Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 告白を断ったことってある?【100人に聞いた】相手を傷つけない断り方もチェック

LOVE

2022.07.18

告白を断ったことってある?【100人に聞いた】相手を傷つけない断り方もチェック

告白をされたけれど、相手のことを恋愛対象として見られなかったり、彼氏がいたりと受け入れることができないことってありますよね。本記事では「告白の断り方」をテーマに全国の女性100名にアンケートを実施。できるだけ相手を傷つけない告白の断り方とは。

【目次】
【質問】告白を断った経験はある?
告白の断り方・断る理由を体験談から紹介
相手を傷つけずに告白を断るときの注意点
彼氏がいる時に告白された時の対処法とは
最後に

【質問】告白を断った経験はある?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

告白を断った経験のアンケートでは、62.5%の方が「はい」、37.5%の方が「いいえ」と回答。6割以上の方が告白を断った経験があるという結果に。

告白は勇気のいることなので、断る側としても言葉を選んでしまうことが多いはず。続いて、アンケートに寄せられた「告白を断ったときのエピソード」を紹介します。

告白の断り方・断る理由を体験談から紹介

「ごめんなさい」を添える

気持ちはうれしいものの、受け入れることはできないため「ごめんなさい」と一言添える方が多いよう。

「ありがとう。でも、ごめんなさい」(30代・香川県)
「『ごめん。付き合えない』と答えた」(30代・京都府)
「電話でずっと好きだったと告白された。異性として考えていなかったため、ごめんなさいとお断りした」(30代・神奈川県)
「正直にごめんなさいと断った。連絡を断った」(30代・香川県)

LINEやメールで断った

直接断るよりは伝えやすい方法と言えそうです。また、LINEで告白されたから同様にLINEで断ったという回答も。

「LINEで断った」(30代・東京都)
「その場で断るのが辛かったので、少し考えさせてほしいと言って、後日LINEでお断りした」(30代・神奈川県)
「手紙やメールで告白してもらったので、手紙やメールで返事をした」(30代・京都府)
「メールで告白されたのに対して返信で「ごめんなさい」と伝えた」(20代・東京都)
「メッセージアプリで伝えました」(30代・長崎県)

恋愛対象に見られない

友だちとしては仲が良くても、彼氏としては見ることができないという回答が多く寄せられました。

「付き合うほどではない」(30代・神奈川県)
「仲の良い男友達としか思ったことがなく、相手のことを恋愛対象として接していなかったので付き合えないと断った」(20代・静岡県)
「恋愛対象としては見られないと相手に伝えた」(30代・千葉県)
「好きになれなかったので断った」(20代・兵庫県)
「生理的に嫌いだったから」(30代・広島県)

彼氏や好きな人がいる

断る理由として、他に好きな人がいることを伝えたら、相手も納得しやすいのではないでしょうか。

「とても嬉しいんですけど、彼氏がいるので、ご期待には添えません」(30代・埼玉県)
「彼氏がいたのでそう伝えて断った」(30代・岡山県)
「好きな人がいるといった」(20代・神奈川県)

恋愛に興味がない

恋愛そのものに興味がないと伝えて断ったという意見も。また、勉強や仕事など他に専念したいことがあると男性とのお付き合いに時間を割くことが難しくなりますよね。

「今は恋愛に興味ないと言って断った」(30代・愛知県)
「付き合ったら受験勉強に集中できなくなると思った」(20代・鳥取県)
「全くタイプではなかったので、傷つけないよう勉強に集中したいからと言って断った」(20代・京都府)
「恋愛する気分じゃない」(20代・京都府)

相手のことを知らない

男性が先走ってしまい、仲良くなっていない段階で告白されるケースもあるようです。

「あまり話したことがなかった」(30代・愛媛県)
「興味がない人から告白された」(30代・長野県)

年齢差が気になる

数歳の年齢差なら気にならなくても、10歳前後など大きく年齢差がある場合は、長期的に考えてお付き合いをするか悩んでしまうことも。

「年齢が離れていたため、年齢を理由に断った 私より9個下」(30代・愛知県)
「年が大分離れており、身も精神も未熟なので付き合えないと断った」(20代・兵庫県)

勇気を出して告白をしてくれた人はできるだけ傷つけないようにしたいと考える方も多いはず。続いて、告白を断る際の注意点について寄せられた意見を紹介します。

相手を傷つけずに告白を断るときの注意点

感謝を伝える

まずは気持ちを伝えてくれたことに対して感謝しましょう。気持ちはありがたく受け取った上でお断りの言葉を伝えることで誠実さが伝わるのではないでしょうか。

「100%傷つけずに断ることは難しいと思う。好意を持ってくれたことに感謝し、その後も普通に接していきたい」(20代・東京都)
「しっかりお礼を伝えること」(30代・神奈川県)
「好意を持ってくれたことに感謝をする」(30代・神奈川県)
「気持ちは嬉しいと必ず伝える」(20代・茨城県)
「告白してくれたこと、好きになってくれたことに感謝の気持ちを伝える。でも自分の気持ちもはっきり伝える」(20代・大阪府)
「断る時でもまずはお礼を言う」(20代・広島県)

嘘をつかない

傷つけるような言葉選びはしないようにした方がいいですが、変に取り繕うよりは、素直な気持ちで伝えるのが一番。

「誠実かつシンプルに、感情的にならないように伝える」(30代・長崎県)
「誠意のある態度と言葉を心掛ける」(30代・愛媛県)
「素直な気持ちを伝える」(30代・神奈川県)
「嘘をつかないこと。本音を伝える」(20代・千葉県)

相手のせいではないことを説明する

相手のことが嫌いなのではなく、友だちとして付き合っていたいなど、相手を傷つけないために、断った理由は自分の方にあると伝える方もいるよう。

「あくまでも自分の理由で断っていると強調する」(20代・神奈川県)
「相手の悪い所は言わない」(20代・静岡県)
「人間性は好きだから友達のままでいたい」(30代・神奈川県)
「相手のことが嫌いなわけではなく、いいところをきちんと伝える」(20代・鳥取県)
「相手の気持ちや人間性を否定しない」(20代・京都府)

はっきり断る

人によってはやんわりとした断り方だと、「頑張ればいけるかもしれない!」と希望を持たせてしまうこともあるかもしれません。きちんと断っていることが伝わる言葉選びも重要です。

「自分の意志を伝える」(20代・兵庫県)
「遠回しな断り方をしない」(30代・島根県)
「はっきりと伝えること。希望を持たせるとよくない」(30代・大阪府)
「傷つけないなんて不可能。自分が悪者になりたくないだけだし、中途半端な答えだと無駄な期待を持たせるかもしれない」(30代・東京都)

伝え方を考える

相手のことを考えて、断るときは人前ではしないようにしたり、オブラートに包んで伝えたりなど、伝え方を意識しているという意見も多数。

「断る時に相手の立場になって考えて、どのような言葉なら傷つかないか考える」(20代・兵庫県)
「相手のよいところを伝えてやんわり伝える」(30代・香川県)
「今後の関係性が断たれない断り方をする」(20代・東京都)
「オブラートに包んで返す」(20代・東京都)
「周りに人がいるときには断らない」(30代・神奈川県)

顔に出さない

表情からネガティブな気持ちが伝わらないようにするのも、礼儀のひとつではないでしょうか。

「嫌そうな顔をしない」(30代・岡山県)
「断る際の言葉の内容よりも、声のトーンや表情を出来るだけ柔らかくするようにしている」(20代・埼玉県)
「嫌な顔をしない」(30代・千葉県)

理由を説明

理由を添えることで、相手が納得しやすいというメリットもあります。告白された側のことを理由にするなど、告白した側が努力しても改善できないことにするというケースも。

「他に好きな人がいるって答えた方が傷つけにくいかなって思います」(30代・東京都)
「しっかり理由を話す」(30代・埼玉県)
「私情を加えずに仕事が忙しいことを真剣に伝える。誠実な人柄だとわかってもらえると思う」(20代・福岡県)

告白する気にさせない

そもそも告白されるようなムードにさせないという意見もありました。告白する側にとっては思わせぶりと感じてしまうこともあるかもしれないので、友人関係なりの距離感が必要ではないでしょうか。

「その気がないのなら告白される前にその気がないとアピール」(30代・京都府)
「相手の好意を感じてる時点で可能性がないことを示唆させる態度をとる」(30代・長野県)
「自分のダメな部分を出して相手に嫌われるようにする」(30代・兵庫県)

友達としての関係を継続

それなりに仲のいい関係なら、告白を断ったことがきっかけできまずくなってしまうのは寂しいですよね。

「断った後も仲良くしていけるように、友達として仲良くしていきたいと伝える」(30代・千葉県)

できるだけ傷つけないためには、まずは気持ちを伝えてくれたことに対して感謝したり、相手に問題があるのではなく、好きな人がいたり恋愛に興味がないなど相手のせいではないことを強調したりなどして断るという意見が。

告白してくれる気持ちはうれしいものの、彼氏がいるときに告白されるケースもあります。そんなときの上手な断り方について紹介します。

彼氏がいる時に告白された時の対処法とは

告白を断ると決めたら、相手の性格や状況によって、対処の仕方を考えて。このことを怠ると思わぬトラブルに巻き込まれてしまう場合も。たとえば、逆上されてあらぬ噂を流されたり、ストーカー化されたりすることにもなりかねません。

さっぱりした人や根に持たない人は、「彼氏がいるので」と丁寧にお断りをすればいいでしょう。しかし、根に持ったり、逆恨みをしたりなど、粘着質な人には注意が必要。こうした人には、曖昧な態度をとって隙を見せてはいけません。

なぜなら、自分の都合のいいように解釈するからです。こういう人たちには誤解を与えないためにも、たとえば今の彼氏と結婚を約束しているとか、あなたには入ってくる余地がないと思わせるような返答をしたほうが良いでしょう。

次に注意するタイプとして、自信家やプライドの高い人が挙げられます。こうした人たちに最もしてはいけないことは、プライドを傷つけること。

プライドといっても千差万別ですが、絶対にしてはいけないことが。それは、第三者を巻き込むこと。たとえば、誰かの前でお断りすることや、誰かに相談することは避けたほうがいいでしょう。断るならば2人の空間ですることが鉄則。

今後も同じ職場で仕事をする同僚だったり、頻繁に会う取引先の人だと、断りにくいですよね。しかしながら、先延ばしにしたり、返答をしなかったりということは、避けるべき。

毎日顔を合わせるのですから、「気持ちは嬉しいのですが、彼氏がいるのでお付き合いをすることができません」ときっぱりとお断りを。

その後、気まずくなるかもしれませんが、気まずいのは相手も一緒。変に意識しすぎす、時間が解決してくれるのを待ちましょう。

「彼氏がいるのに告白された」そんな時の対処法や相手の心理は? 上手な断り方や注意点もご紹介

最後に

告白を断るときは、まずは感謝を伝えるという意見が多くありました。気持ちを伝えてくれたことに対して感謝をしつつ、かつ相手の気持ちを無下にしないコミュニケーションを礼儀として大切にしている方が多いです。

ただ、人によってはやんわり伝えることで「頑張ればなんとかなるかも!」と希望を持たせてしまったり、粘着されてしまったりというケースもあるため、相手がどのようなタイプの人なのかを見ながら断り方を考えるのがおすすめ。

告白に対してすぐに返答しなくてはならないこともないと思うので、一旦冷静に考えてみる時間をつくるのもいいかもしれません。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.09

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature