新陳代謝を高めて妊娠しやすいカラダづくり! 方法は?【医師監修】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 新陳代謝を高めて妊娠しやすいカラダづくり! 方法は?【医師監修】

LOVE

2020.11.10

新陳代謝を高めて妊娠しやすいカラダづくり! 方法は?【医師監修】

妊活中に新陳代謝を高めるメリットとは? 婦人科系の悩みをテーマとした不妊治療の名医・杉山力一医師によるカラダの不調解決コラム。

〈妊娠しやすいカラダづくり〉新陳代謝を高める方法を解説!

妊娠しやすいカラダづくりの基本的なメソッド、新陳代謝を高める運動は、全身の血流改善が活性化し、卵巣に必要な栄養を届けて、卵巣を良い状態に維持すると言われています。

ここでは、妊娠しやすいカラダ作りに新陳代謝を高めることが必要な理由と、妊活中に無理なく心地よく実践できるおすすめの運動方法を、メリットを合わせながらお伝えしていきます。

◆妊娠しやすいカラダづくりに代謝アップが必要な理由

(c)Shutterstock.com

新陳代謝の活性化は、妊娠しやすいカラダ作りにつながることはもちろん、妊活中の女性の美容や健康、バランスの取れたボディスタイルを維持できるなど、さまざまなメリットがあります。

ここでは、妊活と代謝アップの関係性、必要な理由について参考にしてみましょう。

卵巣や子宮内膜の状態を良くするため

運動やカラダを温めるための入浴を習慣にしていると、新陳代謝と血流が良くなるため、子宮や卵巣へ妊娠するための必要な栄養を送り届けることができます。

また、新陳代謝のアップで血液循環が安定すると、排卵ののちに子宮内膜が着床に近づき、妊活の成果が出やすくなるのです。

カラダの冷えを改善、予防できるため

新陳代謝をアップする手軽で効果的な運動は、体温の上昇や筋肉量が増えていくため、妊活中の女性に多いカラダの冷えの緩和、予防につながります。

また運動をすると、熱を生み出してカラダを温め、新陳代謝の向上につながる筋肉がつき、1日に消費できるカロリーやエネルギー量が高まり、太りにくい体質に変わる効果も期待できます。

イライラや不安などのストレス解消になるため

新陳代謝をアップするための運動や温活習慣は、妊活中に感じやすい不安やイライラなどのストレスを自然に解消し、気持ちを明るく前向きに整えてくれます。

運動でカラダを適度に動かすと、ストレスや不安の原因となる自律神経やホルモンバランスの乱れなどを改善させる効果が期待できます。

◆妊娠しやすいカラダづくり&新陳代謝アップにおすすめの運動

(c)Shutterstock.com

妊活中はココロとカラダがいつもよりデリケートな状態になっているため、ハードな運動よりも、心地よさを感じるような気軽な運動がおすすめです。

ここでは、運動が苦手な女性にでも継続しやすいおすすめの運動方法と、実践することで得られるメリットについてご紹介しましょう。

ウォーキング

ウォーキングは、第二の心臓ともよばれているふくらはぎの血液循環を活性化し、下半身のボディメイクや筋肉量の増加に役立ちます。

またふくらはぎは、全身に血液を運び出すポンプのような作用があると言われているため、ウォーキングでふくらはぎが刺激されると、全身の温活につながりやすくなります。

ストレッチ

ウォーキングの前後や、良質な睡眠を得るための眠る前にも取り入れたいストレッチ。

カラダを大きく伸ばし、深呼吸を繰り返して行うストレッチは、骨盤が正しい位置に整うと言われているため、

・骨盤のゆがみによる腰痛が気になる女性
・骨盤の圧迫による子宮や卵巣への影響が気になる人

にも、時短でできる手軽な運動方法となっています。

ストレッチは特に、入浴後やウォーキング後など、カラダが温かくなった状態で10分程度実践すると、血行促進や筋肉のこわばりをほぐして疲労を回復する効果が高まると言われていますよ。

ヨガ

妊活中の女性にも人気のあるヨガは、カラダ全体の筋肉を無理なく動かすことができ、新鮮な酸素を体内に取り込むことで、細胞のアンチエイジングにも役立つと言われています。

またヨガは、しなやかなボディバランスに整えるダイエット効果、妊活中の健康に欠かせない自律神経やホルモンバランスの安定化にも効果が期待できます。

独特のポーズや呼吸法が特徴のヨガは、妊活中の女性に新鮮さと心地よさ、良い刺激を与えてくれるので、前向きな妊活を歩むための糧にもなることでしょう。

◆新陳代謝アップ&妊活の成果を高める運動のポイント

(c)Shutterstock.com

妊娠しやすいカラダづくりのための運動、新陳代謝アップにはいくつかの注意点があります。

妊娠は、筋肉の量や体脂肪が影響すると考えられているため、痩せすぎまたは太り過ぎていても妊娠の成果が出にくくなると言われています。

筋肉量を増やすと血行が促進されるものの、妊活中の女性には筋肉と同じように脂肪もバランス良くついていた方が、月経を起こすホルモンのレプチンが産生されやすくなります。

また、妊活の成果を引き出すための排卵や月経は、22%以上の脂肪が必要と言われているため、筋肉量を増やしつつ脂肪は適度に残しておく意識を持って運動してみましょう。

~おわりに~

妊娠しやすいカラダづくりと新陳代謝アップに役立つ運動は、

・エネルギッシュに過ごすための基礎代謝アップ
・女性に多いむくみを解消する水分代謝アップ

にもつながり、心身の健康を実感させてくれるメソッドになります♪

運動はその内容にかかわらず決して無理をせず、楽しみながらできる方法を実践してくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

医師 杉山力一

東京医科大学産科婦人科医局では不妊治療・体外受精を専門に研究。その後、1999年より杉山産婦人科勤務。

監修する女性向けアプリ「eggs LAB」では、独自ロジックにより、アプリでの問診で自身の情報を入力することで、これまでにない高い精度での生理日・排卵日予測を実現。不安定な生理周期にも対応した適切なアドバイスや、妊活に関する情報まで、個々の身体の状態にフィットした「あなただけの/あなたのための/今欲しい情報」を発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature