大人なら知っておきたい!「端午の節句」の意味や由来、祝い方・マナーをまとめてご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 大人なら知っておきたい!「端午の節句」の意味や由来、祝い方・マナーをまとめてご紹介

LIFESTYLE

2021.03.23

大人なら知っておきたい!「端午の節句」の意味や由来、祝い方・マナーをまとめてご紹介

「端午の節句」(たんごのせっく)は、毎年5月5日の子どもの日のことを指します。毎年恒例の行事、祝日とされていますが、どのような由来があるのでしょうか。本記事では、「端午の節句」の意味や由来、お祝いの方法などをご紹介します。

【目次】
「端午の節句」とは? 意味やいつからいつまでなのかも確認
「端午の節句」のお祝いの方法は? 兜を飾る時期なども
「端午の節句」でお祝いを贈ったりお返しする時のマナー
最後に

「端午の節句」とは? 意味やいつからいつまでなのかも確認

(c)Shutterstock.com

「端午の節句」の意味からみていきましょう。

「端午の節句」の意味・由来・時期

「端午の節句」は、中国から伝わってきました。「端午」の「端」は「初め」を意味します。「端午」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

「端午の節句」に菖蒲や鯉のぼりを飾る理由

江戸時代、病気や災いを避けるための行事であった「端午の節句」には、悪鬼を払うといわれる「菖蒲(しょうぶ)」を飾っていました。「菖蒲」が「尚武(武道・武勇を重んじること)」と同じ読みであったこと、そして菖蒲の葉の形が刀に似ていることから、男の子を祝う行事となっていったのです。

また、「端午の節句」には鯉のぼりをあげる風習がありますよね。江戸時代は武家に男の子が誕生すると、武将が戦場で己の所在を示すために長柄につけた“馬印やのぼり”を立ててお祝いをしました。しかし、武家以外はのぼりを立てることを禁じられていたので、代わりに「鯉のぼり」をあげたのです。やがて、この風習が広く庶民に行き渡りました。「鯉のぼり」は、中国の竜門という滝を鯉だけが登りきり、竜になったという「鯉の滝登り」になぞらえています。子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世の願いを込めて飾ります。

初節句について

男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎える5月5日の「端午の節句」を、「初節句」といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、丈夫で、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いている慣わしです。子どもの健やかな成長を願い、無病息災を祈って家族・親族でお祝いします。

「端午の節句」のお祝いの方法は? 兜を飾る時期なども

(c)Shutterstock.com

「端午の節句」はどのようにお祝いすれば良いでしょうか?

1:五月人形を飾る

五月人形、つまり鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習。身の安全を願って神社にお詣りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜は、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

現在、鎧兜は「身体を守るもの」という意味が重視され、交通事故や病気から、大切な子どもを守ってくれるようにという願いを込めて飾ります。大きな「鎧」、「兜」、「五月人形」のすべてを飾ることもあるようですが、一般的にはいずれか1つを選んで飾ることが多いです。「内飾り」と言われる五月人形は、春のお彼岸が過ぎれば飾ってもいいとされていて、4月から飾り始めるご家庭が多いようです。

また、1人目が男の子であれば五月人形を購入されると思います。では、2人目も男の子の場合、五月人形はもう1具購入するべきでしょうか? 五月人形は、子どもの代わりに厄をもらう身代わり人形のような役割を担っているといわれていますが、兄弟で共有しても問題はありません。それぞれ買わないとお子さまに災厄が訪れるわけではありませんよ!

2:お祝いの席を設ける

特に「初節句」の場合には、祖父母など近しい人を招いてお祝いの膳を囲みます。節句のお祝いを頂いた場合は、おもてなしがお祝いに対するお礼にあたりますので、丁寧に行いましょう。食事の内容に特に決まりはありませんが、「出世魚(しゅっせうお)」といわれているブリや、「勝男」とかけた鰹、「まっすぐに伸びる」特徴と子どもの成長をかけた筍も縁起が良い食べ物とされています。

3:柏餅を食べる

地域によっても違いはありますが、一般的に柏餅を食べることが多いようです。上新粉を使ったあん餅を、大きな柏の葉っぱで包んだ柏餅。柏の葉の良い香りがおいしさを増してくれますよね。柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄」につながるとされる、おめでたい食べ物といわれています。

「端午の節句」でお祝いを贈ったりお返しする時のマナー

(c)Shutterstock.com

「端午の節句」でお祝いする際のマナーについて、解説します。

お祝いをする側のマナー

一般的に「初節句」のお祝いには、祖父母は「飾り」を贈り、親戚などは5,000~10,000円程度のお祝い金を包むとされています。最近では、こいのぼりや鎧、兜、五月人形などの飾りは、家に飾るスペースがない、インテリアの都合からあまり望まない、という家庭もあるでしょう。お祝いの飾りを贈る場合は、子供の両親に、事前にどんなものがいいか相談されると良いですね。

お返しをする側のマナー

お祝いの品をいただいたときは、3日以内にお礼状を出し、感謝の気持ちを伝えます。そして、お祝いの席が無事にすんだあとで、その報告とお礼を兼ねて内祝いの品を贈りましょう。お祝いの席を共にした場合は、そのものがお返しにあたると考えて問題ありません。時期は節句から1ヶ月以内、のしは蝶結びの水引きにし、子供の名前で贈ります。

お返しする金額は、いただいた品物の額の半額から3分の1程度が目安。いただいた金額よりも高額になってしまうと失礼にあたりますので気を付けましょう。中には高額なお祝いをくださる人もいますが、こだわりすぎる必要はありません。また、子供の成長がわかる写真などを添えると良いですね!

最後に

(c)Shutterstock.com

初めて迎える「初節句」は、子供も祖父母も嬉しい気持ちが高まりますよね。お食事会以外にも、写真館で衣装を着て記念写真を撮ったり、家族で思い思いに過ごされることでしょう。お子様の成長を願い、お祝いする気持ちを大切に、「端午の節句」を楽しんでください!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.11

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature