大人も気になる「頭が良くなる方法」とは? 頭を良くする習慣も紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 大人も気になる「頭が良くなる方法」とは? 頭を良くする習慣も紹介

WORK

2021.10.23

大人も気になる「頭が良くなる方法」とは? 頭を良くする習慣も紹介

「頭が良くなる方法」を知りたいと思ったことは、誰しも一度は経験がありますよね。魔法のように瞬時に頭を良くする方法はありませんが、何事も継続的に続けて、より良い自分に成長していくことが大切です。ここでは、「頭が良くなる方法」や、良くするための習慣について紹介していきます。

【目次】
「頭が良くなる方法」とは?
「頭の良さ」とは?
「頭が良くなる方法」を5つ紹介
頭を良くする3つの習慣
最後に

「頭が良くなる方法」とは?

(c)Shutterstock.com

仕事や勉強、日常生活の中で賢い人を見ると、自分も頭が良くなりたい! と感じることがありますよね。そこで、今回は「頭が良くなる方法」や、頭を良くするための習慣を解説していきます。自分の生活に取り入れられそうなヒントを見つけて、ぜひ、活用してみてくださいね。

意味

「頭が良くなる方法」といっても、飲むだけでIQが上がる薬や、寝るだけで賢くなれる魔法なんて、もちろんありません。また当然のことながら、小学生や中学生向けの方法と、大人向けの方法は別物です。どんな頭の良さに憧れるのか、目的によってもその方法は違ってきます。

「頭が良くなる方法」を知る前に、まずは、自分がどんな風に頭が良くなりたいのかを考えなくてはなりません。

「頭の良さ」とは?

一口に、「頭の良さ」といってもさまざまな尺度があります。その中でも一般的によく用いられる、「頭の良さ」の種類を紹介していきます。

1:頭の回転が速い

まず一つ目は、「頭の回転が速い」という意味です。頭の回転が速い人は、頭の中で複数の情報を同時処理する力に長けています。そのため、マルチタスクをこなすのが得意で、効率的な動き方ができます。「今、何をやるべきか」を瞬時に判断できるため、人よりも早く、スマートに問題や仕事を解決でき、その結果「頭が良い」と評価されるのです。

2:発想力が高い

「発想力」とは、2つのものの共通点を発見したり組み合わせることで、別の何かを生み出したりすることができる能力のこと。普通の人が考えても思いつかないような、優れた発想ができるのが特徴的です。脳内ネットワークを用いて、直感的に新たなアイディアを生み出す姿が、「頭が良い」と判断されます。

3:知識量が多い

知識量が多いことも、「頭の良さ」のイメージを形作っています。ただ「知っているだけ」では不十分で、たくさん吸収した知識を、自分の中に身に付けている必要があります。つまり「知識量が多い」とは、「蓄えた知識が有機的につながっていて、かつ引き出せる状態」を指しているのです。

「頭が良くなる方法」を5つ紹介

誰でも一度は、「頭が良くなる方法を知りたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか? ここからは大人や社会人でも実践できる「頭が良くなる方法」を紹介していきます。

1:情報をインプットしたら、アウトプットしてみる

勉強したことは、インプットし続けるだけでなく、アウトプットすることも大切です。大人は宿題もテストもないので、アウトプットするタイミングがなかなかありません。まずは、学んだ知識を積極的に人に話してみましょう。人に説明できるということは、自分の中で知識が身についているということの証明になります。

2:自分の頭で考えてみる

何事も自分の頭で考えることも、頭を良くするための近道です。スマホなどで調べるだけでなく、それを受けて、自分の意見や考えを持ちましょう。いきなり政治問題や国際問題といった難しいことを考える必要はありません。まずは、身近な問題や気になったことでも良いので、自分で考えていくことが大切です。好奇心を持てば、今まで経験していなかったジャンルでも面白く思えてきますよ。

3:新聞を読んでみる

新聞は、単に時事ニュースを把握するためだけのものではありません。集中して活字を読む練習にもなりますし、自分の視野を広げることにも繋がります。そうすれば、自ずと以前より頭が良くなるはずです。今は、インターネットで色々なニュースを確認できる時代ですが、あえてアナログに戻ってみると面白い発見があるかもしれません。

4:ブログを書いてみる

ブログを書くことが、なぜ頭の良さに繋がるのでしょうか? 文章を書くことは、知っている知識をアウトプットする作業です。アウトプットするためには、知識がなければならないので、必然的にインプットが大切なことだと気づくでしょう。インプットとアウトプットが繰り返されて、知識が定着します。

5:仮眠を取る

魔法のように瞬時に頭を良くする方法はありませんが、ちょっとしたコツで、自分の脳みその状態を良くすることは可能です。それは、仮眠を取ること。15~30分程度の短時間の仮眠でも、眠気の防止や作業能率の改善に有効的です。どうにも集中できない時は、さくっと仮眠を取ると、リフレッシュして頭の回転が良くなります。

(c)Shutterstock.com

頭を良くする3つの習慣

ここからは、頭を良くする習慣を紹介していきます。これらのことを継続的に続けて、より良い自分に成長していきましょう。

1:適度な睡眠を取る

勉強と睡眠には深い繋がりがあります。睡眠時間は記憶を整理してくれる時間なので、寝ることで学んだことがしっかり頭の中に残るからです。単に健康のためだけでなく、学んだことを無駄にしないためにきちんと眠りましょう。決まった時間に寝ることで生活リズムが整って、勉強も習慣化するはずです。

2:適度な運動をする

集中力や記憶力を向上するためには、頭だけはなく、体も動かすことが大切だといわれています。運動することで血行が良くなります。すると、脳に必要な酸素をふんだんに届けることができるため、頭の回転が良くなり、勉強の効率も上がる、というサイクルです。机にかじりついているだけではなく、適度な運動もしていきましょう。

3:脳トレアプリを活用する

頭を良くする習慣として、脳トレアプリを活用している方も多いです。スマホなどに入れれば、いつでも簡単に利用することができます。無料のものもあるので、テキストや参考書を手に入れるよりもハードルが低いのも嬉しいですよね。少しずつでもいいので継続することで、脳を鍛えることができます。

最後に

(c)Shutterstock.com

今回は「頭が良くなる方法」を取り上げて、その方法や習慣を紹介していきました。ここで紹介したことは、どれも今日から始められることばかり。自分に合ったやり方を見つけ、早速実践してみては?

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.02

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature