30代夫婦そろって貯金ゼロ! どうやったら無駄遣いをやめられる? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 30代夫婦そろって貯金ゼロ! どうやったら無駄遣いをやめられる?

WORK

2020.11.13

30代夫婦そろって貯金ゼロ! どうやったら無駄遣いをやめられる?

収入が多いのにお金が貯まらないのは、習慣化された浪費グセが原因? お金に関する悩みを解説! 佐々木FP事務所 代表の佐々木 愛子さんが指南する連載コラムです。

佐々木FP事務所 代表 佐々木 愛子

お金が貯まらない、浪費グセをなおすにはどうしたらいい?

「お金が貯まらないんです…」と相談に来られる比較的若い夫婦の中に、高収入世帯の方がおられることは、意外と珍しくありません。

世帯収入が多いからといって、家計を上手にコントロールできているとは限らないのです。

◆「クセ」を払い落すには、変えたい自分とまず向き合って

(c)Shutterstock.com

20代で大台、いわゆる年収1,000万円の収入を得た人やその世帯は、30代40代以降、それまでの所得累計が多いにも関わらず、総資産が少ないというケースがあります。これはおそらく、若い時期に身についた「浪費グセ」が関係しているのだろう、と筆者は考えます。

お金に限らず、身に付いた習慣を変えるというのは、容易なことではありません。例えば日常で使う口癖や、呼びかけに対する反応など、無意識のうちに形成された行動や思考は、誰にでもあるはずです。同じように「お金に対しての考え方や対処」が、みなそれぞれ違っていて、それらを「変える」という事が、自力では難しいのだと思います。

本気で無駄遣いをやめようと思うのであれば、「その場の感情に支配されている自分」に向き合わなければなりません。「無駄遣い」と言うからには、それそのものが必要不可欠な消費ではないという、つまり浪費だ、ということは理解されているのです。

その理解力があれば、「好ましい姿ではない自分と向き合うこと」もできるはずです。

◆向き合う その1:リスト作り

(c)Shutterstock.com

まず「要らなかったリスト」を作りましょう。「同じ柄の服、同じパターンの鞄や靴」のような「今買わなくても良かった消費」を、自分がどの程度しているのか、その種類と金額を書き出してみましょう。

モノだけではありません。趣味や付き合いで発生する交際費なども、大きな支出です。「本当に必要な交際か」「心から楽しんでいる趣味か」ひとつずつ、丁寧に考えてみましょう。

ひと月にかかっているそれらリストの合計額が、「無駄」から「将来への蓄え」になります。12で掛ければ、年間の貯蓄額になります。

このように、「なんとなく気づいている、思っていた」ことを書き出してみると、自身を俯瞰することができます。

実にシンプルな作業ですが、頭の中で考えを巡らせるより、書いて、見て、五感を使って自分と向き合ってみることをおススメします。

◆向き合う その2:夫婦間で共有する

(c)Shutterstock.com

世帯単位で資産を増やしたいのであれば、夫婦が状況を共有することはとても大事なことです。片方だけが頑張って片方が奔放にしていては、お金が貯まるかどうか以前に夫婦関係が破綻しかねませんよね。

定期的に振り返って、確認をしてみましょう。批判するのではなく、変化に対してどうだったか、また工夫できるところは他にないか、などポジティブな会話で構成するように心がければ、家族というチームのがんばりを、うれしく思えるでしょう。

資産運用に関しては、問題を先送りしていいことは何一つありません。

思い立ったが吉日! なりたい自分に近づくのは、意識の改革と日々の積み重ねですよ。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

佐々木FP事務所 代表 佐々木 愛子

ファイナンシャルプランナー(AFP)、証券外務員Ⅰ種。

国内外の保険会社で8年以上営業、証券IFAを経験後、リーマンショック後の超低金利時代、リテール営業を中心に500世帯以上と契約を結ぶ。

FPとして10代のうちから金融、経済について学ぶ大切さを訴え活動中。

HP


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.17

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature