Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 【まつ毛を伸ばす方法とは】美容液は効果あるのか? 成長に欠かせない食べ物やケア方法

BEAUTY

2022.06.13

【まつ毛を伸ばす方法とは】美容液は効果あるのか? 成長に欠かせない食べ物やケア方法

メイク時は誤魔化せても、すっぴんになるとまつ毛がスカスカで短い…。そんなお悩みを抱えている女性へ、まつ毛を伸ばす方法を紹介! まつ毛は本当に伸びるのか、何を食べてどんなケアをすればいいのか解説していきます。

【目次】
まつ毛は本当に伸びる?
まつ毛を伸ばす食べ物(栄養素)って?
まつ毛美容液は効果ある?
まつ毛を減らさない努力も大事

まつ毛は本当に伸びる?

まつ毛にも毛周期がある

体の毛と同じくまつ毛にも毛周期があると言われています。基本的にこの毛周期の間に、まつ毛が生え、伸び、抜けるというサイクルを繰り返しています。まつ毛の場合このサイクルはおよそ1〜3ヶ月で繰り返していて、個人差はあるものの1日およそ0.1mm〜0.18mm伸びると言われています。

まつ毛を長く健康的に伸ばしたい場合、この毛周期を理解することが大切。どんなにケアを頑張ってもまつ毛の成長がストップし抜け落ちるときもあります。しかし、比較的まつ毛は短期間サイクルを繰り返しているので、規則正しい生活やケアを根気よく行うことで伸びやすい環境づくりが可能だとされています。

まつ毛を伸ばす食べ物(栄養素)って?

タンパク質を多く含むもの

タンパク質を多く含むもの
(c)Shutterstock.com

タンパク質は美に欠かせない栄養素。タンパク質が不足すると、肌荒れを起こしたり髪の毛やまつ毛などに影響したりします。

パーソナルトレーナー、ヨガインストラクターの八木 知美さんによると「ダイエットをしようと思うと、つい偏った食生活になりがちですよね。たんぱく質を抜いてダイエットをしてしまうと、たんぱく質が多く含まれている爪先や髪の毛先、まつ毛からボロボロになってきてしまいます」とのこと。

まつ毛がなかなか伸びない… とお悩みの方、無理なダイエットをしていたり、タンパク質食材をあまり食べていなかったりしていませんか? まつ毛だけでなく髪の毛や肌のためにも、タンパク質を多く含む食品を摂ったり、不足分をプロテインで補ったりしてできるだけタンパク質をしっかりと摂ることが推奨されています。

【パーソナルトレーナーに聞いた】プロテインの選び方は? 最適な糖質やたんぱく質の量とは?

ビオチンを含むもの

ビオチンを含むもの

ビオチンというと「爪を強化してくれる栄養素」として有名ですが、実はまつ毛を美しくしてくれる成分としても注目されています。

爪がもろくなっている方を対象に、ビオチンを6ヶ月間積極的に摂取してもらうという実験を行ったところ、爪が厚くなったという結果とともに「ビューラーのときにまつ毛が抜けにくくなった」「まつ毛が長くなった」という、まつ毛への効果を感じたモニターも多かったそう。

ビオチンを含む食べ物には、例えば以下のものがあります。

・まがれい
・鰹節
・あさり
・あんこう(肝)
・ししゃも
・バターピーナッツ
・カシューナッツ
・ごま
・アーモンド
・レバー
・卵黄
・海苔などの海藻類

食事が偏っている人はビオチンが不足している傾向にあるため、意識して摂ることが推奨されています。

美爪の人はまつげもキレイ! 積極的に摂りたい美タミンとは

まつ毛美容液は効果ある?

毛根に栄養を与え、抜けにくくする

まつ毛を伸ばしたいと思うと「まつ毛美容液」でのケアが頭をよぎる人が多いのではないでしょうか? しかしまつ毛美容液は、実際のところ効果はどれくらい感じられるものなのでしょう? まつ毛美容液を使用することで期待できる効果は以下。

・まつげが抜けにくく
・ハリやコシをアップ
・まつげを太く長く
・カールのキープ力が向上

ただし、まつ毛美容液は「育毛」を促すものではないとされています。アイテムにもよりますが、あくまでまつ毛をケアして健康的なまつ毛が生えやすい土台を作るのがまつ毛美容液の役割。

継続的なケアによって上記の効果を感じやすくなる可能性はあっても、無いまつ毛を生やすということは難しいとされています。とは言ってもやはりまつ毛が生えづらい環境は改善が必要です。まつ毛美容液で日々ケアしていくことは、まつ毛を伸ばすために無駄な努力ではないでしょう。

気になる&知りたい【まつげ美容液の効果】目指すはすっぴんでも存在感のある長いまつげ

美容液は朝晩、たっぷりつけるのが基本

美容液は朝晩、たっぷりつけるのが基本

まつ毛美容液は根気よく使用して、毛根に栄養を与え続けましょう。基本的な使い方は、先端のアプリケーターをまつ毛の際にすべらせて、美容液をたっぷりと塗布します。朝と晩の一日2回使用するのがおすすめ。

【目と目玉を守るために】お家でケアしよう!

まつ毛を減らさない努力も大事

クレンジングは専用のリムーバーを使って落とす

クレンジングは専用のリムーバーを使って落とす

クレンジング剤を顔に広げ、マスカラやアイメイクも同時にゴシゴシ擦りながら落としていませんか? これではまつ毛が抜けてしまうだけでなく、まぶたが乾燥する原因になり目のまわりの小ジワにもつながる可能性が…!

とくにウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用した日は、擦らず落とせる専用のリムーバーを使ってオフしましょう。コットンにたっぷりとリムーバーを含ませたら、ふやかすようにオフするのがポイントです。

【目と目玉を守るために】お家でケアしよう!

ビューラーの使い方にも注意

ビューラーの使い方にも注意

ビューラーは正しく使わないと、まつ毛を傷める原因に。しっかり立ち上げたいからといって力いっぱいカールしようとすると、まつ毛が切れたり抜けたりしてしまいます。根元→中間→毛先の順に3回挟み、毛先にいくほど力を抜いて正しい使い方を心がけましょう。

ホットビューラーなしでもキレイ【美まつ毛アイテムおすすめ7選】一重用も

規則正しい生活を

体に良いことはまつ毛にも良いと言われています。どんなにまつ毛ケアを頑張っても、偏った食生活や睡眠不足、ストレスフルな生活を送っていてはせっかくの努力が台無しに。

まつ毛が伸びる効果が期待できる栄養素を摂ることも大事ですが、基本的にはバランスの良い食事を心がけ、しっかり睡眠を取り適度な運動で代謝のいい体づくりを心がけましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature