理想の男性の条件は70項目以上! ある客室乗務員が結婚を実現するために実践した作戦は…〈実話でお届け〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 理想の男性の条件は70項目以上! ある客室乗務員が結婚を実現するために実践した作戦は…〈実話でお届け〉

LOVE

2021.02.24

理想の男性の条件は70項目以上! ある客室乗務員が結婚を実現するために実践した作戦は…〈実話でお届け〉

年齢を重ねるに連れて、結婚の理想像は高くなりがち? 今回紹介するアラサー女子もそのひとり。彼女はどうやって理想の相手を見つけ、結婚を叶えたのでしょう?〈アラサーライター エリの連載『国際結婚を叶えたアラサー女子』〉

アラサーライター エリ

【国際結婚を叶えたアラサー女子 #5】イギリス人男性と結婚したアラサー客室乗務員。理想のパートナーを引き寄せたある方法とは?

こんにちは。ハワイ在住のアラサーライター、エリです。

ここ数年、「ビジュアライゼーション」や「引き寄せの法則」という言葉をよく目にしますよね。ご存知の方も多いと思いますが、思考は現実になるという考えに基づき、理想の未来を可視化させ具体的にイメトレすること。

つい最近、「聞いて! 結婚することになったの♡」とハッピーな報告をしてくれた友人Y子は、まさにこのビジュアライゼーションを実践したとのこと。しかもお相手はとっても紳士なイギリス人男性。

今回お届けする「国際結婚を叶えたアラサー女子」第5回目は、思い描いていた理想の相手とゴールインしたアラサーY子のストーリー。彼女が試した方法とは?

これまでの記事はこちら

イギリス人男性と結婚したアラサー女子Y子|出会いのきっかけ

(c)Shutterstock.com

客室乗務員として世界を飛び回るY子は、機内で一流企業に勤める役員や世界各国で活躍する著名人と触れ合う機会も多く、男性を見る目がどんどん肥えていくのを感じたそう。

「歳と共に理想が高くなりすぎて、自分に合う男性が段々わからなくなってしまい…。おまけに、不規則な生活のせいで男性と出会っても長続きしないことが多く、気付いたら30歳の誕生日を迎えてさすがに焦り始めた」と話すY子。

「このままではいけない」と感じたY子は、自分の将来と理想のパートナーについて真剣に考えることに。まず彼女がしたことは、「人生の達成したいことリスト」と「理想のパートナーリスト」の作成。

「かっこいい人」「優しい人」のような漠然としたことを書くのではなく、「どんなかっこよさ?」「自分が求める優しさとは?」「絶対に譲れないことは?」など自問自答しながら、理想のパートナー像を事細かにリストアップ。

突き詰めた結果、なんと70個以上も出てきたとか! ちなみに、リストの一部はこちら。

・話をちゃんと聞いてくれる
・社会情勢について対等に話ができる
・レディーファーストができる
・家事を率先してやってくれる
・一緒にスポーツができる
・自然が好き
・タバコを吸わない
・謙虚な姿勢
・自慢ばかりしない
・英語が話せる

そしてこのリストを友達に見せた際、「日本人よりも外国人男性の方が合ってそう。特徴的にイギリス人男性とか?」と助言されたそう。

「今まで盲点だったけど、確かに外国人男性もありかも! 少し視野を広げてみよう」と考えたY子は、早速マッチングアプリでイメージに合いそうな男性を検索。日本に駐在中だというイギリス人男性、Jさんに目が留まります。運よくマッチングすることができ、定期的に連絡を取り会うようになった二人。

霊能者に言われた一言とは?

(c)Shutterstock.com

しかしJさんとは中々スケジュールが合わず、同時並行で他の出会いも探すことに。もちろん理想のパートナーリストは毎日眺めてイメトレしていたとか。

するとゴルフの練習場でタイプの日本人男性に声を掛けられたり、友人にスコットランド人の男性(これまたタイプ)を紹介されたり… と立て続けに素敵な出会いが! そして徐々にスコットランド人男性に心惹かれるようになります。

そんなある時、友人に勧められた霊能者に会いに行ったY子。

「三人の写真を霊能者に見せたら、私の中で存在が薄れ始めていたJのことを指して『あなたはこの人と結婚する!』と言われたんだよね(笑)」

そこまで断言するのであれば… と連絡が途絶えていたJさんに再度会うことに。

彼のことを知れば知るほど、理想のパートナーリストにマッチしていることに気付いたY子。順調にデートを重ね、4ヶ月経った頃にY子から逆告白をしたそう。

「イギリス人男性はシャイで慎重な男性が多く、女性から積極的になった方が進展すると聞いて。霊能者にお墨付きをもらったし、自分から気持ちを伝えてみた(笑)」

晴れて正式交際することになり、半同棲生活をし始めた二人。

結婚をイメージさせるために実践したことは?

(c)Shutterstock.com

○歳までに結婚して○歳までに子供が欲しいと具体的な計画があったY子に対して、慎重で現実主義者と言われているTheイギリス人の彼は、まだまだ結婚を考えていない様子。

彼の友人が交際1年で結婚を決めた時、「1年で結婚をするなんて随分早いな」と言っていたのを聞いたY子は、ある行動を取ります。

彼女が実践したのは、またしてもビジュアライゼーション! 彼との楽しい結婚生活を書き出しながら具体的にイメージ。さらに自分だけではなく彼にもイメージを植え付ける作戦に出たとか。

「『来年の春はどこに旅行したい?』や『将来はどこに住みたい?』など、先々の質問を彼に投げかけたり、彼がよく『早くお金を貯めて早期リタイアしたい』と言っていたので、その計画を一緒に妄想したり。とにかく、“私と一緒にいる楽しい未来”を想像できるような発言をし続けてみたの」

そして2年経った頃、もう少し攻めた願望を言い始めたとのこと。「結婚式はここでしたいな〜」や「薬指にキラッと光るものが欲しいな〜」と冗談半分(心の中は切実)で言ってみたところ、流石に彼にも結婚願望が伝わり正式にプロポーズされたとのこと。

きっとY子の地道な行動により、Jさんも自然と二人の楽しい未来像を想像できるようになったのかもしれませんね。

理想の男性と結婚できた彼女が心掛けたこととは?

(c)Shutterstock.com

理想を理想で終わらせないために、とにかく具体的にイメージ(途中でアップデートするのもOK)

彼に結婚する気がないからと言って、悲観的な態度やプレッシャーを与えすぎるのはNG。二人の幸せな未来を想像できる、楽しい計画を会話に挟んでみる。

* * *

正直、私は「引き寄せ」という言葉について半信半疑だったのですが、Y子の話を聞き「理想を具体的にイメトレし続けることで、自信やポジティブオーラが溢れ出て自然と人を惹きつけるのかも!」と感じました。

「自分に合う男性がわからなくなってきた…」という方がいたら、ぜひ一度自分の理想や譲れないことを70個でも100個でも思いつくままに書いてみてはいかがでしょうか?(腕が痛くなりそうですが笑)

毎日イメトレをすることで、理想のパートナーを引き寄せるかもしれません。これは恋愛だけではなく、仕事など様々なシーンで活用できそうですね。ビジュアライゼーション、早速私も試してみよーっと!

これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

アラサーライター エリ

ハワイ、ホノルル在住。現地マーケティング会社にてホテルや大手ショッピングモールなどのPRに従事した後、独立。現在はフリーランスとしてPRや翻訳業務に携わる。趣味はヨガとカイルアビーチでカヤック。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature