Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 正しいようで、実は間違い!「押しも押されない実力者」の間違いはどこ?

WORK

2020.09.04

正しいようで、実は間違い!「押しも押されない実力者」の間違いはどこ?

人に何か伝えるとき、正しい言葉で伝えるために! 文章に間違いはないか、チェックしましょう。今回は間違えやすい言い回し。

この文章の間違いに気付く?

久しぶりに地元に帰省すると、実家の近所に住む知り合いから「あの気弱な子供が、今は地元で押しも押されない実力者といわれるようになっているのよね」と、地元の人の噂話を聞きました。子どもの頃の姿からは想像できないほど、大人になって成功する人もいますよね。

ところで、この文章には誤りがあります。あなたは何が間違いかわかりますか。

【問題】
「あの気弱な子供が、今は地元で押しも押されない実力者といわれるようになっている」の間違いはどこ?

1. 押しも押されない

2. 実力者

正解は?

1. 押しも押されない

押しも押されない」が間違い。

押しも押されもしない」「押しも押されもせぬ」が正しく、地位などがゆるぎない状態であることを言います。

押しも押されもせぬ(読み:オシモオサレモセヌ)
どこへ出ても圧倒されることがない。実力があって堂々としている。押すに押されぬ。「押しも押されもせぬ財界の大立て者」
[補説]文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「押しも押されもせぬ」を使う人が41.5パーセント、本来の言い方ではない「押しも押されぬ」を使う人が48.3パーセントという逆転した結果が出ている。
(小学館デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ジャパンナレッジ 知識の泉「賢くなること請け合い! 言葉力クイズ


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature