「杮」は何と読む? “かき”ではありません! 実はアノ言葉〈難読漢字〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「杮」は何と読む? “かき”ではありません! 実はアノ言葉〈難読漢字〉

WORK

2021.12.02

「杮」は何と読む? “かき”ではありません! 実はアノ言葉〈難読漢字〉

読むのが難しい漢字を読めたらかっこいい! 難読漢字とされるものの中から「杮」の読み方を紹介します。

「柿」と「杮」それぞれの読み方は?

よく似ている漢字でも、意味も読み方も違うものがあります。例えば、「人」と「入」。人は「ひと」と読む一方で、入は「(はい)る」と読みます。意味も違いますね。

こうした漢字はまだまだあります。

今回ピックアップするのは「柿」と「杮」です。それぞれ何と読むかわかりますか?

(c)Shutterstock.com

答えは「柿(かき)」「杮(こけら)」でした

正解は「柿(かき)」「杮(こけら)」です。正解できましたか?

杮(こけら)は、劇場用語で、新しい劇場で初公演することを表す「杮落とし」で使われる言葉。

柿(かき)と杮(こけら)をよく見てみてると、つくりの部分が違います。

柿(かき)は、市場の(亠+巾)ですが、杮(こけら)は、亠と巾に分かれておらず、縦棒が突き抜けています。つまり、見分けるポイントは、亠と巾にスペースがあるかどうか

しかし、柿(かき)と杮(こけら)は、フォントによっては見分けることが難しいものもあるそう。試しに、「小塚ゴシック Pr6N」で書いてみると、以下のような結果に。

ん〜ほぼ一緒ですね(笑)。読み間違えないように、「こけら落とし」と書く方が良さそうです。

いかがでしたか? 漢字を辿っていくと、意外な発見があって楽しいですね。

次の問題はこちら▶︎「湯湯婆」の読み方は? 毎晩、お世話になってる人も多いはず!〈難読漢字〉

ぜひ友人や家族とシェアして話題にしてみてください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature