Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. この花は何の野菜? 答えは誰でも知ってるアノ食材〈野菜の花クイズ〉

LIFESTYLE

2022.09.11

この花は何の野菜? 答えは誰でも知ってるアノ食材〈野菜の花クイズ〉

野菜や果物を知っていても、その花を知らない人も多いはず。今回は、日本で最も古い野菜のひとつとして挙げられる食材をピックアップして紹介します。

この花は何の野菜? 和名「萵苣」と呼ばれている食材

スーパーに並んでいる野菜には和名が付けられているものがあり、「南瓜(なんきん)」はカボチャ、「甘藍(かんらん)」はキャベツ、「甘藷(かんしょ)」はサツマイモ、などあります。

今回ピックアップする花は、「萵苣」と呼ばれる野菜です。

この花は何の野菜か知っていますか?

レタスの花
(c)Shutterstock.com

正解は、「レタス」の花です!

レタス
(c)Shutterstock.com

正解は、レタスの花でした! レタスはキク科の食べ物で、美味しい時期は4月〜9月。

冒頭でも触れた和名ですが、「萵苣」は日本語で「ちしゃ、ちさ」、中国語で「ワキョ」と呼ばれています。

日本の主な生産地は、長野県、茨城県、群馬県と続き、日本のおよそ半数の道府県が栽培しているのだそう。

◆レタスの種類

最近では、レタスの種類も増え、食べ比べも楽しい野菜です。

玉レタス… 一般的なレタスと呼ばれているもの。パリッとした食感で、生食、炒め物、煮物など使い方もさまざま

サニーレタス… 葉がふんわりしていてクセや苦味がほとんどない。サラダ、サンドイッチ、生食の巻きものに

ロメインレタス… 葉が厚めで軸(葉柄)も太い。かすかな苦味と風味が楽しめ、シーザーサラダによく利用される。スープやお浸しにも

フリルレタス… 葉先が細かい切れ込みがあるレタス。食感もよく、苦味が少ないため、サラダ、サンドイッチ、炒め物に

サンチュ… 肉厚ながら、やわらかい食感が楽しめる。肉や野菜を巻いて食べる韓国料理やベトナム料理、タイ料理に

サラダ菜… 葉はやわらかく、巻きもゆるやか。深い緑色。サラダや付け合わせ、炒め物・和え物・おひたし・汁物と幅広く使える

◆レタスの歴史

日本で最も古い野菜のひとつとして挙げられる、レタス。

原産地は、中国、インドから地中海地域とされ、紀元前2500年ごろの古代エジプトの文書に記載されているそう。

中国から伝来したのは平安時代の頃。当時は煮て食べていたようです。生食するようになったのは、明治時代に入ってから。玉になる種類が出回り始め、全国普及していったのだとか。

◆レタスの栄養

レタスは、約95%が水分。期待できる栄養価は高くはありませんが、鉄などのミネラル、ビタミンA・C・E、カリウム、食物繊維をバランスよく含んでいる食材です。

熱に弱い栄養素も含まれているので、主に生で食べるのが良いでしょう。炒めるときは、短時間で仕上げてみてください。

◆レタスの選び方

種類がたくさんあるレタスですが、選び方はこちら!

・葉がみずみずしいもの
・ツヤとハリがあるもの
・葉先の色が濃いもの

* * *

レタスの花から種類・栄養・選び方まで紹介しました。シャキシャキのレタスって美味しいですよね! 旬の時期を見逃さず、ぜひ毎日の献立に取り入れてみてください。

みんなも挑戦している野菜の花クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.01

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature