平安時代初期の「三筆(さんぴつ)」って、誰のこと? 知っていると知的なイメージ♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 平安時代初期の「三筆(さんぴつ)」って、誰のこと? 知っていると知的なイメージ♡

WORK

2020.12.07

平安時代初期の「三筆(さんぴつ)」って、誰のこと? 知っていると知的なイメージ♡

ビジネスシーンの雑談でもときおり耳にする「名数」が使われている言葉をチェック。今回は「三筆(さんぴつ)」です。

「三筆(さんぴつ)」(平安時代初期)とはなんだかわかる?

趣味で書道を始めた友人と雑談中、「三筆(さんぴつ)」の話題に! 話が止まらなくなるほど、「三筆(さんぴつ)」の魅力を語ってくれました。熱中できる趣味があるって良いですよね♡

ところで、この「三筆(さんぴつ)」は、代表的な能書家をまとめた言い回しです。では、平安時代初期の「三筆(さんぴつ)」が誰だかわかりますか。

【問題】
「三筆(さんぴつ)」(平安時代初期)の正しい組み合わせはどっち?

1. 空海、嵯峨天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)

2. 藤原行成・藤原行能・藤原行尹(ゆきただ)

正解は?

1. 空海、嵯峨天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)

三筆(読み:さんぴつ)
三人の能書家。
平安初期の嵯峨天皇・橘逸勢(たちばなのはやなり)・空海。
(小学館デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature