Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「来る」の尊敬語・謙譲語・丁寧語をおさらい! 正しい使い方を例文付きで解説

WORK

2022.04.12

「来る」の尊敬語・謙譲語・丁寧語をおさらい! 正しい使い方を例文付きで解説

「来る」を敬語で表す際は、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3パターンに分かれます。どれを使うかによって丁寧さの度合いが変わるため、相手に合わせて使い分ける必要があるでしょう。この記事では、「来る」の尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方を例文付きで解説します。

【目次】
「来る」の敬語表現をおさらい
「来る」の敬語の正しい使い方&誤用
「来る」の対義語「行く」の敬語表現
「来る」の敬語表現を使いこなそう

「来る」の敬語表現をおさらい

(c)Shutterstock.com

ビジネスシーンなどでは、「来ること」を丁寧に伝える場面が多いでしょう。来るを敬語に言い換える際は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のいずれかを使います。

話し手と聞き手の関係性や、動作を行うのが誰なのかを考慮して、適切な表現を使い分けなければいけません。来るの敬語を正しく使えるように、それぞれの特徴をおさらいしておきましょう。

尊敬語は「いらっしゃる」など

来るの尊敬語には、主に以下の4つが用いられます。

1. いらっしゃる
2. お越しになる
3. お見えになる
4. 来られる

いらっしゃるは、1人に対しても複数人に対しても使える尊敬語です。来る以外に、「行く・居る」の尊敬語でもあります。

例えば、「お客様がいらっしゃる」は、「お客様が来る・行く・居る」の3つの意味をもちます。どの意味で用いられているのかどうかは、前後の文脈から判断しなければいけません。

お越しになるは、「足を運ぶ」「ある場所に向かう」ことを意味します。来るよりも間接的な表現のため、聞き手に柔らかい印象を与えられるのが特徴です。

お見えになるは、目上の人がこちらに来ることを表します。来るの尊敬語の中でも敬意の度合いが高いため、ビジネスシーンでも問題なく使えます。

来られるは、尊敬を表す「れる・られる」を語尾につけた表現です。尊敬語としては敬意の度合いが低いため、目上の人に対して使うのは避けたほうがいいでしょう。

なお、来られるに似た「来れる」は、ら抜き言葉という誤用表現です。広く使われている言い回しのため、来れるを使っても意味は通じるでしょう。ただし、文法的には誤りのため、正式な場面や文章を書く際には使用しないほうが無難です。

古文では、来るの尊敬語として「おはします」や「いでます」が用いられていました。特におはしますは敬意の度合いが高く、天皇や皇后に対して使うことも可能です。

謙譲語は「参る」など

来ることをへりくだって伝える場合は、来るの謙譲語を用いるのが適切です。来るの謙譲語には「参る」「伺う」の2つが挙げられます。

参るが使えるのは、「到着する場所=尊い場所」が成り立つ場合です。例えば、実家に帰ることを上司に伝える場面をイメージしましょう。この場合に実家を尊い場所として扱うのは不自然なため、「実家に参ります」と表現するのは正しくありません。

なお、参るは行くの丁寧語としても用いられます。相手の動作に敬意を込めて、「ご一緒に参りましょう」などの形で使うのが基本です。

訪問することをへりくだって伝える際は、伺うを使うといいでしょう。単に「伺います」と言っても問題ありませんが、「お」を付けて「お伺いします」とすると、さらに敬意を込められます。

丁寧語は「来ます」

来るを丁寧語で表す際は、来ますが使えます。「明日は○○さんが来ます」「○○さんは来ますか」といった形で使うのが一般的です。

ただし、来ますには尊敬の意味が込められていないため、上司や取引先に使うと無礼に思われる可能性があります。ビジネスシーンで来ますと伝える場合は、目上の人ではなく、同僚や部下に限定して使うのが無難です。

「来る」の敬語の正しい使い方&誤用

(c)Shutterstock.com

ここまでご紹介したとおり、来るの敬語にはさまざまな種類があります。状況や相手に応じて使い分ける必要があるため、正しい使い方を理解しておきましょう。

また、来るの敬語を誤った形で使ってしまうケースも少なくありません。敬意を込めたつもりが、かえって失礼になることもあるため、よくある誤用表現を知っておくことが大切です。ここでは、来るの敬語の使い方や誤用について解説します。

【例文付き】「来る」の敬語の正しい使い方

来るの敬語を使う場面には、「相手が来る」「相手に来てもらうよう依頼する」「自分が行く」の2パターンが考えられます。それぞれの場面で使える敬語表現を以下にまとめました。

【相手が来る場面で使える敬語表現】
・1時間後、社長がお見えになります。
・お越しになる際は、私がお迎えに参ります。
・○○様がいらっしゃいました。
・先日は弊社にお越しいただき、誠にありがとうございました。

【相手に来てほしいと依頼する場面で使える敬語表現】
・ぜひお越しくださいますよう、お待ちしております。

【自分が行く際に使える敬語表現】
・明日は部長の○○と一緒に参ります。
・○月○日にお伺いします。

これらの表現は、口頭はもちろんビジネスメールでも使えます。ただし、お見えになるは口語的なニュアンスを含むため、メールや文書では使用を控えるのが無難です。

「来る」の敬語のよくある誤用

来るのよくある誤用として、目上の人が来たことを「参られました」と表すケースが挙げられます。参るはへりくだった言い方のため、目上の人の動作を表現する言葉としては不適切です。この場合は、「お見えになりました」「いらっしゃいました」などを使いましょう。

また、お見えになるを「お見えになられる」にするのもよくある誤用です。お見えになられるは、尊敬表現のお見えになると「お〜になられる」が重複した二重敬語です。二重敬語はまわりくどい印象を与えるため、使わないように注意しましょう。

「来る」の対義語「行く」の敬語表現

(c)Shutterstock.com

ビジネスシーンなどでは、来るの対義語「行く」を敬語で表すこともよくあります。行くことを丁寧に伝える際も、来ると同様に尊敬語・謙譲語・丁寧語のいずれかを使います。

【尊敬語】
・おいでになる
・行かれる
・いらっしゃる

【謙譲語】
・参る
・伺う

【丁寧語】
・行きます

来るの敬語表現と重複するものもあるため、それぞれの使い方を整理しておきましょう。ここでは、行くの敬語表現を例文とともに解説します。

尊敬語は「おいでになる」など

動作を行うのが目上の人の場合は、行くの尊敬語を使うのが適切です。特にビジネスシーンでは、取引先や顧客に対して使うのがふさわしいとされています。行くの尊敬語の具体的な使い方を例文で確認しましょう。

・来週のパーティーにおいでになりますか。
・○○へはよく行かれるのですか。
・先日のイベントにいらっしゃったようですね。

謙譲語は「参る」、丁寧語は「行きます」など

自分や自社の人が行くことを伝える際は、謙譲語の参るや伺うが適しています。これらは、敬意を込める相手に応じて使い分ける必要があります。

例えば、聞き手に敬意を込める場合や、行き先に敬意を込める相手がいない場合には参るが適切です。反対に、敬意を込める相手が行き先にいる場合には、伺うを使うのが正しいとされています。

行くを丁寧語で表す際は、行きますが使えます。敬意が伝わりにくい表現のため、目上の人に対して使うのは避けましょう。行くの謙譲語・丁寧語を使った例文は以下を参考にしてください。

・明日の午後2時に参ります。
・当日は直接そちらへ伺います。
・明日のイベントに行きます。

「来る」の敬語表現を使いこなそう

(c)Shutterstock.com

来るの敬語表現には、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つがあります。目上の人が来る場合は尊敬語を、動作を行うのが自分の場合は謙譲語や丁寧語を使うのが基本です。

状況や相手との関係によって適切な表現が異なるほか、誤った形で使ってしまうケースも少なくないため、正しい使い方を理解することが重要です。例文などを参考にしながら、来るの敬語表現を使いこなしましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature