この文章で“失礼”な部分は?「社長のお言葉を他山の石として、自戒いたして参ります」うっかり誤用に注意! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. この文章で“失礼”な部分は?「社長のお言葉を他山の石として、自戒いたして参ります」うっかり誤用に注意!

WORK

2021.04.29

この文章で“失礼”な部分は?「社長のお言葉を他山の石として、自戒いたして参ります」うっかり誤用に注意!

人に何か伝えるとき、正しい言葉で伝えるために! 文章に間違いはないか、チェックしましょう。今回は間違えやすい言い回しをチェック。

この文章はどこが間違い?

後輩が作成したメールをチェックしていると、「今後は、社長のお言葉を他山の石として、自戒いたして参ります」と書かれていました。人生の指針になるような出来事や言葉に出合うと、成長する機会になりますよね。

ところで、この文章には誤りがあります。あなたは何が間違いかわかりますか。

【問題】
「今後は、社長のお言葉を他山の石として、自戒いたして参ります」の間違いはどこ?

1. 他山の石

2. 自戒いたして

正解は?

(c)Shutterstock.com

1. 他山の石

「他山の石」は、よその山から出た石のことで、そんな質の悪い石でも宝石を磨くのに利用できるところから、自分の修養の助けとなる他人の言行という意味で使います。

この場合は、社長に失礼な言い方となり、恨まれることは確かでしょう。

他山の石(読み:タザンノイシ)
よその山から出た、つまらない石。転じて、自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。「他社の不祥事を他山の石として会計の透明化をはかる」→他山の石以て玉を攻むべし
[補説]質の悪い石でも玉を磨くのに役立つということから。
文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「他人の誤った言行も自分の行いの参考となる」で使う人が30.8パーセント、本来の意味ではない「他人の良い言行は自分の行いの手本となる」で使う人が22.6パーセントという結果が出ている。
(小学館デジタル大辞泉より)

★Oggi.jpでは毎日朝6時に言葉クイズを更新中です。毎日チェックして言葉の達人になりましょう!
他の言葉クイズにもチャレンジしてみませんか? 記事一覧はこちら

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature