Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 人に嫌われたくないなら心得ておくべき大事なこと〈『人は話し方が9割』著者が伝授〉

WORK

2022.03.14

人に嫌われたくないなら心得ておくべき大事なこと〈『人は話し方が9割』著者が伝授〉

2021年1番売れた本『人は話し方が9割』の著者、永松茂久が送る、「また会いたい」と言われる、コミュニケーション美人になる、聞き方のコツ。今回は、前回に引き続き、嫌われない聞き方を紹介します。

正論は使い方を気をつけよう

これまでの記事

(c)Shutterstock.com

世の中には正論というものがあります。

この正論を通しすぎると、相手は自分自身を否定された気分になります。こうなるともう話はできません。正論を押しつけられると、いくら正しくても人は反発するものなのです。

そうではなく、まず相手の話をしっかり聞くことで、相手の考え方、そして感情を知ることから始めましょう。特に気をつけておくべき場所は、お酒の場です。

ふだんは理性でブレーキをかけることができていても、お酒でそのブレーキが外れてしまうと、ついつい自分自身の我(が)が出てきてしまいます。その状態で違う価値観に向き合うと、つい相手を攻撃してしまい、人間関係がこわれてしまうのです。

人として、相手を1人の人間として尊重してこそ、いい関係性が成り立ちます。一般のコミュニケーションを取る時に、無理に「教えよう」とか、「相手の間違えた考え方を正してやろう」とはしないほうが賢明です。

自分の価値観を言っていいのはただ1点だけ。

「ねえ、あなたはどう思う?」と相手から聞かれた時のみです。

その時も、自分の価値観を強要することはやめましょう。

あくまで

「自分はこう思うよ」
「私ならそんな場合はこうする」

という自分自身の考え方やスタンスを示せばいいだけです。

それを相手がどう捉え、どんな選択を取るのかは、相手自身の問題です。

自分は自分の価値観で生きる。
相手は相手の価値観で生きる。

ここをしっかりと守っていきましょう。

最後にまとめです。

・100%好かれる聞き方のコツ

人間関係は、正しければうまくいく、というものではない

次回も引き続き、嫌われない聞き方を紹介します。

『人は話し方が9割』『人は聞き方が9割』発売中!

コミュニケーションの基本である会話がうまくいくようになる、ちょっとした、でも多くの人が気づいていないエッセンスが盛り込まれた『人は話し方が9割』『人は聞き方が9割』は絶賛発売中です。ぜひチェックしてみてください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

永松茂久(ながまつ・しげひさ)

株式会社人財育成JAPAN代表取締役。大分県中津市生まれ。「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で数多くの講演、セミナーを実施。「人のあり方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累積動員数は延べ45万人にのぼる。2021年1番売れた本『人は話し方が9割』(すばる舎)をはじめ、著書多数。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature