3]→皮脂膜まで流れて肌に負担がかかる&ドライスキンの肌状態に!

なるべく、自己処理の頻度を控えつつ、肌トラブルを起こさないためにも、毎日保湿することがとても重要です。顔に使用している化粧水や保湿剤を、朝と夜(入浴後)に欠かさず体にも塗りましょう。

浸透しやすい化粧水で肌を整えたあと、乳液やクリームでパックをするのがおすすめ。ぬるめのお湯に、保湿成分がたっぷり入った入浴剤を使うとさらに効果的です。潤ってお肌が柔らかい状態での自己処理を心がけましょう。

◆自己処理後に熱めのお風呂に入るのはNG!

自己処理後の肌は、肌表面の角質層に傷をつけていたり、剥がれていたりすることがあります。そのため細菌が侵入しやすく、熱めのお風呂に入ると炎症を起こしたり、乾燥の原因にも。自己処理後は、たっぷり保湿するように心がけてください。

情報提供元:ミュゼプラチナム

女性におすすめのシェーバー特集|部位別の選び方や価格〜使い方まで徹底解説!

最後に

今回は、ムダ毛処理の際の大切なアイテムである、カミソリについて詳しく見ていきました。カミソリを保管する際は湿気の少ないところにおいて、菌が繁殖しないようにすることが大切です。また、剃る体の部位によってカミソリを使い分けることで、剃り残しを防いだり、カミソリそのものを長持ちさせたりすることができます。

正しい使い方をして、ムダ毛のないすべすべお肌を手に入れましょう!

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.06

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature