Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. アラサーOLが大感激♡「アルマーニ / リストランテ」はすぐ再訪したいレストランに!

LIFESTYLE

2022.11.29

アラサーOLが大感激♡「アルマーニ / リストランテ」はすぐ再訪したいレストランに!

アルマーニ / リストランテの秋のランチメニュー「TRADIZIONE LUNCH」を紹介します。Oggi専属読者モデル 篠原菜月さんのブログです。

オッジェンヌ 篠原菜月

アルマーニ リストランテ銀座で「味覚の秋」を楽しめるランチメニュー「TRADIZIONE LUNCH」

東京 銀座の高級ショッピングエリアにあるランドマーク、アルマーニ 銀座タワー。その10階・11階に入っているアルマーニ / リストランテでは、2022年の秋メニューが展開中です。先日試食会に参加し、メニューを堪能してきました。

個人的に何度かアルマーニタワーの前は通っていたんですが、中に入るのは今回が初めて。高級感溢れる店内は、シックで落ち着いている雰囲気で席もゆったりしていました。

アルマーニ リストランテ銀座の内観

カルミネ・アマランテ氏がエグゼクティブシェフに就任してから丸2年を迎えたアルマーニ リストランテ。その2年の間には、ガンベロロッソの3フォーク獲得、シェフ オブ ザ イヤー受賞、50 TOP ITALYへのノミネートなど多くの功績を残し、国内外から高い注目を集めています。

今回は、ランチメニューの中でも特に人気の「TRADIZIONE LUNCH」(全6皿)をいただいたので紹介します。

◆アミューズ

3種のアミューズ

コース料理のスタートは、ジョルジオ アルマーニのロゴ入り「オレオ」や自家製のブレザオラなど3種のアミューズ。中央のフィンガーフードは、スモークしたカンパチを海苔で巻いた和を感じさせる一品。パリパリとした食感も斬新で美味しかったです。一つひとつ丁寧に作られていて、目からも楽しめる美しいアミューズでした。

◆前菜「帆立 キャビア ‘AKAITO’ サフラン」

帆立 キャビア 'AKAITO' サフラン

▲帆立 キャビア ‘AKAITO’ サフラン

次に登場したのは、前菜の「帆立 キャビア ‘AKAITO’ サフラン」。AKAITO の日本産サフランのソースで仕上げられ、ほんのりレアの肉厚の北海道産の帆立、その上にはたっぷりキャビアが! ジューシーな帆立の肉厚感がとっても美味しく、食べ応えがあります♡ 特に帆立の甘みとキャビアの塩味がマッチしていて、前菜からボリューミー。贅沢な一皿で大満足でした。

◆ブレッドメニュー

ババルスティコ

▲ババルスティコ

フォカッチャ

▲フォカッチャ

コースは、料理に合わせて出てくるパンも楽しみのひとつですね!

ババルスティコは、イタリア産のパンチェッタとチーズを入れたブリオッシュ。塩気があり、食欲を刺激してくれます。毎日食べたい♡

セミドライトマトが入っているフォカッチャも塩気があってしっとり食感。食事とよく合います。

◆パスタ エ パターテ

パスタ エ パターテ

▲パスタ エ パターテ

パスタは、ナポリの郷土料理をアルマーニスタイルで作り上げた「パスタ エ パターテ」。サーブされた時、「パスタですか?」と聞いてしまったほど、初めて見るかたちで斬新なパスタでした。

塩焼きにしたジャガイモに野菜のコンフィを加えたものを、モチモチとした食感のパスタ「ボットーネ」に詰めているそう。上には、パルミジャーノのスプーマとグアンチャーレ、トリュフスライスがトッピングされていました。小さなサイズ感ながら濃厚な味わいを楽しめて、今でもこの味を思い出すほど印象深く残っています。家族や友人とシェアしたい。

アルマーニ リストランテ銀座で食事をする女性

▲食べだしたら止まらない高級感溢れるモチモチとしたパスタに感動♡

◆リゾット ポルチーニ ヘーゼルナッツ

リゾット ポルチーニ ヘーゼルナッツ

▲リゾット ポルチーニ ヘーゼルナッツ

イタリアからフレッシュな状態で届くポルチーニを使用し、コンソメで米を煮詰めた「リゾット ポルチーニ ヘーゼルナッツ」。リゾットの上には、ローストヘーゼルナッツを削ったものとポルチーニのパウダー。ポルチーニとローストヘーゼルナッツの風味と香りが絶妙でクリーミーで濃厚な味わいが楽しめます。

◆メイン「サワラ イタリアンパセリ」

サワラ イタリアンパセリ

▲サワラ イタリアンパセリ

メインディッシュは「サワラ イタリアンパセリ」または「仔羊 カポナータ ハープ(+2,500円)」から選ぶことができます。私は、「サワラ イタリアンパセリ」をチョイス。香ばしくてジューシーなサワラとさっぱりとしたイタリアンパセリソースがよく合います。メインディッシュに合わせてサーブされたオリーブオイルを付けていただくバゲットも絶品でした。

◆ババ ナポレターノ

ババ ナポレターノ

▲ババ ナポレターノ

楽しみにしていたデザート「ババ ナポレターノ」がサーブされました。「ババ ナポレターノ」はシェフ カルミネが祖父から受け継いだレシピで、まさにイタリア本場の味♡

コロンとした形のババ生地にはレモングラス、シナモン、スターアニス、バニラ、オレンジ、レモンを使用したシロップがしみこんでさっぱりとした味わい。トップにたっぷりのっている甘いシャンティークリームとババ生地と一緒にぺろりと完食。写真の右上にある、チェリーのコンポート アマレーナの乗ったベルガモットシャーベットもすっきりとした味わいでした。

◆カフェ プティフール

ドリンクとプティフール

食後にはドリンクとともに、プティフールが提供されました。食事の最後の最後まで至れりつくせりでした♡

* * *

カルミネ・アマランテ氏は、2020年にアルマーニ リストランテのエグゼクティブ シェフに就任してから、出身地のイタリア ナポリの本場の味と日本の旬の食材を組み合わせ、独創性のあるメニューを考案。その繊細でこだわりの料理が多くのファンを集めています。

今回のコース料理のポルチーニやトリュフは、カルミネ エグゼクティブシェフがイタリアから厳選して取り寄せていると話していました。

すぐに再訪したいと思えるレストランの雰囲気と秋メニュー。デートや友人とのランチ、お祝いでもここにまた行きたいな。

カルミネ・アマランテ エグゼクティブシェフと写真を撮る女性

▲カルミネ・アマランテ エグゼクティブシェフと記念に一枚♡

アルマーニ / リストランテ

関連記事

オッジェンヌ 篠原菜月

1986年生まれ。AneCan専属読者を経て2017年よりOggi専属読者モデルとして活動。通勤はパンツ派。フルマラソンを完走するなどアクティブな一面も。最近はファッション、コスメ、旅など幅広い記事を投稿中。身長165センチ。インスタグラムは@natsukishinohara


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.05

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。