Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 男と女が「付き合う」ってそもそもどういう意味? カップルでいるメリット&男女の価値観の違いが判明

LOVE

2022.08.20

男と女が「付き合う」ってそもそもどういう意味? カップルでいるメリット&男女の価値観の違いが判明

少し恋愛から離れていると、人を好きになる感覚や「付き合う」という行為がなんのためなのか、悩んでしまうこともあるでしょう。また、「寂しいから…」「誰かといたいから…」などの好きとは別の理由で付き合う選択をする場合も。今回は、恋人と付き合う意味を考えてしまった理由&交際をすることのメリットについて解説していきます。

異性と「付き合う」の意味とは?

PCを見る男女
(c)Shutterstock.com

ほとんどの人は、好きな人ができたときに無意識のうちに「付き合いたい」と感じるはず。では、実際に付き合うことにどんな意味を感じているのでしょうか?

Oggi編集部が20〜39歳の日本全国の女性100人を対象に行ったアンケート調査に寄せられた「声」をまず、確認してみましょう。

【1】ポジティブになれる

好きな人と付き合うことで、仕事の活力になり、毎日を前向きに過ごすことができます。また、女子力を上げようというモチベーションも高まったりなど、自分にとってプラスになることが多そう。

ときには、漠然と不安になることがあっても、そんなときに頼れる人がいるのは心強いもの。「大好きな人がいるから強くなれる」という言葉にも共感できますね。

「楽しいことや辛いことなど色々なことを2人で共有すること」(30代・愛知県)
「精神的な安心を得る」(20代・神奈川県)
「楽しい時間を共有する。ときめきを感じる」(30代・徳島県)
「心が満たされるし、穏やかにならる」(30代・山口県)

【2】お互いを理解できる

一緒の時間を過ごし、相手の好きなところも嫌いなところも少しずつ知ることに、「付き合う」意味を感じるのではないでしょうか? 自分しか知らない部分が増えることで、幸せ度も高まります。

そして理解し合えると信頼関係も構築され、心の安定につながるでしょう。

「人と深い関係が築ける」(30代・兵庫県)
「人間のそれぞれの色々な感情を知る事が出来る」(30代・大阪府)
「助け合える。通じ合っている」(30代・広島県)
「良くも悪くも味方である人、自分にも味方でいること」(30代・東京都)

【3】お互いを恋人として独占できる

男性心理として、好きな人を自分だけの特別な存在にしたい=付き合うという行為に至ると聞いたことがあります。

独占と言っても、言動や生活を束縛や制限をするわけではなく、恋人として幸せな時間を独占するという思考の方が正しいかもしれませんね。

「その人と一緒に居られる権利が得られる」(30代・東京都)
「高め合える。お互いに自己啓発ができる」(30代・北海道)
「お互いに素を出して楽に居れる」(20代・香川県)
「自分も成長できることだと思います」(30代・群馬県)

【4】人生経験になる

好きな人と付き合うということは、異性を知るための経験にもなります。恋愛を心から楽しむことで、人間としての成長にも繋がるでしょう。

愛情を与えて愛情を感じ取る、一緒に高め合い、お互いを助ける、そうやって人生の嬉しいことも悲しいことも共有できることが素敵な経験なのです。

「人生を豊かにする」(30代・埼玉県)
「自分以外の価値観を取り込むための学び。異性間の考え方のちがいを学ぶ」(30代・北海道)
「自分の価値観を広げられる。デートしたりするのが楽しい」(20代・千葉県)
「人生経験。時間を費やしている感覚」(30代・和歌山県)

【5】スキンシップをとる

肉体関係がある=付き合っているとは言えませんが、手を繋いだり、キスをしたり、体を重ねるなどのスキンシップは、普通の友達にはしませんよね。

スキンシップをとることは、お互いの愛を知るための行為のひとつ。ふたりの気持ちが一致したときに最大の幸せを感じられます。

「セックスする」(30代・千葉県)
「性的欲求の解消」(20代・長野県)
「お互いの気持ちを満たしたり安心したりプラスの感情が生まれること」(20代・大阪府)
「触れ合いドキドキする」(30代・東京都)

【6】結婚前の大切な期間

特に女性は結婚を前提に交際をスタートさせることが多いので、付き合うということは結婚前の大切な期間と考えている場合が多いようです。

家庭的的な人か、困ったときに協力してくれる人か、落ち着いて話し合いができる人かなど、大切なポイントを見極めているのでしょう。

「結婚前の準備期間」(30代・東京都)
「人生でパートナーを見つけるため」(30代・愛知県)
「結婚相手の見極め」(20代・埼玉県)

恋人と「付き合う意味がわからない」と考えてしまったことがある?

円グラフ

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20〜30代の女性100人に恋人と「付き合う意味がわからない」と考えてしまったことがある? と質問したところ、はい… 33.3%/いいえ… 56.7%という結果となりました。

「はい」と答えた3割の方は「付き合わなくてもお互い好き同士ならそれでいい」「付き合うことを意識すると愛が重くなりすぎてしまう」などの、複雑な心境がある様子。

恋人と「付き合う意味とは?」と考えてしまった理由は?

タブレットを見る男性と女性
(c)Shutterstock.com

はじめは好きで付き合ったのに、いつの間にか「なんで付き合っているんだろう」と考え込んでしまう瞬間もあるはず。

具体的にどんなことがキッカケで付き合う意味を考えてしまったのか、アンケート結果をもとにチェックしてみましょう。

【1】気持ちが冷めてしまった

恋人の愛情表現が少なくなったり、思いやりがないせいで大切にされている感覚がなくなってしまった場合は、一緒にいることを苦痛に思ってしまいますよね。

ふとひとりの時間になったときに「私は幸せなのか?」という疑問が生まれ、別れを意識してしまう場合も。

「恋愛感情がわかなくなったため」(20代・埼玉県)
「自分にとっていいことは何もないと思ったから」(30代・新潟県)
「トキメキも何もかも感じなくなってしまったとき」(30代・東京都)
「もう相手に対して好意がないと気づいたため。結婚したいと思わなくなったため」(30代・愛知県)

【2】ひとりの時間を優先したい

恋人との時間も大切ですが、それよりもひとりの時間を優先したいと思ってしまう場合は、少し愛情が薄れている証拠。

もしかしたら、一緒にいる時間が長すぎて少しマンネリ化しているのが原因かも。お互いが満足できる距離感かどうか、改めて考える必要があるでしょう。

「ひとりで趣味に没頭している時間に、連続でLINEが来たりすると、少しイラっとします」(30代・千葉県)
「ひとりの時間がもっと欲しいと思ったと」(30代・東京都)
「一人の時間がなくなる」(30代・埼玉県)

【3】相手に気を遣ってしまう

相手に気を遣ってあげるのは良いことですが、「彼氏に怒られたくない」「彼氏に嫌われたくない」などの気持ちから顔色を伺うようになるのは、恋人同士としてうまくバランスがとれていないことが原因。

自分に自信がないことから「彼氏ファースト」になりすぎているかも。

「相手の機嫌を損ねないように、気を使っていることに気づいたとき」(20代・香川県)
「最初は楽しいのに、だんだんしんどくなるから。友達と遊んだりする方が気楽だったりする」(30代・大阪府)
「大切にされなかったから」(30代・福岡県)

【4】会える時間が減った

社会人だと仕事が優先になってしまいがちで、記念日や誕生日などのイベントごとにも一緒にいられずに「これって本当に、付き合っているのかな」と不安になってしまう事例も多いよう。

大人なんだから我慢しようと思っても、寂しいときはやっぱり寂しいもの。

「お互い仕事が忙しく、連絡すら取らなかった時期が続いた時」(30代・神奈川県)
「忙しくてなかなか会ったり、連絡が出来ない、記念日さえも忘れられた時付き合うって何だろうと思った」(30代・愛知県)
「仕事が忙しくなったので」(30代・広島県)

恋人と付き合うメリットを確認

植物を手に持つ女性
(c)Shutterstock.com

「恋人がいる意味って何なの?」と考えてしまったときは、先にメリットを考えてみると納得できることも多いかもしれません。この機会に、自分と恋人との関係を見直してみるのもアリです!

【1】存在を認めてもらえる

交際を始める前は、「好きな人の前では可愛い自分でいなくちゃ」「女性らしい振る舞いを意識しないと」と少し背伸びをすることも多いですよね。ですが、付き合えたことで「自分を選んでもらえた」「今の自分で良いのだ」と自分らしくいることに喜びを感じることも多くなります。

自分でよかったと思える=自己肯定感が上がることで、女性としての魅力もますますアップするでしょう。

【2】精神的に安定する

ひとりでいるとマイナス思考になり、周りが楽しそうにしている姿をつい羨ましく思ってしまった経験はありませんか? 恋人がいれば「自分は孤独だ」とネガティブになることもなく、精神的な支えになってくれるのがメリットでもあります。

もちろん同性同士の付き合いも心の支えになるのですが、異性に甘えたくなるときや頼りたくなるときもあるものですよね。

【3】プライベートが充実する

恋人ができると、休日のデートや仕事終わりに少し会える時間が楽しみになるので、毎日がより充実します。仕事で落ち込んでも、自分を支えてくれる存在がいれば心強く、前向きな気持ちになれるでしょう。

また、夏祭り、クリスマス、お正月などの季節のイベントや、誕生日などを一緒に過ごせる恋人がいると、プライベートもより一層楽しめますよね。

【4】日々のモチベーションが上がる

恋人がいることで、仕事や家事、自分磨きなど日々のモチベーションがアップする人も多いのではないでしょうか。

そんな努力する姿をお互いに近くで見ることもできるので、相手を尊敬できるようになります。恋愛において、恋人を尊敬できるというのはとても大切なこと。交際を長続きさせるための秘訣とも言われています。

最後に

「付き合う」とは、自分が心を許した相手と親しい関係や特別な関係を作ることだと考えられます。

ですが、定義は人それぞれ。年齢、性別、過ごしてきた環境や価値観などによっても大きく変化します。

学生時代は告白して関係はっきりさせることが当たり前だと思っていても、大人になるとさまざまな事情から曖昧な関係になることも増えてくるかも。

そのため、お互いが今の関係をどうしていきたいか、どんなふたりでいたいかなどの価値観を統一させないと、勘違いのもとになりトラブルにも発展しかねません

もちろん関係性も大切ですが、1番大切なのは自分の素直な気持ち。大好きな人とずっと一緒にいられるよう、応援しています!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.03

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature