世代別で大きな違いが!!【マッチングアプリ】馴れ初め報告はどうする? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 世代別で大きな違いが!!【マッチングアプリ】馴れ初め報告はどうする?

LOVE

2020.10.28

世代別で大きな違いが!!【マッチングアプリ】馴れ初め報告はどうする?

マッチングアプリで結婚する人が多くなりました。しかし、まだまだ世代によって価値観の違いから、結婚報告をためらうカップルも多いようです。今回OLライタータケ子が実際にあった馴れ初め報告を世代別に紹介。あわせて注意点もお届けします。

OLライター タケ子

世代で違うマッチングアプリの価値観、あなたは結婚報告をどうします?

みなさん、こんにちは。最近マッチングアプリで知り合った男性と連絡を取っていたのに、急に音信不通にされた婚活アラサーOLのタケ子です(泣)。

ところで婚活中のみなさんはマッチングアプリ、もう登録して絶賛活動されているかしら。私の周りではマッチングアプリで知り合って結婚したと言う報告がぞくぞくと上がっております(羨ましい…)。

そんなカップルたちに、結婚報告や結婚式などで馴れ初めを話す際、正直にアプリで出会ったと話したかを聞いてきました。結果は、半数程度でした。そして世代によって若干違うようにも感じました。

今回は実際にアプリで知り合って結婚した20代・30代・40代カップルから馴れ初めの報告を聞きました。あわせて世代別での報告する際の注意点を紹介します!

◆20代「私たちマッチングアプリで知り合いました!」

(c)Shutterstock.com

当時知り合ったときの年齢が、25歳(女性)と28歳(男性)だったカップルに聞いてきました。

彼らは、お互い介護福祉の仕事が共通点でマッチング。女性は恋人が欲しいと登録したようですが、男性は本気の婚活モードだったようで、順調に交際も進み、彼女の誕生日に彼からプロポーズしました。肝心の結婚報告はというと…

「友達にも親にもアプリやっていたことは話していたから、もちろん親戚や職場の人にも同じように話しましたよ。結婚式は身内だけの小さな式だったし、わざわざ司会者のいるような披露宴でもなかったので馴れ初めを聞かれることもなかったです。

でも聞かれれば『私たちマッチングアプリで知り合ったよ!』って言いますね。私たちの世代は登録している人が多いから特に驚かれることはありませんでした! まぁおじいちゃんとおばあちゃんはナンダネソレ? って感じでしたけど(笑)」

比較的20代はアプリを登録している友人も多いためか、アプリで知り合ったことに抵抗を感じていないようです。だから同世代への報告は気軽にできるのなのかもしれませんね。

◆30代「時と場合ですかね…」

(c)Shutterstock.com

アプリが馴れ初めで結婚した私の学生時代の後輩を発見! 早速コンタクトを取って聞き込みしてきました。

私の後輩の彼女は、当時大阪の実家に住むOLでした。兄弟はすでに結婚し親元から離れたので、一緒に住む両親から早く結婚しなさいと急かされていたようです。

ですが、アプリに登録するのが恥ずかしかった彼女は、なかなか行動に移せずにいました。それから半年ほどかかり登録。無事彼氏をつくることができ、プロポーズされました。そんな彼女たち夫婦はどのような馴れ初め報告をしたのでしょうか。

彼女「友達とか親にはアプリで知り合ったよって言いました。別に最近はアプリで出会うことは普通になってきたし、会社に独身男性が少ないことも知ってたので『よかったね!』って言われました。

ただ結婚まで勤めていた会社の男性上司に馴れ初めを言ったところ、『えっ!? それで結婚とかしちゃうの? 20代の若い子がやるアプリじゃないの?』って驚愕されて…。

嫌な気分になったので、そそくさと退職したんですけど、やっぱり年配の人にとってマッチングアプリってどこか遠い存在に思っているんですよね。だから本当の馴れ初めを話す相手は時と場合で選びます

私の周りの30代に聞いても、マッチングアプリをやることは普通という認識でした。しかし30代になると、仕事で関わる人も増えます。社外の人に見つかる可能性も考えて、マッチングアプリに抵抗がある方もいるかもしれませんね。世間体を気にする意味でも、年が離れた先輩や上司への馴れ初め報告のときは、アプリへの価値観の違いに注意した方がいいかもしれません。時には言い方を変えることで嫌な気分を避けることができるかも!

◆40代「馴れ初めなんて適当に答えてる」

(c)Shutterstock.com

44歳バツイチ、バリキャリアラフォー女性に聞いてきました。

彼女は20代の時に結婚した相手がギャンブルにハマったことで離婚。仕事に打ち込むも、周りがどんどん結婚や出産と家庭を築いていくのを見て、寂しい老後はいやだ! とマッチングアプリに登録しました。

マッチングした男性は同じくバツイチで、元妻とは死別とのこと。「結婚」が目的だったため、交際から結婚までスムーズに進みました。2人はどのように馴れ初めを打ち明けたのでしょう。

「私ね、アプリやっているのがちょっと恥ずかしくて友達にも黙ってたの。ある日友人たちと食事した時に私だけまだ独身だったから『彼氏作ったら?』って話になって。

そこでマッチングアプリの話題になったんだけど、『えー出会い系でしょ! 絶対ダメよ!』『あんたみたいな40代バツイチ女、相手にされないわよ!』『結婚式でアプリで出会いましたなんて聞いたら私笑っちゃうわw』ってみんな口を揃えて言うの。

否定的な意見が多かったのは驚いたけど、私たち世代はやっぱり抵抗ある人多いんじゃないかな。だから未だにアプリで出会って結婚したって言えてなくて、友人にも両親にも適当に馴れ初めを作っては話してる」

アプリは40代でも出会えるのに、お友達からそんな言葉を言われるなんてショックだったでしょう。40代はアプリへの抵抗が強いようですが、大事なことは本人たちが幸せであること。彼女たち夫婦が幸せな時間を過ごせているのであれば話す必要もないですよね。

(c)Shutterstock.com

世代によって価値観が異なるマッチングアプリ。もちろんどんな世代のカップルでも周囲に話せる人やそうでない人たちもいるかと思います。

特にアラフォー世代くらいになると両親に理解を求めることが難しくなってくるかもしれません。「出会い系」というマイナスの印象が先行しやすい現状がまだまだあるんでしょうね。

スマホが普及したことで出会い方も増えてきています。マッチングアプリもそのひとつ。危ない出会いは避けて、誠実な人と幸せになれるのであれば、馴れ初め報告にそこまでこだわる必要はないかもしれません。

今はまだ世代によって考え方は違いますが、近い将来もっとメジャーなカップルの出会い方として認知されれば、幸せなカップルが増えていくかもしれません!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature