Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 2020年押さえておきたい【グリーンコーデ31選】定番カラー並みに使えるグリーンアイテムの着こなし

FASHION

2020.07.17

2020年押さえておきたい【グリーンコーデ31選】定番カラー並みに使えるグリーンアイテムの着こなし

ヘルシーなイメージのあるグリーンコーデは、今押さえておきたいトレンドカラー。今回は意外と知られていない「グリーンの魅力」、そして「おしゃれ上級者見え」するグリーンコーデをお伝えしていきます。色の明暗・濃度が幅広いので、あなたに似合う色は必ず見つかります!

【目次】
必ず見つかる! 私に似合う「グリーンコーデ」はどれ?
「イエベ肌」さんは黄緑系のモスグリーンを
「ブルべ肌」さんは寒色系のダークグリーンを
「これって正解?」多種多様なグリーンスカートを確認
グリーンパンツに「抜け感を足す」のがおしゃれ上級者
顔周りが華やぐグリーントップスで「美人度アップ♪」
最後に

必ず見つかる! 私に似合う「グリーンコーデ」はどれ?

実はグリーンコーデは、ベーシックカラー並みに使えるのをご存じですか? 若葉のような黄緑、海のようなエメラルドグリーン、凛としたダークカラーなど、バリエーションが豊富なので、コーデの主役でありながら色をつなぐ役割も担ってくれるのです。

□ グリーンには「イエベ」と「ブルべ」がある
□ 少しずつ色をずらす「ワントーンコーデ」を作りやすい
□ ベーシックアイテムをグリーンに替えて「脱・定番!」

「イエベ肌」さんは黄緑系のモスグリーンを

シックなモスグリーンは「モス=苔」と言われるように、大人の深みを与えてくれるカラー。ベースにイエローが入っているので、パキッとしたグリーンよりも使いやすく、とくにアースカラーと相性抜群。クラシカルなコーデに上品さを添えてくれます。

【1】モスグリーントレンチコート×黒ニット×黒タイトスカート

モスグリーントレンチコート×黒ニット×黒タイトスカート

ニュアンスのあるモスグリーンとキレのある黒の配色マジックで、定番のトレンチコートスタイルをブラッシュアップ。小物まで徹底してグリーン×黒の世界でまとめるとさらにスタイリッシュ。

ニュアンスグリーンとキレのある黒の配色で、シンプル服にモードをひとさじ!

【2】モスグリーンカーディガン×ネイビーカットソー×ネイビータイトスカート

モスグリーンカーディガン×ネイビーカットソー×ネイビータイトスカート

トップスもボトムもネイビーで統一した、上品ワントーンにモスグリーンのカーディガンをはおったコーデ。ダークカラーが重く見えないよう、クリアバッグで軽快に仕上げて。

外回りの日は上品ネイビーコーデに小物で軽快さをプラスして♪

【3】モスグリーンニット×デニムパンツ

モスグリーンの上品ニットにノンウォッシュのストレートデニムとヒール靴を合わせた、品のある大人のデニムコーデ。キャップや大きめトートで遊び心をプラスして。

初めての落語鑑賞。休日ならではの小物使いで遊び心を!

【4】モスグリーンニット×黒パンツ

クラシカルなモスグリーンが深みを添えて、黒パンツ合わせでシックなスタイリングに。バッグとパンプスのクリーンな白が女性らしく清潔感をアップさせる。

連休前でToDoがたくさん。ヒールを履いてシャキっと「行ってきます!」

【5】モスグリーンショートパンツ×ベージュシャツ

品のあるモスグリーンのショートパンツは、ベージュシャツとアースカラー配色でキメて。ミニマルなショートパンツには、ラフなゆるめの襟付きシャツでこなれたニュアンスに。

デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【6】モスグリーンカットソー×グレータイトスカート

コンサバな長めの丈のグレータイトスカートに、モスグリーンのカットソーを合わせてほどよい抜け感を出して。肩掛けカーデや小物をグレイッシュに揃えると、まとまりよく上品に仕上がる。

【タイトスカート】スタイルアップ×シンプル着こなし最強FILE

「ブルべ肌」さんは寒色系のダークグリーンを

ダークグリーンは緑の深みが増したカラー。森の木漏れ日のような深く濃いグリーンは、清潔感があり洗練された印象を与えてくれるので、トラッドな着こなしから大人の華やかコーデにおすすめ。ここではブルーベースのグリーンをコーデを集めました。

【1】ダークグリーンニット×グレープリーツスカート

ダークグリーンニット×グレープリーツスカート

すとんとしたダークグリーンのロングニットは、プリーツスカートを合わせた長×長コーデでこなれたムードに。ショートブーツとスカートの間は、ちらりと肌見せして抜け感を。

去年よりもピリッと今っぽく!【プリーツスカート】ひとさじモードな着こなし4選

【2】ダークグリーンパンツ×白カットソー×テーラードジャケット

ワイドなフォルムのオリーブグリーンパンツに、トラッドなチェック地ジャケットを合わせた装い。王道のパンツ×テーラードコーデも、それぞれ今っぽく更新することでキレのいいスタイルに。

おしゃれな人が始めてる【オリーブグリーン】29選|上品な新顔カラーに注目!

【3】ダークグリーンブラウス×デニムパンツ

上品な雰囲気が漂う青みダークグリーンを取り入れたら、いつものデニムコーデも今っぽくアップデート。レースアップベルトや赤いパンプスで女性らしさを倍増させて。

シンプルスタイルこそ色を取り入れて、いつものコーデをアップデート!

【4】ダークグリーントップス×カーキグリーンスカート

ダークグリーンとカーキの組み合わせでカジュアルなグリーングラデーションコーデのできあがり。白バッグやシルバーシューズで清潔感ある洗練されたスタイリングに。

【憧れの先輩と久々に会う日】カーキグラデーションで、成長して少しこなれた自分を表現できてるかな…

【5】ダークグリーンニット×ピンクスカート

甘めの淡いカラーのフレアスカートにタイトなダークグリーンのトップスで、落ち着いた華やかさのあるコーデに。ベーシックカラーのように使える渋めのグリーンで、大人のカラーミックスにトライ。

デート、女子会、ディナーetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/スカートの場合

「これって正解?」多種多様なグリーンスカートを確認

ドラマティックな着こなしがハマるグリーンスカート。合わせ方に迷ったときは、色タイプで考えるとうまくいきます。サマーグリーンのような明るい色はTシャツのようなカジュアルコーデ、落ち着いた印象のくすみグリーンはクリアなシャツなど、シーンに合わせて色で遊んでみて。

【1】グリーンスカート×白シャツ

絶妙なニュアンスのスモーキーグリーンは肌なじみのいいカラー。歩くたびに空気をはらんで、バサッと広がるナローフレアは、ほんのりツヤが加わって、はいただけでセンスのよい雰囲気に。

【サテン調ナローフレア】でリラックス感と女らしさを! 今旬コーデ5選

【2】グリーンスカート×黒カットソー

フォレストグリーンのロングスカートに黒トップスを合わせたカジュアルコーデ。やわらかな光を放つコットンパールのイヤリングで顔まわりにツヤを足せば、カジュアルな中にも上質感が漂って。

全身【18,150円コーデ】旬のグリーンで洗練フェミニンに|2万円以下コスパ最強のセットを発表!

【3】グリーンスカート×白Tシャツ

ボリュームのあるミモレ丈のフレアスカートは、落ち着いた深みのあるグリーンを選んで、ベーシックな白T合わせでさらりと着こなすのが◎。高すぎない4cmのヒールのサンダルとかごバッグでカジュアルな華やかさをプラスして。

【スタイリスト入江未悠】ハーフスイートカジュアルな私的スタイルを公開!

【4】グリーンスカート×ベージュカットソー

まろやかなベージュカットソーに鮮やかなグリーンのスカートを合わせると、エッジィな着こなしに。レースやポインテッドトゥで女っぷりのよさをアピールして。

【レースタイトスカート】アラサー~30代の大人コーデ着こなしFILE4

【5】カーキグリーンスカート×ストライプシャツ

カーキグリーンの細身タイトスカートと、ストライプシャツのちょっと辛口なコンサバスタイル。黒のベルトでウエストマークして着こなしにメリハリを。

三尋木奈保流【きれいめ抜きシャツ】を3段活用ステップで着回し!

グリーンパンツに「抜け感を足す」のがおしゃれ上級者

シンプルなワンツーコーデすらも、スタイリッシュに着映え効果を発揮してくれるグリーンパンツ。いつもの黒パンツをグリーンに替えるだけで、クールで女っぷりのいい着こなしに。小物やトップスの白で抜け感を足すのがおしゃれ上級者の技。

【1】グリーンパンツ×白ブラウス×グレーカーディガン

グリーンパンツ×白ブラウス×グレーカーディガン

深みのあるグリーンパンツはそれだけで主張があるから、トップスは冒険しなくてOK。シンプルな白ブラウスのほうがすっきり着られて品のよさも保てる。靴の色に迷ったときは万能のシルバーを選択。

通勤の相棒【クロップドパンツ】はカラーを変えて、ほんのりモードに着こなそう♪

【2】グリーンパンツ×ブラウンシャツ

きれい色のスティックパンツにシャツを合わせた、シンプルなワンツーコーデ。グリーン×ダークブラウンというキレ味のよい配色で通勤スタイルを華麗にブラッシュアップして。

祝! Oggi新専属モデル【飯豊まりえ】インタビュー&こなれた「モードカジュアル」コーデ5選

【3】グリーンパンツ×ベージュブラウス×白カーディガン

クリアな白とベージュの淡いニュアンスカラー配色で、ピーコックグリーンパンツをやわらかく受けとめて、上品リッチなコーデに。艶ブラウスやロングカーディガンのエアリーな素材感が、大人の女性らしさを演出。

ピーコックグリーン【パンツ】着回し4スタイル|春の究極アイテム

【4】カーキグリーンパンツ×白シャツ

カーキグリーンのパンツに清潔感のある白シャツを合わせたら、なじませベージュ小物で上品さをプラス。クロップド丈のパンツとヒール靴で女っぽさをアピールして。

カーキパンツを白シャツ&ベージュ小物でクラスアップ

【5】グリーンパンツ×ネイビーストライプシャツ

グリーンパンツに合わせたストライプシャツは、ボタンを開けてアウトして着れば、きれいめカジュアルコーデに。細めのベルトでウエスト位置を上げてスタイルアップ!

早起きして美味しいコーヒーを飲みに。さて今日は何をして過ごそう♪

【6】グリーンパンツ×ネイビージャケット

高感度なピーコックグリーンのパンツで、定番ネイビージャケットコーデを一気に上級者の印象に。全体を細身ラインでまとめてすっきり仕上げて、大人かっこいいスタイリング。

ピーコックグリーン【パンツ】着回し4スタイル|春の究極アイテム

【7】グリーンパンツ×カーキブルゾン

濃いめ&鮮やかなグリーンのパンツが今っぽい着こなし。カーキのブルゾンとグレーニットでなじませて、シルバーのローファーでクールに味つけするのがポイント。

今年の選択【カラーパンツ】は濃いめ&鮮やかな色を!|シンプルないい女の新ドレスコード

顔周りが華やぐグリーントップスで「美人度アップ♪」

自然の力を感じるグリーンはそれだけで華やか。トップスに持ってくると顔まわりに爽やかな明るさが灯ります。色みを少しずつずらしたワントーンコーデや、黒など引き締めカラーとの相性もすてき。トラッドなジャケットはハンサムにまとめて。

【1】グリーンニット×デニムパンツ

グリーンニット×デニムパンツ

透け感のあるグリーンニットのインに同型のカットソーを重ねた、ワザありのレイヤードコーデ。青が少し入ったきれいなグリーンなので、ブルーデニム合わせでこなれ感のあるワントーンコーデに。

春の大本命【透け感トップス】はどう着れば上手くいく? インナー問題解決します♡ 着こなし6選

【2】ミントグリーンシャツ×白パンツ

ミントのストライプシャツを白パンツにフロントインした、おでかけコーデ。バッグや靴など、小物でクリーンにまとめて、休日仕様のゆとりのある着こなしに。

ミントシャツと白パンツでクリーンにまとめておでかけ♪

【3】グリーンブラウス×ミントグリーンパンツ×黒ジャケット

ブラウスもパンツもグリーンでまとめた爽やかなワントーンコーデ。黒のジャケットをさらりとはおって、キリリと仕上げて。ローファー風のスリッポンで動きやすさときちんと感を両立。

スリッポンでも叶う、たくさん歩く日のフレキシブルなきれいめコーデ

【4】グリーンブラウス×ベージュジャケット×黒パンツ

ベージュジャケットのインナーには、淡いグリーンのボウタイ付きブラウスで上品な印象に。足元はフラットシューズで、力まずリラックス感をだして今っぽく。

フラットシューズでこなれ感のあるジャケットスタイルに!

【5】グリーンブラウス×ミントグリーンパンツ

グリーンブラウス×ミントグリーンパンツ

トレンドカラーのグリーンのパンツは、同系色のブラウスでワントーンに仕上げると◎。バッグやシューズなどの小物はモノトーンで抑えるとうまくまとまる。

はやりのカラーONカラーでアフター7は女子会へ

【6】グリーンニット×ベージュスカート

5分丈ニットとミモレ丈スカートのシンプルコーデも、鮮やかなグリーンの投入でおしゃれ度アップの着こなしに。かごバッグやサンダルで軽やかさをプラス。

暑い今こそ粋なんです!【ZARA夏色ニット】|小林文の賢いプチプラ買い

【7】グリーンニット×ベージュワイドパンツ

鮮やかなグリーンの5分丈タイトニットにベージュのワイドパンツを合わせてメリハリある「きちんとかっこいい」コーデに。ジェニックなチェーンバッグで遊び心をプラスするのがポイント。

今日の名品【コーチ】上品さと今っぽさを兼ね備えた新作「Parker」

【8】ミントグリーンブラウス×ネイビーパンツ

ミントグリーンのフリルブラウスとネイビーのリネン風ワイドパンツで、ゆったりしたリラックスコーデ。メリハリある配色でゆったりシルエットでももたつかない。

デスクワークの日。ゆったりした上下でリラックス感◎

最後に

今回はさまざまなグリーンコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか? 新緑のような明るいカラーから、冬の森のようなダークカラー、イエローベースやブルーベースなど、豊富な色味を展開する多様性がおもしろいですね。使い慣れてないと難しいカラーだと思いがちですが、試してみるとベーシックカラーよりもハマるかもしれません。ぜひお試しあれ!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature