SNSで聞く「垢バン」ってどんな意味? 由来や「垢バン」されるとどうなる?「垢バン」される原因も解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. SNSで聞く「垢バン」ってどんな意味? 由来や「垢バン」されるとどうなる?「垢バン」される原因も解説

WORK

2021.11.16

SNSで聞く「垢バン」ってどんな意味? 由来や「垢バン」されるとどうなる?「垢バン」される原因も解説

SNSやオンラインゲームなどで、「垢バン」という言葉を耳にしたことはありますか? サービスの使い方を違反していたり、他のユーザーに迷惑をかけていると「垢バン」されてしまうので、正しく使うことが大切です。ここでは「垢バン」の意味や、「垢バン」されたときの処分、その原因について紹介していきます。

【目次】
「垢バン」とは?
実際にSNSで「垢バン」されるとどうなるの?
SNS以外で「垢バン」された場合は?
「垢バン」される原因
最後に

SNSやオンラインゲームなど、多くの人と交流できるようなサービスを使っていると、「垢バン」という言葉を目にする機会があるかもしれません。あなたは、この「垢バン」がどんな意味を持っているかご存じですか?

一体どんな意味を持っているのか、そして「垢バン」をされた場合の挙動や、「垢バン」される原因についてチェックしてみましょう。

「垢バン」とは?

(c)Shutterstock.com

まず、「垢バン」の意味や由来について確認です。

「垢バン」の意味

「垢バン」は、主にインターネット上で利用する表現のひとつ。いわゆる、「ネットスラング」のひとつでもあります。その意味は、「オンラインサービスで、運営者からアカウントの使用停止をされること」。

言い換えると、「そのサービスを利用する権利を、はく奪されること」という意味になります。「垢BAN」と表現することもありますよ。

「垢バン」の由来

「垢バン」の由来はとても簡単です。元々、「アカウント」を意味する「垢」というネットスラングがあります。それに「禁止」や「追放」という意味を持つ英単語の「BAN」を組み合わせたのが、「垢バン」です。

実際にSNSで「垢バン」されるとどうなるの?

(c)Shutterstock.com

それでは、実際に「垢バン」されると、どのような処分になるのでしょうか? 身近なSNSを例に挙げて紹介です。

1:Instagram

Instagramでは、「垢バン」の他に、数十分の間、「いいね」「コメント」「フォロー」ができなくなるBANや、他のユーザーのタイムライン等に自分の投稿が載らなくなる「シャドウBAN」があります。

Instagramで「垢バン」をされた場合、まずスマホからアプリを開くと、「垢バン」されたアカウントが自動的にログアウトされた状態に。アカウントにログインしようとしても、エラーが出てログインができなくなります。

ちなみに、インスタライブもInstagramの機能のひとつのため、Instagramのアカウントが「垢バン」されると、インスタライブでの配信や視聴もできなくなりますよ。

2:Twitter

Twitterでは、「アカウント凍結」を「垢バン」と呼ぶことが多いです。ただし、Twitterには、この「アカウント凍結」が「警告」と「一時凍結」、「永久凍結」と3つの段階があります。Twitterは基本的に、いきなり「アカウント凍結」になることはありません。

Twitterでは「アカウント凍結」されると、基本的にログインのみ利用できるようになります。人のツイートを見ることはできますが、自身の投稿や新たなフォローができず、フォロー・フォロワーが0人の状態に。もちろん、「アカウント凍結」が解除されれば、すべて凍結前の状態に戻ります。

3:GREE

今は利用していなくても、一度は利用していたことがある方も多いのではないでしょうか。GREEはTwitterとは異なり、違反内容によっては、即刻「垢バン」されることもあります。

基本的に他のSNSでは、「垢バン」されたとしても新しいメールアドレスさえ用意すれば、簡単に新しいアカウントを作ることが可能です。ただ、GREEでは「垢バン」されたアカウントにログインしていたものと同じ端末での再登録は、ほぼ不可能になります。

SNS以外で「垢バン」された場合は?

(c)Shutterstock.com

「垢バン」はSNS以外にも、オンラインゲームや動画投稿サイトでも起こりえます。SNS以外で「垢バン」されるとどうなるのか、併せてチェックしてみましょう。

1:YouTube

YouTubeでは、Twitterと同様に段階を踏んで「垢バン」されます。1回目にはまず運営から警告が入り、2回目には6ヶ月間、一部の権限が利用不可に。6ヶ月経過すれば自動的に制限は解除されますが、3回目の「垢バン」を受けると、アカウント停止だけでなく、今までにアップロードした動画がすべて削除されます。

ちなみに、YouTubeでは「垢バン」されたユーザーのチャンネルを開くと、著作権侵害や詐欺行為など、どのような理由で「垢バン」されたのか確認することができます。ちなみに、明らかに悪質だと判断されたユーザーは、即「垢バン」されたり、警察に通報されることもあり得ます。

2:ニコニコ動画

ニコニコ動画での「垢バン」は、「アップロード無期限停止」「コメント禁止」「強制退会」の3つです。違反内容になって、どの「垢バン」になるか決められます。

「アップロード無期限停止」「コメント禁止」では、制限されるそれぞれの機能以外は通常通り利用することが可能です。ただし「強制退会」では、二度とニコニコ動画にアクセスできなくなり、今までアップロードした動画や静画、遊んだゲーム等のすべてのデータが削除されてしまいます。

3:Fortnite

Fortnite(フォートナイト)は、無料で遊べる人気のオンラインFPSゲームです。「Epic Gamesストア」というサービスにアカウントを登録する必要があります。

このゲームでは、一時的な「垢バン」と永久的な「垢バン」の2種類あり、一時的な「垢バン」では30日間アカウントが利用停止に。一時的な「垢バン」は、利用停止期間が終了すれば再びプレイすることができますが、永久的な「垢バン」では、永久的にFortniteがプレイ不可になります。

ただ、「Epic Gamesストア」のFortnite以外のゲームは、引き続きプレイすることができますよ。

「垢バン」される原因

(c)Shutterstock.com

「垢バン」をされるのには、いくつかの理由があります。最後に、「垢バン」の原因の中でもよくある3つの原因を紹介です。

1:利用規約違反

SNS、オンラインゲームなど、どのサービスでも「垢バン」の原因になりやすいのが、この利用規約違反です。複数端末でのログインが禁止されているサービスで複数ログインを行ったり、オンラインゲームで、自分が有利になるツールを利用しているのが発覚した際に「垢バン」されます。

2:著作権侵害、不適切な表現

動画投稿サイトで多いのが、著作権侵害や不適切な表現です。これらは他のユーザーから「通報」されることで検知されることがよくあります。

動画投稿を行う際は、他者に著作権がある動画や音楽を利用していないか、不適切な表現を使用していないか注意したうえで投稿するようにしましょう。

3:不審な操作

SNSで短期間に大量の「フォロー」を行ったりすると、運営から自動的に「垢バン」されることも。これは、短時間での「フォロー」や、Twitterでの「リツイート」をしているのが本人ではなく、何かしらのツールを使って自動処理していると判断されることで「垢バン」されます。

最後に

「垢バン」は、SNSやオンラインゲームを利用する上で避けるべき事態のひとつです。「垢バン」は、あなたのそのサービスの使い方が違反していたり、他のユーザーに迷惑をかけている証ともいえます。「垢バン」をされてしまった場合は、これまでの使い方を見直すことがオススメです。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.09

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature