Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 知ってたらかっこいい!【シャンプー】言葉の由来は? なんとそんな意味があったなんて…!

WORK

2022.01.23

知ってたらかっこいい!【シャンプー】言葉の由来は? なんとそんな意味があったなんて…!

今回ピックアップするのは、身近な英語の語源について。意外と知らない英単語の意味や、勘違いしやすい英語の慣用句などを紹介する連載。

「shampoo」の語源って!?

普段、私たちが何気なく使っているおなじみの言葉でも、その由来を調べてみると、その国々のおもしろい文化や習慣、時代背景にたどり着くことってありますよね!

今回ピックアップするのは、シャンプーという言葉。日本で使われている「シャンプー」という言葉自体の直接の語源は英語の「shampoo」ですが、その「shampoo」は、とある国の言葉がもとになっています。では、そのもとになった言語とは?

前回の記事はこちら>>「He is a big cheese.」の意味は? 彼は大きなチーズ… なわけない!

正解は…… ヒンディー語!

シャンプーというと、その語源も「髪を洗う」ということと関連がありそうですが、実はもともとの語源は別の意味をもつのです!

「shampoo」の語源は、「押す」を意味するヒンディー語(インドの主要言語)。それが、マッサージする(お湯やハーブを使ってヘッドマッサージをする)という意味で使われるようになり、そこから転じて洗髪剤を指す言葉になったといわれています。

ほかにも、ヒンディー語を語源とする身近な英語はいくつかあります!

たとえば、ゲームなどで登場する自分の分身のキャラクターを表す「avatar(アバター)」、首や頭に巻いたりする「bandana(バンダナ)」など。いずれもインドの文化などと何らかの関係があるのでしょう。

また「kimono(着物)」や「sushi(すし)」、「karaoke(カラオケ)」など、日本語由来の英語も数多く存在しています。

「ketchup(ケチャップ)」は、諸説あるものの、中国の魚から作ったソースが由来という説が有力。そのほか「silk(絹)」の語源も中国であるとされています。

一口に英語といっても、いろいろな国の言語に由来する言葉が使われているんですね! 興味をもった方は、ぜひ調べてみるとおもしろいと思いますよ♡

こちらの問題もチェック!

どう違う? 「He’s only a child.」&「He’s an only child.」

>>正解はこちらから

machi

小学生~社会人を対象とした英語教室を運営する英語講師。英検1級/国家資格・通訳案内士/TOEIC 900点以上

生徒のリクエストによっては、数学や化学まで教えることも。○十年前の記憶を引っ張り出し奮闘中。

ただいま周回遅れで韓ドラがブーム! 本当は仕事も家事もせず1日中韓ドラを観てぐ~たら過ごすのが理想。韓国語も習得したい。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature