上長・上司・上席の違いは何? 知っていたら鼻高さんデス! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 上長・上司・上席の違いは何? 知っていたら鼻高さんデス!

WORK

2021.12.02

上長・上司・上席の違いは何? 知っていたら鼻高さんデス!

上長、上司、上席、3つの意味を知っていますか? 言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽が、それぞれの類語も含めて解説します。

鶴田初芽

上長、上司、上席、それぞれの意味と違いを紹介!

先日、社内規程に「上長より連絡のこと」と定められており、誰から連絡すべきなのかと議論になりました。

上長とは? そのほか上司、上席とは? 早速チェックしてみましょう。

上長とは地位だけでなく年齢も上

(c)Shutterstock.com

上長とは「年齢・地位が上であること。また、その人。長上」のことをいいます。類語として挙げられているのは『長上』や『目上』です。

上長という言葉から自分より地位が上の長がつく役職者(係長、課長、部長など)を指すとする説もあります。

(冒頭の議論については結局、規程に則り、課長より連絡を入れることになりました)

上長に似ている言葉の上司や上席って?

(c)Shutterstock.com

上司とは「その人より役職が上位の人。上役」のことを指します。上長と違い、年齢についての言及はありませんね。なお、類語が『上役』や『上官』です。

続いて、上席とは「階級・等級や席次が上位であること」をいいます。類語が『上座』です。

同じ役職であっても階級・等級が上位の方に上席+役職とついているケースもありますね。上級とつけられている場合と同義ですね。

なお、上席は席次が上位であることも意味するため、社外の方で年長者などにも上席と使うこともあります。

* * *

いかがでしたか? 上長、上司、上席ともに自部署内に限定せず、他部署であっても自分から見て立場が上の方に使える言葉なんですね。そのため、「直属の上司」などと表現することがあるんです。

現在は即戦力としての中途採用や実力による昇格など年齢は上でなくとも役職が上の方も増えていますよね。そのような背景からも上長と使われる機会は減っていくのかもしれませんね。

言葉の意味/デジタル大辞泉

TOP画像/(c)Shutterstock.com

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature