Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 40代ガチ婚活
  4. 【連載|40代ガチ婚活】人は見た目が10割 「バチェラー・ジャパン」を見て思うこと|ガチ婚活レポート20

LOVE & WEDDING

2017.05.27

【連載|40代ガチ婚活】人は見た目が10割 「バチェラー・ジャパン」を見て思うこと|ガチ婚活レポート20

結婚はしたいけれど、なんとなく日々を過ごしていた私エディターT。40歳で捨て身の婚活の末、まさかの結婚(!)に至りました。実際にやったこと、リアルに感じたことをくまなくお伝えします。真剣に婚活をお考えの方に、少しでも参考になれば幸いです。

前回のレポート|「今すぐ、男の家に転がり込めますか?」 結婚できる女は身軽である
ガチ婚活レポート
1はこちら

b1

©2016 Warner Bros. International Television Production Limited. Allrights reserved.©YD Creation All rights reserved.

「バチェラー・ジャパン」ハイスペック男子を巡る、独身女性たちの恋愛サバイバルを3回観た私

今さら感ハンパないですが、皆さん、Amazonプライム・ビデオで独占配信中の恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」、もう観ましたか? 私は3回観ました(観すぎだろ)。

ハイスペックな独身男性を巡って、独身女性25人が火花を散らす、恋愛サバイバル番組なんですが、実は私、こういうリアリティショーが大好きでして…。トップモデルの座を巡って美しい女性たちがバトルするオーディション番組も大好物♡ あと「テラスハウス」や「あいのり」もつい見ちゃう派。たとえ台本があったとしても、むき出しの欲や業のぶつかり合いを見るのが好き。人間だもの。

そんなわけで、この男1人を女25人がとりあう番組(一応、このハイスペック独身男性は、25人の女性の中から本気で結婚相手を探すという設定)の日本版がついに登場! これは、観ないわけにはいかないでしょう。

b2

©2016 Warner Bros. International Television Production Limited. Allrights reserved.©YD Creation All rights reserved.

1回目。リアルタイムで追っかけ。

毎回、誰が選ばれ、誰が落ちるかドキドキしながら観賞。つまり、単純に<最終的に誰が結婚相手に選ばれるのか>その結末が気になった。

2回目。夫と一緒にイッキ見。3日で観終えた(笑)。

「え? 男はそこにグッとくるの?」男サイドから見るモテ女、結婚したい女、恋愛したい女と、女サイドから見るそれは全然違うと知る。

3回目。ひとりでイッキ見。おさらいをかねて早送りしながら2日で観た(苦行)。

「なるほどね~、これかぁ、モテポイントは。ふむふむ」と、女性たちの仕草や行動、デート時の男女のテンションの違いなどを細かくチェック。

そのうえで、結婚相手として選ばれる女性とは? を分析したところ………

ハイ、ここではっきり言います。

3回観てわかりました。

最初っから決まってるやーん!

第一印象から、目がハートマーク♥♥♥やーん!

誰がなんて言おうと、タイプなもんはタイプ!やーん!

(興奮するとつい関西弁に…関西人なもんで…)

「バチェラー・ジャパン」3回観た結果、わかったことは人は見た目が10割。

そう。

人は見た目が10割。

…身も蓋もないですけど。

ただ、この「見た目」ってのは、超絶美人であるとか超絶スタイルがいいとかじゃないんです。そりゃあもちろん、カワイイにこしたことはないし、スタイルがイイにこしたことはない。特に、お互い中身も何も知らない状態でハイ選べ! となると、見た目はかなり重要です。

が、それよりなにより「見た目=タイプかどうか」ってことだと思うんです。

b3

細かく書くと「バチェラー・ジャパン」のネタバレになるのでやめときますが、とにかく、人を好きになるかどうかにおいて、<見た目がタイプかどうか>は、もうこれ絶対的に抗えないことなのではないかと…。

そう気づいた瞬間、私、鮮やかに思い出しました。

結婚相談所で、開口一番、カウンセラーに言われたことを……ショックで、泣きながら帰ったあの日のことを……。

次回に続く(笑)。

【本気婚活メモ】

「人は見た目が10割」という結論だけではなんなので、ほかに気づいた点をまとめました。

・男は、詰め寄られるのが苦手(私のことどう思ってる? とか)

男は、やっぱり乳が好き(たぶん…)

・男は、女を守りたいっていうか頼られたい(女から見たらウソ泣きというか、気を引きたいだけのあざとい涙でも、やっぱり泣かれるとグッとくるらしい)

・男は、「俺のために〇〇してくれた」に弱い(イメチェンとか、女から見たら「へ?いらなくね?」ってなプレゼントでも一生懸命つくったものとかに弱いっぽい)

・男は、やっぱり追いたい生き物(追われるよりも、追いかけたい)

・男は、自ら語る女より、語らせてくれる女が好き(好きな女の前では頼んでもいないのにめちゃくちゃ自分のことを語ってた)

※ただしこれらすべて、好きな女/タイプの女の場合に限ります。

ガチ婚活レポート21へつづく

イラスト/小池アミイゴ

初出:しごとなでしこ

エディターT

仕事も遊びも忙しく、40歳までシングルを謳歌。数々の女性誌で、お見合いパーティや合コンなど、婚活企画を担当するも成果はナシ。しかしこのたび、本気の行動でついに結果が出ました(びっくり)。いくつになっても、好きな相手と結婚できるんだなぁ〜と実感中です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.16

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature