スマホの見過ぎで姿勢が悪い…「スマホを持ち続けても疲れない方法」を動作解析のプロが紹介! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. スマホの見過ぎで姿勢が悪い…「スマホを持ち続けても疲れない方法」を動作解析のプロが紹介!

BEAUTY

2022.01.03

スマホの見過ぎで姿勢が悪い…「スマホを持ち続けても疲れない方法」を動作解析のプロが紹介!

つい長時間スマホを見てしまって、気づけば首や方が疲れている… なんてことありませんか? 今回は『疲れないカラダ大図鑑』のなかから、スマホを長時間持っていても疲れにくくなる方法を紹介します。

疲れるけど、スマホは手放せない!

(c)Shutterstock.com

こんにちは。メディカルトレーナーの夏嶋隆です。

私は「動作解析」の専門家として、アスリートたちのトレーニングをサポートしてきました。

動作解析とは、人間の動作を観察・記録して、運動学や解剖学、物理学に沿った「人体構造に合った正しい動作」を検証し、それをスポーツの現場に還元していく研究です。

これまで、プロサッカー、プロ野球、バスケットボール、格闘技、陸上競技など、スポーツ界で活躍するたくさんのアスリートたちが私のもとを訪れてきました。そしてその動作を解析して施術をし、疲れや痛みの軽減をサポートしてきました。サッカー・セリエAの外国人選手から、元日本代表の中山雅史さんや久保竜彦さん、プロ野球広島カープで監督としても活躍した名外野手など、多くの方々が私の施術を信頼し、私を訪ねてくれました。

アスリートには疲労やケガがつきものです。その原因の多くは「間違った姿勢・動作」をしているために引き起こされています。アスリートたちと同様に、人体構造的に間違った姿勢や動作が習慣化してしまうと、肉体的疲労度が増し、パフォーマンスが著しく低下する危険性が高まります。姿勢や動作を正すことこそ、体がベストな健康状態を保つのには欠かせないことなのです。今回は拙著『疲れないカラダ大図鑑』(アスコム刊)のなかから、スマホを長時間持っていても疲れにくくなる方法を紹介します。

スマホを持ち続けても疲れない方法

外出しているときも、気がつけばスマホをいじっている、という人が増えているようです。スマホはほんの150グラム程度ですが、悪い姿勢でスマホを操作していると、じわじわ体を疲れさせるので注意が必要です。

【スマホを使う際の疲れない姿勢】

1.「疲れない立ち方」をキープする
スマホを使うときも、「疲れない立ち方」をするのが基本です。

2. 手首を伸ばし、肘を胴体につけて操作する
操作する際は、できるだけ手首を曲げないようにしましょう。

3. 斜め前方向で操作する
斜め前方向で操作すると、巻き肩にならず、姿勢をキープしやすくなります。

4. 肩のラインと腰のラインを崩さない
「疲れない立ち方」をすれば、自然と体のバランスをキープできます。

とくに注意が必要なのは、長時間、両手の手首を曲げてスマホを操作することです。手首を曲げないことを心がけるだけで、ずいぶん疲れにくくなります。

* * *

正しい姿勢を意識するだけでも、疲労軽減に繋がるんですね。これなら電車の中でもできそうです。

もっと詳しく知りたいかたは、ぜひ夏嶋さんの『疲れないカラダ大図鑑』をチェックしてみてください。仕事中や、家事・育児をしている時でも即使える「疲れない凄ワザBEST100」が紹介されています。働く女性のお守りのような一冊になること、間違いなしです!

疲れないカラダ大図鑑(アスコム)
著/夏嶋 隆
価格:1,540円(税込)

購入はこちら

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature