Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. これは何の野菜の花? 成長すると名前が変わる食べ物!〈野菜の花クイズ〉

LIFESTYLE

2022.08.07

これは何の野菜の花? 成長すると名前が変わる食べ物!〈野菜の花クイズ〉

野菜や果物を知っていても、その花を知らない人も多いはず。今回は、女性にうれしい栄養素が豊富なアノ野菜!

この花は何の野菜? 成長すると名前が変わる食材

出世魚のように、野菜にも成長すると名前が変わる“出世野菜”のような食材があります。

例えば、ヤングコーン→とうもろこし、枝豆→大豆→もやし、たけのこ→竹など。

今回ピックアップするのは、そんな野菜のひとつです。

この花は何の野菜か知っていますか?

エンドウの花
(c)AdobeStock

正解は、「豆苗」の花です!

豆苗
(c)Shutterstock.com

正解は、豆苗の花でした! 実は豆苗は以下のように成長します。

豆苗→サヤエンドウ→スナップエンドウ→エンドウ豆(グリーンピース)

「豆苗」は若い葉と茎を食べ、「サヤエンドウ」「スナップエンドウ」は若いサヤごと食べ、「エンドウ豆(グリーンピース)」は未成熟の実を食べます。

1年中出回るようになった豆苗ですが、元々は3月〜5月にかけて旬を迎える食材だったそう。

◆豆苗の歴史

豆苗(エンドウ豆)の原産地は南西アジアと言われています。その歴史は古く、紀元前7000年も前から栽培されていたそう。

豆苗のように若い葉と茎を食べるようになったのは、中国に渡ってから。しかし、当時は貴族や特別の行事にしか出されない食べ物だったようです。

日本に伝来したのは1970年頃。高級中華料理店のメニューになった後、1990年半ばに水耕栽培で生産できるようになって、一般家庭に普及しました。

◆豆苗の栄養

豆苗は女性に嬉しい栄養素が豊富。なんと50gで成人女性が1食で摂りたいビタミンA、ビタミンC、葉酸を7割以上、特にビタミンKは十分に摂取できます。

ほかにも、不溶性食物繊維、β-カロテン、タンパク質なども含まれています。

・ビタミンA… 粘膜の健康に役立ち、正常な免疫機能を維持

・ビタミンC… 皮膚や血管の老化を防ぐ抗酸化作用をもち、美肌にもひと役買ってくれます

・葉酸… 赤血球の生産を促し、貧血予防に。

・ビタミンK… 丈夫な骨づくりに役立つ。骨粗しょう症予防にも

・β-カロテン… 強い抗酸化作用をもち、体内に入ると、ビタミンAに変換。若々しい髪や皮膚の維持に役立つ

・タンパク質… 筋肉や臓器、皮膚など体づくりや健康維持に役立つ

・不溶性食物繊維… 便秘解消に一助

豆苗は加熱すると、ビタミンCや葉酸が失われやすくなるので、スープや味噌汁に入れたり、短時間で炒めたりすると栄養を損なわずに食べることができます。

◆豆苗の選び方

おいしい豆苗の選び方をまとめました。

・葉の色が濃いもの
・ツヤとハリがありみずみずしいもの
・葉がしっかり開いているもの

* * *

豆苗(エンドウ豆)の花から栄養・選び方まで紹介しました。葉酸は、特に妊娠中や授乳中の方は摂取しておきたい栄養素。ただし、食べ過ぎは禁物です。摂取しすぎると便秘を悪化させ、他の栄養素の吸収を邪魔してしまうこともあります。さまざまな食材を食べながら、おいしく食べていきたいですね。

参考:農林水産省「豆のこと、もっと知りたい

みんなも挑戦している野菜の花クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.11

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature