知っていたらカッコいい♡「チョウ」の専門的な数え方は「匹」or「頭」? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 知っていたらカッコいい♡「チョウ」の専門的な数え方は「匹」or「頭」?

WORK

2021.06.28

知っていたらカッコいい♡「チョウ」の専門的な数え方は「匹」or「頭」?

数え方にまつわるクイズを出題! 今回は、「チョウ」の数え方。

「チョウ」の専門的な数え方を知ってる?

友人たちと山登り! 途中、珍しいチョウを見かけました。このチョウの数を数えるときには、どのように数えますか。

おそらく「」を使う人が多いでしょう。では、「」は専門的な数え方だと思いますか。

【問題】
「チョウ」の専門的な数え方は?

1. 匹

2. 頭

正解は?

(c)Shutterstock.com

2. 頭

チョウは昆虫の一種ですが、クイズ番組などで出された際の“正しい”数え方は「1頭、2頭、3頭…」とされています。なぜ昆虫のチョウを大形の動物を数える「」で数えるのでしょうか。

その謎(なぞ)を解くヒントは意外にも英語にあります。元来、英語では牛などの家畜を“head”で数え、例えば5頭の牛を“five head of cattle”といいました。日本語にも「頭数(あたまかず)を数える」といって、人数を「」で把握することがありますが、“head”もこれと同じ発想です。

この用法は、動物園で飼育されている動物を数える際にも使われ始めました。西洋の動物園で、しばしば珍しいチョウを飼育・展示していますが、動物園で飼育している生物全体の個体数を、種類に関係なく“head”で数えるようになったのだそうです。

そのうち、昆虫学者達が論文などでも研究対象であるチョウの個体を“head”で数えるようになり、それを20世紀初頭に日本語に直訳(誤訳)したものが現代の日本語に定着した、という説が有力です。しかし、この他にも、標本としてのチョウには頭部が切断されていないことが重要視されることから「頭」で数えるとする説や、昆虫採集はもともと狩猟の一種として考えられていたために、獲物は動物と同じ数え方をするのではないか、といった説があります。

いずれにしても、慣用的・専門的にチョウを数える以外は、昆虫の一種として「匹」で数えるのが一般的です。

★Oggi.jpでは毎日朝6時に言葉クイズを更新中です。毎日チェックして言葉の達人になりましょう!
他の言葉クイズにもチャレンジしてみませんか? 記事一覧はこちら

【もっと数え方の達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ「数え方の辞典


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.03

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature