「Big day」ってどんな日を指す?「大きな日」じゃなく…〈役立つ英語表現 #17〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 「Big day」ってどんな日を指す?「大きな日」じゃなく…〈役立つ英語表現 #17〉

WORK

2021.10.22

「Big day」ってどんな日を指す?「大きな日」じゃなく…〈役立つ英語表現 #17〉

ハワイ在住ライター エリによる、役立つ英語表現。今回は、「Big day」の意味と使い方を紹介します。

「Big day」ってどんな日のことを表す?〈役立つ英語表現 #17〉

前回記事▶︎「spill the beans」意味は?

こんにちは、ハワイ在住ライターのエリです。今回は「Big day」という表現をご紹介したいと思います。

会話では「It’s your big day tomorrow.」のように使われるのですが、どのような意味だか分かりますか?

(c)Shutterstock.com

正解は「大切な日、大事な日」という意味です。もしくは「結婚式」や「大変な日、忙しい日」という意味でも使われます。

使い方をチェック!

それでは使い方を詳しく見ていきましょう。

◆「one’s big day」(大切な日、大事な日)

仕事の面接や重要なプレゼン、また記念日などの大切な日を表す時によく使われる表現。

<例文>
A:It’s my big day tomorrow. I have a job interview.(明日は大事な日なの。仕事の面接があるんだ)
B:Good luck!(頑張ってね!)

◆「the big day」(結婚式)

結婚式の装飾などで見たことがある方もいるかもしれませんが、「結婚式」を「the big day」と表現できます。口語的&カジュアルな表現なので友人同士で使われることが多いです。

<例文>
A:Tom and I are engaged.(トムと婚約したの)
B:Congrats! When is the big day?(おめでとう! 結婚式はいつ?)

◆「have a big day」(大変な日、忙しい日)

大事な日から派生して「色々と大切な用事が詰まった多忙な日」という意味になります。基本的に「have」と一緒に使われることが多いです。

<例文>
A:I had a big day today. I’m so exhausted.(今日は大忙しで疲れたよ)
B:I hope you get some rest.(ゆっくり休んでね)

* * *

いかがでしたか? 使い方によって微妙にニュアンスが異なりますが、ネイティブ同士の会話でよく出てくる表現なのでぜひ使い方をマスターしてみてくださいね!

これまでの記事はこちら

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature