Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ダイエット
  4. リバウンド回避!【糖質制限ダイエット】を成功させるコツ

BEAUTY

2017.10.22

リバウンド回避!【糖質制限ダイエット】を成功させるコツ

こんにちは! ダイエットトレーナー&メンタルコーチの小山圭介です。ダイエットに関する悩みから仕事のストレスをオフする方法まで、1万人以上のダイエットをサポートしてきた経験から、みなさんの質問&疑問にお答えします。

【Q】糖質制限ダイエット、話題ですよね。でもでも、炭水化物大好き♡ そんな私は痩せられませんか?

【A】あなたのその気持ち、よーくわかります。同じように思ってる人も多いんじゃないかな? 「××は控えてくださいね~」とは言っても、「××は絶対ダメ!!(怒)」とは言わないのが小山流ダイエット。

ヒトの体は平均2~3リットル水分を余計に貯めこんでいると言います。その排出を促すために、1週間くらい糖質を外すのは効果がありますが、一生おいしく食べ続けること、一生健康的に使えるキレイな体を作っていくことを考えると、まったく糖質を制限してしまうのはアンナチュラルですよね。

ストレス、睡眠不足もそうですが、僕のメソッドでは「自然でないこと」はダイエットの妨げになると考えています。

“糖質制限ダイエット”をがまんしないで続ける方法とは…

■POINT 1:油分・糖分を控えよう

現代人の食事は、油分・糖分が過度になりがち。糖質制限=炭水化物ダイエットと思われがちですが、おかずやお菓子に目を向けて、油分・糖分を控えるようにしたほうがいいんです。

■POINT 2:パンや麺類ではなく、主食には「ごはん」を

炭水化物はエネルギーになる大切な栄養。ただし、パンや麺類ではなく、ごはんを食べましょう。それ自体の糖質が少ないだけでなく、例えばパンにはバター、パスタはオイルで調理など、全体的に見ても油分・糖分過多に。その点ごはんは、納豆やお味噌汁など、日本古来の和食材を中心とした献立を組み立てやすくヘルシーです。

ただし、毎回どんぶり物を食べていたり、ごはんを2膳食べていてはやっぱり糖質過多になってしまいます。炭水化物大好き♡ なあなたは食べ過ぎにはご注意を! ダイエットするなら、1日2膳程度を目安に。

甘いお菓子は控えて、おかずは魚や野菜・豆類中心の献立になど、イライラしちゃうほどがまんしないほうが健康的に痩せられます。

またパンなどに比べごはんは噛み応えがあり、たくさん噛むことで満腹中枢が刺激されるので、「噛んで食べる」を意識するのも大切ですよ。

初出:しごとなでしこ

小山圭介監修! 女性のための最先端オンラインダイエット「ヘクシス」

楽しみながら生活習慣を変えて“やせる”全ノウハウを集約した最先端のオンライン型ダイエットプログラム「ヘクシス」。10年間で1万人をやせさせたカリスマトレーナー小山圭介のダイエットメソッドを取り入れ、専属トレーナーによるパーソナルアドバイスをいつでもどこでも受けられます。
■「ヘクシス」ダイエット成功ポイント■
①楽しみながらダイエット キツい運動も食事制限もなく専用アプリケーションとサポートグッズで、ジム通いしなくても楽しくダイエットが可能!
②カリスマトレーナーのマンツーマン指導 カウンセリングシートにご記入いただいた情報を元にお客様の生活習慣の中にある太りやすい原因を探り、専属のダイエットトレーナーがオーダーメイド&マンツーマンで90日間徹底指導!
③生活習慣を変えて一生キープ 誰もが効率よくダイエットできる「万人に共通するダイエットのコツ」を組み合わせ、一人ひとりに最適化し「生活習慣化」。楽しみながらリバウンドしにくいダイエットが可能となります。

ヘクシス

小山圭介

音楽業界の仕事を経て、多くの人の心身を美しく健康にしたいという思いから、インストラクター・ダイエットトレーナーへ転身。エクササイズやヨガ、ダイエットプログラムなどの開発職を経験した後、2009年7月、当時日本では希少なダイエット合宿施設の「LAVAビレッジ伊豆高原」を新規開業・主宰。一生もののやせ体質を手に入れる「やせ脳」メソッドや、一瞬でくびれを生み出すバスタオルダイエット法など、話題のプログラムを多数リリース。ダイエットサポート数は1万人以上を数える。また、自身がプロデュースしたダイエット・美容アイテムは累計5万個以上を売り上げるベストセラーに。現在はトレーニング以外にも商品開発や書籍監修、企業のコンテンツ開発、トレーナー育成など幅広く活躍中。「ダイエット王子」としてメディアからも注目を集める。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature