気温10度の服装【2024年】最高・最低気温に合わせた上手なアウターの使い方39選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 気温10度の服装【2024年】最高・最低気温に合わせた上手なアウターの使い方39選

FASHION

2024.03.26

気温10度の服装【2024年】最高・最低気温に合わせた上手なアウターの使い方39選

体感的に寒さを感じる「気温10度」の日。ただ、外の空気は春らしさを感じるので、気持ちと服装がちぐはぐになりがち。今回は冬~春へと移行するこの時季ならではのレディースコーデをピックアップ!着ると少し暑いかもと感じるダウンも、実は着こなし方で気温10度のときに活躍してくれます。

【気温10度の日】快適な服装は?

冬の寒さに耐えていると、春の気温10度ってずいぶんと暖かな印象ですよね。そろそろ冬から春コーデへのアップデートが必要なとき。そこで、寒暖差が激しい日も多くて切り替えが難しい季節の服装をご紹介。防寒しながらおしゃれを楽しむ着こなしをチェックしてみて。

〈POINT〉
・寒風が吹く春の日は「防風アウター」を
・寒暖差がある日は「レイヤード」で気温調整
・抜け感や春らしさは「足元や小物」で表現

〈お手本コーデ〉

【最低気温10度の日】脱ぎ着しやすい服装が◎、持ち運びしやすい軽アウターが活躍

春のワントーンコーデ 春服

ワントーンコーデにキレイ色カーディガンをプラスして、爽やかな着こなしに。ヘアは、ざっくりと巻いた軽やかなスタイリングがぴったり。

明るめワントーンの抜け感が春っぽムードを連れてくる♡

【最高気温10度の日】重ね着で暖かさをキープ!アウターも暖かさ重視で

スカートコーデ 白タイトスカートコーデ

コートやニットはついダークカラーについ偏りがち。白のストレッチタイトスカートを差せば、たちまち全身がキレよくブライトアップ。ギュッと肉厚な素材感だから、白でも寒々しさは皆無。

まだ手放せぬ冬コート…白タイトスカートで春の気配をひとさじ♡

【最低気温10度の服装】春らしさに合わせ軽めのアウターに

同じ気温10度の日でも、太陽が出ていて風もない日と、曇り空で風が強い日では感じる寒さは段違い。ここでは、さままざまなシチュエーションに備えて、バリエーション豊富な春コーデを集めました。白で抜け感を出したり、小物はチアフルな色を選ぶなど、春らしさを意識するとおしゃれにまとまります。

◆「ジャケット」を使ったコーデ

ネイビージャケット×グレーカットソー×ピンクパンツ

春のピンクコーデ

ラベンダー寄りのピンクパンツは、ゆったりしたタックシルエットも相まってクールで大人っぽい雰囲気。青みのあるピンクは、実はネイビーと好相性。紺ブレで印象を引き締めて、新しい通勤ピンクにアプローチ。

大人の「洗練ピンク」が通勤のレパートリーを広げてくれる!

ツイードジャケット×白シャツ×黒パンツ

ツイードジャケット×ラガーシャツコーデ

旬のツイードジャケットに、クロップド丈のラガーシャツ。ちょっと攻めた組み合わせも、着慣れたモノトーンなら臆せずトライできる。上半身にボリュームがあるので、ボトムは細身の黒パンツですっきりまとめるのが正解。

トレンド感強めのアイテムも、モノトーンならすんなり攻略!

レザージャケット×ニット×ラベンダーカラーのスカート

春のきれい色コーデ

かっこよく着たい気分のきれい色スカートには、レザージャケットのキレのよさがぴったり。ネイビー×ラベンダーは青みのある寒色同士だから強くなりすぎず、媚びない甘さのカラースカートスタイルを実現。

春の注目色「パウダリーなラベンダー」は、辛口にカジュアルに着こなしたい

黒ジャケット×スリップワンピース×白シャツ

黒ジャケット×スリップワンピース×白シャツコーデ

黒&サテン素材のスリップワンピースは、大人の色気が香る一枚。そこへあえて、知的なムードの白シャツをイン。さらに、黒のダブルジャケットをひっかけて、小物も黒で統一。モードなアプローチで、モノトーンルックを新たなフェーズに。

白と黒だけで盛る!削ぎ落した配色が導くきれいめワンピスタイル

テーラードジャケット×Tシャツ×ラメストレッチタイトスカート

テーラードジャケット×Tシャツ×ラメストレッチタイトスカートコーデ

縦に流れるストレッチタイトだから、ラメも派手にならずにモードな雰囲気。テーラードジャケットとの掛け合わせもスタイリッシュに。素足にショートブーツで、スリットの抜け感を生かして。

トレンドのラメ素材「ストレッチタイトスカート」で着回しコーデ

ベージュノーカラージャケット×ダンガリーシャツ×黒パンツ

ベージュノーカラージャケット×ダンガリーシャツ

ベージュジャケット×黒パンツのベーシックな装いは、カジュアルなダンガリーシャツとのレイヤードでセンスよく。いつものノーカラージャケットがシャツとのメリハリ効果で存在感アップ。

ダンガリーシャツにジャケットを重ねた新顔レイヤードスタイル

黒ノーカラージャケット×ネイビーニット×ベージュワイドパンツ

黒ノーカラージャケット×ネイビーニット×ベージュワイドパンツ

キリっとかっこいいのに女らしい、そんな着こなしを叶えるシックなノーカラージャケット。コンサバなショート丈アウターとワイドパンツに、さりげなく抜け感を生むネイビーニットをなじませて上品な洒落感を。

上品かつオシャレに! きれいめパンプスになじむ靴下の合わせ方は…?

グレンチェックのツイード風ノーカラージャケット×白のブラウス×デニム

グレンチェックのツイード風ノーカラージャケット×白のブラウス×デニム

クラシカルなムードがあり一枚できちんと感もキープ。改めて注目を集めているツイードジャケットは、レイヤードに向いたゆったりサイズや中綿インナー付きなど冬~春先まで使えるタイプもあるので、シーズンを超えて楽しめる。

1枚でサマ見えする中綿インナー付きツイードジャケットが主役

オレンジと黒のチェック柄のツイード風ノーカラージャケット×デニム

オレンジと黒のチェック柄のツイード風ノーカラージャケット×デニム

カジュアルすぎない着こなしには、クラシカルで華やかなツイードジャケットをチョイス。オレンジ×黒のチェック柄に金ボタンがあしらわれた一枚は主張が強めだから、パンツや靴はシンプルでOK!

ツイードジャケットでスニーカースタイルを大人ムードに!

◆「ブルゾン」を使ったコーデ

ベージュブルゾン×ベージュカットソー×白スカート

ベージュのブルゾンコーデ

春になったらベージュアウター×白スカートの王道配色を楽しみたい。スニーカーを合わせても程よくカジュアル。

ベージュ×白ってやっぱり最高♡ 春のきれいめカジュアル

ベージュブルゾン×パンツのセットアップ×ブルーカットソー

春のセットアップコーデ

カジュアルな素材感でも、ベースがきちんときれいなセットアップだから、上品小物も合わせやすい。インナーに色を差してセンスを発揮して。

リネン素材なら“セットアップなのにリラクシー”が叶う♡

白ブルゾン×シャツ×タイトスカート

白ブルゾン×シャツ×タイトスカート

女っぷりのいいロングタイトスカートでシャキッとさせつつ、白ブルゾンで今どきの勢いをプラス。新しいワーキングスタイルの完成!

スカートにはバランス感抜群のスポーティアウターで!

◆「キルティングコート」を使ったコーデ

カーキのキルティングアウター×黒Tシャツ×白のスカート

カーキのキルティングアウター×黒Tシャツ×白のスカート

冬~春はスカートや小物までキルティング生地モノが引っ張りだこ。中でも取り入れやすいのは、きれいめな着こなしに仕上がるショート丈のアウター。直線的なキルティングと長めのリブ袖がシャープな印象に導いてくれる。

キルティングアウターで着こなしをシャープ&ジェニックに♡

ディープグリーンのキルティングコート×黒のニット×デニム

ディープグリーンのキルティングコート×黒のニット×デニム

デニムを合わせる際は、ただのカジュアル止まりにならないように仕上げるのがポイント。首元のレースやポインテッドトウ、フレアな裾などに女っぽさを漂わせて◎

冬のアウターなら断然キルティング! メリハリUPな着こなしが叶う♡

黒のキルティングコート×黒ニット×黒パンツ

黒のキルティングコート×黒ニット×黒パンツ

ニットとスウェードパンツのやわらかな組み合わせが◎! キツく見えすぎないキルティングアウターでキレを加えて。キルティングならではの模様の後押しもあり、黒の着こなしが一気に冴える。仕上げにあえてかごバッグを合わせて、抜け感をだすのがポイント!

冬の新顔アウターなら断然キルティング! メリハリUPな着こなしが叶う♡

ネイビーのキルティングコート×ネイビーのパンツ

ネイビーのキルティングコート×ネイビーのパンツ

軽やかなキルティングコートを軸にした、ネイビーのワントーンコーデ。このままだと冬からのアップデートができていないので、春らしいカラフルなバッグを持ってチアフルに。

ダークトーンコーデに春を! コツはバッグにあり♡

◆「トレンチコート」を使ったコーデ

トレンチコート×バレルパンツ×オレンジカーディガン

トレンチコート×バレルパンツ×オレンジカーディガン

トレンチコートのきれいめなトラッドアイテムに、今っぽい空気感を加味するバレルパンツ。足元はメッシュパンプスで女っぽい抜け感を。

トラッドに今っぽい空気感を加味するバレルパンツ

グレージュのトレンチコート×ライトグレーのパンツ

グレージュのトレンチコート×ライトグレーのパンツ

黒スポーティアウターにトレンチを重ねたワザありなスタイル。シャキッとした質感が、スウェットよりも鮮度を高めてくれる。

スポーティアウターにトレンチコートで重ね着する新発想!

ベージュのトレンチコート×白のブラウス×白パンツ

ベージュのトレンチコート×白のブラウス×白パンツ

Vネックブラウスとイージーパンツでつくる、白のワントーンコーデ。リラックス感のある装いもトレンチのバサッと感があれば、しっかりまとまる。エコバッグも色味にこだわってミニマルに。

オールホワイトの着こなしはトレンチコートが好相性・好バランス!

白パーカー×黒のチェック柄ワイドパンツ×黒トレンチコート

白パーカー×黒のチェック柄ワイドパンツ×黒トレンチコート

トラッドな縦長シルエットに白パーカーで遊びをプラス。寒暖差が激しい春の日は、厚手のトップス×薄軽コートでリラックス感のある休日コーデに。

週末の気分に似合うリラックス感は白パーカーで演出!

【最高気温10度の服装】もう少し厚手アウターに頼って

ダウンは一番寒い冬の日のアウターというイメージですが、ショート丈のダウンジャケットなら春コーデを先どりしたいときの着こなしにマッチ。ここでは、着映え力の高いカラーダウンや、立体感を意識したミニマムシルエットなど、大人カジュアルにまとめた早春コーデをピックアップ!

◆冬~春向け「ダウン」を使ったコーデ

白ショートダウン×ニットベスト×デニム

白ダウンコーデ

オーセンティックさに白のダウンでかわいさをプラス。マットでさらっとした素材感が、ニットベストとリジッドデニムの定番スタイルに、キュートなニュアンスをプラス。

「ダウンジャケット」の最旬着こなしアイディア4選|きれいめにもカジュアルにも!

黒ダウン×ドット白フレアスカート

黒ダウンジャケット×白フレアスカートコーデ

まるっとしたシルエットが愛らしい黒ダウンに、ドットがちりばめられた軽やかな生地の白フレアを。重量感のギャップで洒落て見せるのも、今っぽくまとめるテクニック。

定番モノトーンは重×軽素材のギャップで洒落見え♡

グリーンのショートダウン×白ニット×グレータックパンツ

グリーンダウンコーデ

きめ細かくマットな光沢感のある生地に中綿がむちっと詰まったショート丈のダウン。袖と背中は斜めステッチでモダンな印象。ハイネックとジャージー素材のタックパンツを淡いトーンにまとめて、パキッとしたグリーンを引き立てる着こなしに。

ウールリッチのダウンで明るく今冬を乗り越えたい♡

ライトベージュのショートダウン×レザーロングスカート

ライトベージュのショート丈ダウンジャケット×レザーロングスカート

ぐっと短い着丈のダウンは、ライトベージュも相まってとびきり軽やか。袖の内側にリブ切り替えが配され、動きやすさと美シルエットに貢献。

着回し力も高! きれいめ派におすすめしたい「ライトベージュのダウンコート」3選

黒ショートダウン×イエローフレアスカート×ハイテクスニーカー

黒ダウンジャケット×イエローフレアスカート×ハイテクスニーカー

ストレッチ性と撥水性のあるマットな高密度織りの生地を、ミニマルなボックスシルエットに仕立てたダウン。きれい色のフレアスカート×スニーカー合わせで、大人可愛くカジュアルダウンすればこなれ感のある着こなしに。

「ダークカラー」のモードなデザインが推し♡

黒ショートダウン×ブラウンニットワンピース

黒ショートダウンジャケット×ブラウンニットワンピース

ダウンジャケットとニットワンピースのメリハリコーデは、足元にハイテクをプラスして今どきに。派手めカラーなら、ダークトーンの着こなしもグッと明度が上がる。

ダウンとスニーカーでニットワンピをスポーティに

ベージュのショートダウン×カーキのニットパンツ

ベージュのショートダウンジャケット×カーキのニットパンツ

アクティブなダウンジャケットとニットパンツのリラックスコーデ。春の旅行は移動中も滞在先でもストレスフリーで過ごせる着こなしが気分。

ワーケーションへはリラックスできるニットパンツが相棒

ブラウンダウン×白ニットタイトスカート

ブラウンダウンジャケット×白ニットタイトスカート

リラックス感と女らしさで人気が続くニットタイトは、ダウンジャケットとのセットでスタイルアップ。足元に厚底スニーカーで重心を上げれば、今どきのメリハリ感が叶う。

ニットタイトはハイテクスニーカーとのセットが今っぽい!

◆「ショート丈コート」を使ったコーデ

もこもこブルゾン×プルオーバー×黒スカート×白スニーカー

もこもこブルゾン×プルオーバー×黒スカート×ハイテクスニーカーコーデ

スカートをバランスアップしたいときは、きれいめハイテクスニーカーが便利!ソールのオレンジとアームウォーマーのカラーをリンクさせて、フレッシュなアクセントに。

タイトスカートとも好バランス!盛れる厚底スニーカーがとにかく使える

黒メルトンコート×タートルネックニット×ミニスカート×肩掛けニット

黒メルトンコート×タートルネックニット×ミニスカート×肩掛けニット×ロングブーツコーデ

まろやかなオフ白、上質なウール素材、膝上のレングス。上品なミニスカートで、マンネリしがちなモノトーンスタイルをブラッシュアップ! クロップド丈がチャーミングな黒のメルトンコート、さらに黒タートルを合わせて、クラシックに振るのも新鮮。

上品なミニスカートで、モノトーンスタイルをブラッシュアップ!

グレーコート×白スウェット×黒パンツ

オブラダのスウェットコーデ

ニュートラルでクリーンな白スウェットで最新コーディネートにトライ! ニットよりも気軽で手軽。その絶妙な力の抜きっぷりで、最先端の着こなしが等身大に仕上がる。

最新コレクションでも提案されているジャケット腰巻きにトライ

ブラウンのショートコート×白のカットオフデニム

ブラウンのショートコート×白のカットオフデニム

あいまいカラーのニットとカットオフデニムのワントーンコーデ。ウール100%のブラウンコートを合わせて大人仕上げに。ブラウン×モスグリーンのチョコミント配色がおしゃれ。

働く30歳からにオススメ! 着回し抜群の「フーデッドショートコート」4選

イエローのショートコート×ブラウンのタートルネック×デニム

イエローのショートコート×ブラウンのタートルネック×デニム

鮮やかなイエローが映えて春への移り変わりにぴったりな一着。ノーカラー&ボタンレスのシンプルさがどんなトップスとも好相性。リバーシブル仕様でシックなベージュコートとしても活躍!

ブルーチェックのショートコート×白のスウェット×カーキパンツ

ブルーチェックのショートコート×白のスウェット×カーキパンツ

ダークカラーのスタイルが多くなりがちな冬から春になるタイミングも活用できるのは、ネイビー×ブラウンのチェック柄で鮮度の高い旬の着こなしに。

白のショート丈ボアコート×黒のニット×黒のスカート

白のショート丈ボアコート×黒のニット×黒のスカート

裾と袖を絞った、まあるいフォルムがチャーミング♡ 大きめの襟が印象的なボアコート。辛口のブルゾン風のデザインをベースだけど上品に仕上がるのは、白をチョイス&シンプルな素材を活かしているから!

冬に買って春先まで使える! 映える「ショートコート」【EC限定ブランド】

グレーのショートコート×白のブラウス×グレーのパンツ

グレーのショートコート×白のブラウス×グレーのパンツ

クールなグレーと白の中に、ブラウスで甘さをひとさじ。旬の大きめ襟がシンプルなデザインでも地味に見えないようにカバーしてくれます。

ベージュのショートコート×白黒ハーフトップス×黒のパンツ

ベージュのショートコート×白黒ハーフトップス×黒のパンツ

トレンドトップスのゆるりとした雰囲気そのままで着られるのも、フーデッドショートコートが推しの理由。フード付きなのでいざというときに使えるのも嬉しい。

働く30歳からにオススメ! 着回し抜群の「フーデッドショートコート」4選

春らしさを出したいときは抜け感を!

気温10度の日に春らしさを出すときは、抜け感をつくるのが大事なポイントです。取り入れやすいところでは、明るいトーンで統一したり、きれい色の差し色、足首や手首などの肌見せなどが簡単でおすすめです。おしゃれ上級者は、ボトムスと靴の間を薄手のタイツや靴下でつなぐところまで、意識してみてください。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.04.15

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

Oggi5月号46ページに掲載しているアルアバイルのライトベージュのジャケットの値段に誤りがありました。正しくは¥49,500になります。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。