不動産の広告でよく見かける?「マンション」の販売数の数え方で、「邸」は正しい? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 不動産の広告でよく見かける?「マンション」の販売数の数え方で、「邸」は正しい?

WORK

2021.07.13

不動産の広告でよく見かける?「マンション」の販売数の数え方で、「邸」は正しい?

数え方にまつわるクイズを出題! 今回は、マンションの販売数について。

マンションの販売数で「邸」を使うのは正しい?

不動産にまつわる広告を見ているとき、「」や「」という言葉をよく見かけます。これは戸建住宅の販売数のことですよね。

では、マンションの販売数で「」を使うことはできると思いますか。

【問題】
マンションの販売数で「邸」を使うことはできる?

1. できる

2. できない

正解は?

(c)Shutterstock.com

1. できる

同じ商品を数えるにも、数え方によって商品の見栄えが違ってくることがあります。例えば、戸建住宅の販売数を言う際、建物を数える「」や「」を使って、「新築住宅3戸分譲」「現場5棟販売」のように数えます。

最近の不動産会社の広告では、「邸宅」の「邸」を使って「新築住宅3邸分譲」のように数えるものが目立ちます。「」は、一戸建て住宅に限らず、マンションの販売数にも使うことができる上、商品の高級感を高める働きがあります。その他にも、例えば「弁当1個」というと、量産される安価なものを想像させますが、「弁当1折(ひとおり)」というと高級な折り詰め弁当を期待させます。

また、「マカデミアナッツ1粒を贅沢(ぜいたく)に使ったチョコレート」「マロングラッセ10粒入りギフト」のように、ナッツ類は「」で数えた方が「個」で数えるよりも高級感が出るようです。商品としてのリンゴや桃、メロンなどの果物やトマト、玉ねぎ、キャベツなどの野菜を数える「玉」も、商品の丸々としたさま、中身の充実感を表現するのに一役買っています。

★Oggi.jpでは毎日朝6時に言葉クイズを更新中です。毎日チェックして言葉の達人になりましょう!
他の言葉クイズにもチャレンジしてみませんか? 記事一覧はこちら

【もっと数え方の達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ「数え方の辞典


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature