Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 気温10度の服装|最高・最低気温に合わせた上手なアウターの使い方38選

FASHION

2022.03.30

気温10度の服装|最高・最低気温に合わせた上手なアウターの使い方38選

気温10度は、正直言って体感的にはまだ肌寒い! それなのに、外の空気は春らしさを感じるから、気持ちと服装がちぐはぐに…。今回は冬~春へと移行するこの時季ならではのレディースコーデを掲載します。着ると少し暑いかもと感じるダウンも、実は着こなし方で気温10度のときに活躍してくれます。

【目次】
「気温10度」のときに着たい春の服装は?
もう少し厚手アウターに頼りたい【最高気温10度】の服装
春らしさに合わせ軽めのアウターに【最低気温10度】の服装
最後に

「気温10度」のときに着たい春の服装は?

冬の寒さに耐えていると、春の気温10度ってずいぶんと暖かな印象ですよね。そろそろ冬のコーデから春へとアップデートが必要だけど、寒暖差が激しい日も多くて切り替えが難しく悩ましい季節。今回は冷え込む日のダウンコーデや、春らしさと暖かさを兼ね備えたレイヤードコーデを紹介します。

〈POINT〉
・寒風が吹く春の日は「防風アウター」を
・寒暖差がある日は「レイヤード」で気温調整
・抜け感や春らしさは「足元や小物」で表現

もう少し厚手アウターに頼りたい【最高気温10度】の服装

ダウンは一番寒い冬の日のアウターというイメージですが、ショート丈のダウンジャケットなら春コーデを先どりしたいときの着こなしにマッチ。ここでは、着映え力の高い白ダウンや、立体感を意識したミニマムシルエットなど、大人カジュアルにまとめた早春のコーデを紹介します。

◆冬~春向け「ダウン」を使ったコーデ

【1】黒ショートダウンジャケット×ブラウンニットワンピース

黒ショートダウンジャケット×ブラウンニットワンピース

ダウンジャケットとニットワンピースのメリハリコーデは、足元にハイテクをプラスして今どきに。派手めカラーなら、ダークトーンの着こなしもグッと明度が上がる。

ダウンとスニーカーでニットワンピをスポーティに

【2】黒ダウンジャケット×ブラウンニットワンピース×黒レギンス

黒ダウンジャケット×ブラウンニットワンピース×黒レギンス

ダウンジャケットと裏起毛のレギンスを合わせて、ニットワンピを暖かくコーディネート。スポーティにまとめて、こなれた雰囲気に。

ダウンと裏起毛ニットレギンスで屋外でもあったかスタイルに♡

【3】黒ダウンジャケット×グレーニット×パープルパンツ

黒ダウンジャケット×グレーニット×パープルパンツ

赤みがかったパープルパンツに黒ダウンジャケットを合わせた、ちょっぴりモードなアスレジャースタイル。たくさん買い物する日は、防寒ばっちりなスポーティコーデとサブバッグで。

あったかスポーティコーデをお茶目な小物で外して

【4】白ダウンジャケット×白ワイドパンツ

白ダウンジャケット×白ワイドパンツ

スポーティ感が強いダウンジャケットも、キルティング加工なら洗練された雰囲気に。センタープレス入りのパンツ合わせでメリハリを効かせ、奥行きを意識したボーダー柄でマリンテイストをひとさじ。

メリハリあるオールホワイトでフェミニンな魅力全開!

【5】白ダウンジャケット×ブラウン細身パンツ

白ダウンジャケット×ブラウン細身パンツ

旬のブラウンコーデに、白のダウンジャケットを合わせたコーデ。すっきりとした白は、ダークカラーコーデの抜け感づくりに頼れる存在。スニーカーにも白をリフレインさせてすっきりと。

おすすめハイテクスニーカー&コーデ|細身パンツにハイテクスニーカーを合わせて今どきバランス♡

【6】白ダウンジャケット×黒カーデ×黒ワイドパンツ

白ダウンジャケット×黒カーデ×黒ワイドパンツ

真っ白なダウンジャケットは、その明るさで、インナーとしてだけでなくアウターとしても着映えが叶う一枚。カーデ×パンツのブラックコーデと合わせれば、シンプルなモノトーンでらくちんカジュアルに。

連休明けの締めくくりはモノトーンでらくちんカジュアル!

【7】ベージュのショートダウンジャケット×カーキのニットパンツ

ベージュのショートダウンジャケット×カーキのニットパンツ

アクティブなダウンジャケットとニットパンツのリラックスコーデ。春の旅行は移動中も滞在先でもストレスフリーで過ごせる着こなしが気分。

ワーケーションへはリラックスできるニットパンツが相棒

【8】ブラウンダウンジャケット×白ニットタイトスカート

ブラウンダウンジャケット×白ニットタイトスカート

リラックス感と女らしさで人気が続くニットタイトは、ダウンジャケットとのセットでスタイルアップ。足元に厚底スニーカーで重心を上げれば、今どきのメリハリ感が叶う。

ニットタイトはハイテクスニーカーとのセットが今っぽい!

◆「ショート丈コート」を使ったコーデ

【1】ブラウンのショートコート×白のカットオフデニム

ブラウンのショートコート×白のカットオフデニム

あいまいカラーのニットとカットオフデニムのワントーンコーデ。ウール100%のブラウンコートを合わせて大人仕上げに。ブラウン×モスグリーンのチョコミント配色がおしゃれ。

働く30歳からにオススメ! 着回し抜群の「フーデッドショートコート」4選

【2】ピンクのニットコート×ブルーデニム

ピンクのニットコート×ブルーデニム

シンプルなブルーデニムが、着心地のいいピンクのニットジャケットでいっそうキュートに。Tシャツのロゴや腰に巻いたニットで、ジャケットのピンクとの濃淡コントラストがなめらかになって、こなれ感もアップ。

大好きな色がもたらすパワーは絶大! 濃淡ピンクコーデ

【3】イエローのショートコート×ブラウンのタートルネック×デニム

イエローのショートコート×ブラウンのタートルネック×デニム

鮮やかなイエローが映えて春への移り変わりにぴったりな一着。ノーカラー&ボタンレスのシンプルさがどんなトップスとも好相性。リバーシブル仕様でシックなベージュコートとしても活躍!

【4】ブルーチェックのショートコート×白のスウェット×カーキパンツ

ブルーチェックのショートコート×白のスウェット×カーキパンツ

ダークカラーのスタイルが多くなりがちな冬から春になるタイミングも活用できるのは、ネイビー×ブラウンのチェック柄で鮮度の高い旬の着こなしに。

【5】白のショート丈ボアコート×黒のニット×黒のスカート

白のショート丈ボアコート×黒のニット×黒のスカート

裾と袖を絞った、まあるいフォルムがチャーミング♡ 大きめの襟が印象的なボアコート。辛口のブルゾン風のデザインをベースだけど上品に仕上がるのは、白をチョイス&シンプルな素材を活かしているから!

冬に買って春先まで使える! 映える「ショートコート」【EC限定ブランド】

【6】ブルーのショートコート×ネイビーのセットアップ

ブルーのショートコート×ネイビーのセットアップ

コート自体の形はシンプルだけど立体感があるので、きれいめ仕様のニットセットアップをモダンに昇華。リラクシーに軽やかにあくまで都会的に着こなすのが理想。

ロンハーマン【ショートコート】で冬のレイヤードを楽しんで|金子 綾さんレコメンド

【7】グレーのショートコート×白のブラウス×グレーのパンツ

グレーのショートコート×白のブラウス×グレーのパンツ

クールなグレーと白の中に、ブラウスで甘さをひとさじ。旬の大きめ襟がシンプルなデザインでも地味に見えないようにカバーしてくれます。

【8】ベージュのショートコート×白黒ハーフトップス×黒のパンツ

ベージュのショートコート×白黒ハーフトップス×黒のパンツ

トレンドトップスのゆるりとした雰囲気そのままで着られるのも、フーデッドショートコートが推しの理由。フード付きなのでいざというときに使えるのも嬉しい。

働く30歳からにオススメ! 着回し抜群の「フーデッドショートコート」4選

春らしさに合わせ軽めのアウターに【最低気温10度】の服装

同じ気温10度の日でも、太陽が出ていて風もない日と、曇り空で風が強い日では感じる寒さは段違い。ここでは、さままざまなシチュエーションに備えて、バリエーション豊富な春コーデを集めました。白で抜け感を出したり、小物はチアフルな色を選ぶなど、春らしさを意識するとおしゃれにまとまります。

◆「ノーカラージャケット」を使ったコーデ

【1】白ノーカラージャケット×白ニット×グレーデニム

白ノーカラージャケット×白ニット×グレーデニム

ノーボタン&ノーカラーのベーシックすぎないジャケットは、カーディガン感覚でON。シックにはけて大人向きのニュアンシーなグレーデニムと組み合わせて、親近感のあるジャケットスタイルに。

春のジャケットコーデは【グレーデニム】で鮮度を上げて! 着こなし4選

【2】ベージュのジャケット×白のニット×ネイビーのスカート

ベージュのジャケット×白のニット×ネイビーのスカート

トップスのシアーな直線切り替えがノーカラージャケットと好相性! ベアタイプのカップ付きインナーをレイヤードして、アクセサリーいらずの華やかさとデコルテの抜け感で女らしさアップ。

デコルテの透け感が大人っぽいジャケットスタイル

【3】ベージュノーカラージャケット×ダンガリーシャツ

ベージュノーカラージャケット×ダンガリーシャツ

ベージュジャケット×黒パンツのベーシックな装いは、カジュアルなダンガリーシャツとのレイヤードでセンスよく。いつものノーカラージャケットがシャツとのメリハリ効果で存在感アップ。

ダンガリーシャツにジャケットを重ねた新顔レイヤードスタイル

【4】ベージュのツイード風ノーカラージャケット×白ロングスカート×黒Tシャツ

ベージュのツイード風ノーカラージャケット×白ロングスカート×黒Tシャツ

白フレアのロング丈スカートでも、かっちりとしたツイードジャケットと黒Tシャツのバランスで甘さを抑えて。淡い配色のなかに、小物でところどころ黒を散りばめれば、全体の印象もぼけずにキリッと締まる。

甘くならない【ふんわりフレアスカート】の着こなし5TIPS

【5】ツイード風ノーカラージャケット×スタンドカラー白シャツ

ツイード風ノーカラージャケット×スタンドカラー白シャツ

カーディガンのように軽やかにはおれるノーカラージャケット。ツイードライクな見た目とポケットの位置がどこかクラシカルな印象なので、ロング丈の白シャツスタイルでクリーンさを後押し。

着心地ラクちんでもきちんと見え! カーディガンジャケット6選

【6】黒ノーカラージャケット×ネイビーニット×ベージュワイドパンツ

黒ノーカラージャケット×ネイビーニット×ベージュワイドパンツ

キリっとかっこいいのに女らしい、そんな着こなしを叶えるシックなノーカラージャケット。コンサバなショート丈アウターとワイドパンツに、さりげなく抜け感を生むネイビーニットをなじませて上品な洒落感を。

上品かつオシャレに! きれいめパンプスになじむ靴下の合わせ方は…?

【7】ツイード風ノーカラージャケット×英字Tシャツ×ピンクスカート

ツイード風ノーカラージャケット×英字Tシャツ×ピンクスカート

潔く大胆なピンクスカートが華やぎUP。どこかにカジュアルな要素を必ず入れてバランスを保つのが大人が着るピンクのコツ。パールのあしらいとラフな裾のギャップが絶妙。

着回し力の高いジャケットならノーカラーツイード! 最新コーデ4選

【8】グレンチェックのツイード風ノーカラージャケット×白のブラウス×デニム

グレンチェックのツイード風ノーカラージャケット×白のブラウス×デニム

クラシカルなムードがあり一枚できちんと感もキープ。改めて注目を集めているツイードジャケットは、レイヤードに向いたゆったりサイズや中綿インナー付きなど冬~春先まで使えるタイプもあるので、シーズンを超えて楽しめる。

1枚でサマ見えする中綿インナー付きツイードジャケットが主役

【9】オレンジと黒のチェック柄のツイード風ノーカラージャケット×デニム

オレンジと黒のチェック柄のツイード風ノーカラージャケット×デニム

カジュアルすぎない着こなしには、クラシカルで華やかなツイードジャケットをチョイス。オレンジ×黒のチェック柄に金ボタンがあしらわれた一枚は主張が強めだから、パンツや靴はシンプルでOK!

ツイードジャケットでスニーカースタイルを大人ムードに!

◆「キルティングコート」を使ったコーデ

【1】カーキのキルティングアウター×黒Tシャツ×白のスカート

カーキのキルティングアウター×黒Tシャツ×白のスカート

冬~春はスカートや小物までキルティング生地モノが引っ張りだこ。中でも取り入れやすいのは、きれいめな着こなしに仕上がるショート丈のアウター。直線的なキルティングと長めのリブ袖がシャープな印象に導いてくれる。

キルティングアウターで着こなしをシャープ&ジェニックに♡

【2】ディープグリーンのキルティングコート×黒のニット×デニム

ディープグリーンのキルティングコート×黒のニット×デニム

デニムを合わせる際は、ただのカジュアル止まりにならないように仕上げるのがポイント。首元のレースやポインテッドトウ、フレアな裾などに女っぽさを漂わせて◎

冬の新顔アウターなら断然キルティング! メリハリUPな着こなしが叶う♡

【3】黒のキルティングコート×白のニット×白のパンツ

黒のキルティングコート×白のニット×白のパンツ

前後差のあるAラインのシルエットはどの方向から見ても構築的なハリのある立体感が美しい。メンズでも同じデザインを展開しており、ユニセックスでの使用もOK!

ユニセックスもセットアップも!? 進化系キルティングファッション! 5つの注目アイテムは…

【4】黒のキルティングコート×黒ニット×黒パンツ

黒のキルティングコート×黒ニット×黒パンツ

ニットとスウェードパンツのやわらかな組み合わせが◎! キツく見えすぎないキルティングアウターでキレを加えて。キルティングならではの模様の後押しもあり、黒の着こなしが一気に冴える。仕上げにあえてかごバッグを合わせて、抜け感をだすのがポイント!

冬の新顔アウターなら断然キルティング! メリハリUPな着こなしが叶う♡

【5】ネイビーのキルティングコート×ネイビーのパンツ

ネイビーのキルティングコート×ネイビーのパンツ

軽やかなキルティングコートを軸にした、ネイビーのワントーンコーデ。このままだと冬からのアップデートができていないので、春らしいカラフルなバッグを持ってチアフルに。

ダークトーンコーデに春を! コツはバッグにあり♡

◆「トレンチコート」を使ったコーデ

【1】ベージュのロングプリーツスカート×ベージュのトレンチコート

ベージュのロングプリーツスカート×ベージュのトレンチコート

トレンドを意識してベージュのワントーンでハンサムウーマンに。スカートはロングで、コットン混のドライな質感のプリーツがドラマティックなシルエットで魅力的。

【フレアスカート】を甘くならずに着こなすコツは素材選び!? トレンドコーデTIPS

【2】オフホワイトのトレンチコート×ブルー光沢ロングプリーツスカート

オフホワイトのトレンチコート×ブルー光沢ロングプリーツスカート

オフ白のトレンチコート、ボーダーニット、ネイビーの光沢プリーツ。大人マリンな着こなしには、深みのあるグレータイツを合わせて品よく。

光沢プリーツに合わせたい春タイツ【タイツを春にアップデート】

【3】ベージュのトレンチコート×ラベンダーのブラウス×ネイビーのタイトスカート

ベージュのトレンチコート×ラベンダーのブラウス×ネイビーのタイトスカート

シャツ&ブラウスにトレンチをはおった通勤コーデに、パイソン柄パンプスで辛口アクセントを。全身に表情とニュアンスが加わる。

春コーデに効くパンプス【4大トレンド】に要注目!

【4】ミントグレートレンチコート×柄ロングフレアスカート

ミントグレートレンチコート×柄ロングフレアスカート

上品な花柄ロングフレアスカートに、アイスカラーのトレンチコート、足元はメタリックなパンプスで大人の甘辛ミックスコーデが完成。

【メタリック】5cmヒール パンプス5選|足元に華やかな光をプラス!

【5】グレージュのトレンチコート×ライトグレーのパンツ

グレージュのトレンチコート×ライトグレーのパンツ

黒スポーティアウターにトレンチを重ねたワザありなスタイル。シャキッとした質感が、スウェットよりも鮮度を高めてくれる。

スポーティアウターにトレンチコートで重ね着する新発想!

【6】ベージュのトレンチコート×白のブラウス×白パンツ

ベージュのトレンチコート×白のブラウス×白パンツ

Vネックブラウスとイージーパンツでつくる、白のワントーンコーデ。リラックス感のある装いもトレンチのバサッと感があれば、しっかりまとまる。エコバッグも色味にこだわってミニマルに。

オールホワイトの着こなしはトレンチコートが好相性・好バランス!

【7】ネイビーのトレンチコート×柄タイトスカート

ネイビーのトレンチコート×柄タイトスカート

トレンチとトップスを同色でまとめて、タイトスカートには相性のいいハイテクスニーカーを。白プルオーバーを肩掛けして、顔まわりを明るく。

タイトスカートをカジュアルに着るなら♪

【8】白パーカー×黒のチェック柄ワイドパンツ×黒トレンチコート

白パーカー×黒のチェック柄ワイドパンツ×黒トレンチコート

トラッドな縦長シルエットに白パーカーで遊びをプラス。寒暖差が激しい春の日は、厚手のトップス×薄軽コートでリラックス感のある休日コーデに。

週末の気分に似合うリラックス感は白パーカーで演出!

最後に

今回は気温10度のときの最適コーデを紹介しました。春らしさを出すときは、抜け感をつくるのが大事なポイントですが、いろいろと見せ方がありましたね。取り入れやすいところでは、明るいトーンで統一したり、きれい色の差し色、足首や手首などの肌見せなどが簡単でおすすめです。おしゃれ上級者は、ボトムスと靴の間を薄手のタイツや靴下でつなぐところまで意識してみてください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.01.31

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。101ページ、106ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature