Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 体だけの関係を終わらせて「本命彼女」になる方法! 近道は男性心理を理解すること

LOVE

2020.07.30

体だけの関係を終わらせて「本命彼女」になる方法! 近道は男性心理を理解すること

好きな男性と体だけの関係になってしまった…。本命彼女にして欲しいのに、彼にはまったくその気がなさそう…。そんな女性は、まず男性心理を理解してみて。体だけの関係になりがちな女性のNG行動や、そこから抜け出して本命彼女になるために試したいテクニックもご紹介♡ 実際に本命彼女に昇格した女性の体験談も参考にしてみて。

【目次】
体だけの関係を続ける男性の心理とは?
体だけの関係になりやすい女性のNG行動
体だけの関係から彼氏彼女になる方法
体だけの関係から本命彼女になった女性の体験談

体だけの関係を続ける男性の心理とは?

男性はすぐに体を許す女性に恋心が抱けない

男性はすぐに体を許す女性に恋心が抱けない
(c)Shutterstock.com

ライターの吉田奈美さんによれば、付き合う前に体の関係を持ってしまうと本命になるのが難しい理由として、男性には2つの矛盾した心理があると言います。

男性はすぐに体を許す女性に恋心が抱けない
(c)Shutterstock.com

「1つに男性は『ある程度許容範囲内であれば恋愛感情の有無を問わず、新しい女性とセックスしたい』という本能があるから。

そしてもう1つあって、これが厄介なんです。

それは『すぐに肉体関係を結ぶ女性に対しては恋心が抱けない』ということ。なぜかというと、そんな女性は信用がならないという理由、そして付き合わないでもこの関係で続けられるならそれに越したことがないという理由の2つからです。」(吉田さん)

つまり男性は、ある程度好みの女性が現れると、「セックスしたい」と望むけれど、それが叶ってしまうと「この女性と恋するのはやめておこう」という自己矛盾が起きるのだとか。

「そして、そんな男性の矛盾に巻き込まれてしまうのが女性。しかも女性は厄介なことに『恋心がそれほどなくても、セックスを契機に相手に愛情を持ってしまう』という本能があるんです。

ゆえに最初は男性側が女性側に恋心のようなもの、さらにはセックスしたいとアプローチをする。

そして女性側がその要求をのんだ時に、今度は男性側が『この女性はつき合う人ではない』と距離を取ってしまい、なおかつ女性側は男性に愛情を抱いて追いかけてしまう、そんな悲しいすれ違いが起きてしまうことになります」(吉田さん)

男性はすぐに体を許す女性に恋心が抱けない
(c)Shutterstock.com

「ある日、いわゆる『セフレ』をたくさん作る男性に話を聞いた際、『いいなって思う子が現れるとやりたいけど、でも心のどこかでは断ってくれ、断ってくれないとせっかく本命にしたいのに遊びで終わっちゃうからって気持ちもあったりするんだよなー』なんてことを言っていました。

これに対し、『なんて身勝手な!』とお怒りになる女性も多いことでしょう。しかし、この男性の本能を変えるのは非常に難しいのです。

なのでもしもまだ気になるお相手と『セックス前』でしたら、相手からの愛情をしっかり受け取り、おつき合いするという段階になって初めて体の関係を持つようにするのが恋愛の鉄則です。

出会ってからセックスまでの時間と思い出が多ければ多いほど、男性は女性を大切に思う傾向があります。」(吉田さん)

【男の心理】つき合う前にエッチをすると本命の彼女として見れなくなる理由…

体だけの関係になりやすい女性のNG行動

セックス後の一途アピール

セックス後の一途アピール
(c)Shutterstock.com

吉田さんによると、セックス後にする一途アピールは逆効果だと言います。

「そのときの男性の本音はこうです。『マジかよ』『急にそんなこと言われても困る』『信じられない』」だそう。

「こんなことをするのはあなただけだよ」や「本当に好きだからこそこんなことしたんだよ」などと、「あなたは特別な人」「あなたのことが好きだからした」「私は一途な人間です」というアピールはしない方がいいのだとか。

成功した女性多数! セフレ状態から彼の「本命彼女になる作戦」とは…

相手の気持ちを探って行動を決める

ライターの沢木 文さんによると、セフレで終わる〝デザート女〟には、特徴があると言います。ひとつが「相手が何をしたいか探ってから、自分の行動を決める人」。

「例えば、何を食べたいか、と聞かれた時に、自分が今食べたいものを即答する人が本命女になれる確率が高い。

反対にデザート女は、『あなたはどうしたい?』と相手が何をしたいか探ったり、自分の答えに対して相手がどう受け取るかを考えたりしてから、答えを決めます。

例えば、『サラダとパンケーキが食べたいけれど、そんなミーハー女はバカっぽいから、トンカツって答えて男の気持ちがわかる私をアピール』というように。別にトンカツが食べたいわけではないのに、相手から“そう思われたい自分”を誘導するようなコミュニケーションをする。

すると、男性は彼女の本心がわからず、よくわからない不思議な人だからデザート女で充分、と判断し本命に昇格はできなくなります」(沢木さん)

相手をスペックで見ている

相手をスペックで見ている

さらに沢木さんは、「出身大学と勤務先と年収で相手を判断している女性が圧倒的にデザート女になる」と言います。

「女性は加齢とともにスペック重視になります。老後が射程距離に入り、安定志向になる傾向が強く、アラサー、アラフォーになるほど、一流企業に勤務=いい男と思うようになります。

それは大変よくわかりますが、スペックが高い=いい結婚相手、というのは“呪い”だと思ったほうがいい。ハイスペック男子が、“自分に合う”かどうかはわかりませんから。結婚は永遠に続く生活だから、“合う相手”と結婚したほうがいいです。男性は女性以上に“合う・合わない”を素朴な目で直感的に判断しています」(沢木さん)

気遣いが上手

沢木さん曰く、「やたらと気を使い、気遣いが上手な女性」に、疲れる男性は多いと言います。

「一般的な話ですが、男性と女性を比べると、圧倒的に女性のほうが細やかな気遣い、コミュニケーション、こちらが恥ずかしくなるような的確な作業だけでなく、仕事が終わった後に『おつかれさまです♡』などの、ちょっとしたメモや小さなお菓子をくれるなどなど…… いわゆるデキる人が多いように感じます。

しかもさりげなく渡されたお菓子が、好みに合わせているものだったりする。そんなパーフェクトな気遣いができる美人なアラサー独身女子が周囲に多くいます。

でもこの細やかな気遣いって、される側はときどき疲れちゃうんですよね。

本命になれないデザート女は、この“気遣い”が上手い。きっと繊細な配慮ができる自分って偉いなとと思っているのでしょうが、その気遣いに対して疲れる男性(女性も)が多いことも知っておいてください」(沢木さん)

結婚できる「本命女」と遊びで終わる「デザート女」の分岐点はどこ?

体だけの関係から彼氏彼女になる方法

まずは被害者意識をなくす

まずは被害者意識をなくす
(c)Shutterstock.com

ライターの吉田さんによると、体だけの関係に悩む人の多くに、「被害者意識」があると言います。

「『セックスだけしてつき合ってもくれない!』『都合いい時だけ呼び出してひどい!』『セックス以外、まともな会話すらない』など、自分は被害者、相手は加害者という構図が頭の中にできてしまっています。

そして『彼との関係性に上下関係』を作ってしまっています(自分が下であるという意識)。

まずはこれをやめましょう、今日からきっぱり! はっきり! くっきり!(笑)

体の関係になったのも、自分の意思でなったことと認めること。そしてそこに多少なりとも喜びがあるから続けていることだと知りましょう。

被害者意識がある限り、幸せになることはできません。なのでまずはこれを捨てる。その上で大事なのは、2人の関係の主導権を彼に渡さないことです」(吉田さん)

まずは被害者意識をなくす
(c)Shutterstock.com

また、2人の状況を分析すれば、女性に主導権があることがわかると言います。

「彼はあなたとつき合えないけれど、セックスをしたいと思っている。しかしそれにはあなたからの合意がなければ、この関係性は終わるのです。

彼が終わらせるのではなく、終わらせるとしたらあなたから。

主導権が自分にあることを知れば、彼の感情の変化に怯えたり、顔色を伺ったりすることはだいぶ減っていくはずです。そしていつでも嫌になったら離れればいいだけなんです。この意識のアドバンテージを持つことは、幸せになるために本当に大きいことなんですよ!

そういうある種の覚悟のようなものが出てくると、恋愛においては特に不思議と人は魅力的になっていくものです。そうなれば彼のあなたに対する思いも変化していくことは十分あり得ます」(吉田さん)

まずは被害者意識をなくす
(c)Shutterstock.com

好きな人との関係がたとえ「体だけの関係」だとしても、その状況をまずは最大限楽しむ気持ちが大事なのだそう。

「これによってモヤモヤ、鬱々とした気持ちがだいぶ落ち着き、自己肯定力も高まり、彼との関係性を終わらせる決意ができたり、また彼と真剣に向き合おうという覚悟ができたりと、何かしらのポジティブな変化が起こるのではないでしょうか」(吉田さん)

私ってセフレ体質? 体だけの関係から抜け出す方法とは…<彼氏がほしい>

彼の執着心を引き出す

彼の執着心を引き出す
(c)Shutterstock.com

吉田さんによれば、あくまで遊びであると割り切って楽しんでいる態度をとることで、彼の中に「執着」が芽生えると言います。

「最初は文字通り、『遊びの関係』になります。

しかし会うたびに楽しく、またセックスも濃厚で、さらにはその後も面倒臭くなくむしろ女性側から未練なくさっと立ち去れば、彼としてはそのうち『自分の方が遊ばれている感覚』に変化していきます。

そして彼の中で『執着』が出てくるんです」(吉田さん)

彼の執着心を引き出す
(c)Shutterstock.com

「こうなれば形勢逆転のチャンス。彼をしっかり翻弄することで、好きになってもらう可能性が出てきます。ただし彼が本気になるまでは『こちらからの一途さは封印』が鉄則。

もちろん体の関係はすぐには持たないのが何よりなのですが、もしもそうなってしまった際の奥の手としてこのやり方は試す価値大ありですよ。数多くの成功例を見てきたおすすめの作戦です!」(吉田さん)

成功した女性多数! セフレ状態から彼の「本命彼女になる作戦」とは…

魔性と淑女の間を行き来する

魔性と淑女の間を行き来する

相席スタートの山添 寛さんによれば、男性は「魔性」と「淑女」の間を行き来する女性には、体だけの関係でも恋をすると言います。

「たまに相談を受けることがありますが、セフレから本命になりたいといって、男性にものすごく尽くす女性がわりと多いかと思います。

最初は遊びで始まったのに、急に『私は真剣にあなたを思っています』という従順な気持ちをアピールしたりすることも多いのではないでしょうか。気持ちはわかりますよ、もちろん。

しかしですね、それじゃセフレを作るようなクズ男の気持ちを捉えることはできないんです。だって相手は正真正銘のクズなんですから、安心感を与えたら利用されるに決まっています。

まずは従順になんてならず、魔性の女として揺さぶりまくってください。さんざん揺さぶったあとに、最後に少しだけ淑女の要素を入れる。

そう、『魔性』と『淑女』の間を自由に行き来すればいいのです。」(山添さん)

相席スタート・山添寛の【本日も、クズ紳士なり】|第6回「セフレから彼女になるには〝早起きして○○をする〟とうまくいきます!」

体だけの関係から本命彼女になった女性の体験談

本命彼女に昇格した女性が試したテクニック

体だけの関係から発展した女性たちに、テクニックや気をつけたことを聞きました!

気持ちに余裕を持つこと

「1回エッチがあったのだから、2回目もある。私の経験上、この確率は10%です。ほぼないと思っていいと思います。急に近づいてワンナイトしたわけですから、私はすぐに次に会う約束をしようとしないし、エッチの後もイチャイチャしたりもしません。

『あなたがいなくてもいいんだよ』と構えて少し距離をとってみるとよいのかなと思います。体の相性が合うと嬉しいですよね。私も嬉しいです。でもまずはその気持ちは出さず、一旦冷静になるとよいかなって思います。私はこれで成功しましたよ」(29歳/アパレル広報)

本命彼女に昇格した女性が試したテクニック

「ワンナイトをした後どうやったら付き合えるのか、私も悩みました。当時気になっていた彼はイケメンだし、モテるので、セフレもいるようでした。そこで、私がとった作戦は、とにかく会うこと! 彼が参加する飲み会に積極的に参加したんです。もちろん彼との体の関係はほかのみんなに内緒で。

参加しているメンバー全員に愛想をよく接し、気配りもして、カラダだけではない魅力を見せようと頑張りました。すると彼から、『ふたりきりでご飯しよう』と連絡がくるようになり、最終的には付き合うことができました。単純かもしれないけど、こういう積み重ねって大事だなと思います。相手に依存せず、彼にほんのり“そばにいるよ”と伝わるような存在になるようにすることが一番かな」(31歳/広告代理店)

どうやら「自立していること」が大切なよう。彼を自由にさせつつ、追いかけたい、付き合いたいと思わせる努力が必要なのかも。

気軽なひと言

「私は気になった相手には『私って結婚願望ないよ』というテンションで話をします。結婚は、男性にとっても一大事なはず。重い、めんどくさそうと思われないようにして、次に会うハードルを低くしてあげることが大事なんじゃないですかね。結果的に、私は2,3回会うことができて、お付き合いに発展したことがあります。めちゃくちゃ結婚したいですけどね(笑)」(30歳/貿易)

「お互い恋人がいなくてワンナイトしてしまったら、その場の雰囲気で『お試しで付き合ってみる?』と言ってみるのはいかがでしょう? 私はこの手法で、2回お付き合いしたことがあります(笑)。ときにはノリに任せてみるのもよいかも。傷つきたくはないけれど、ワンナイトなんだし、何度も会って都合のいい女でいるより納得できる気がします」(28歳/不動産)

本命彼女に昇格した女性が試したテクニック

勇気を出して言うなら気軽なひと言の方がいいのかも!?

ベッド上で大切な話はしない

「今彼はワンチャン狙いでマッチングアプリを使う常習犯(今は浮気してないと信じたい…)。そんな彼から聞いたのですが、ベッド上で『また会いたい』『付き合いたい』とか言われると冷めるそうです。エッチの前後、最中でも。その瞬間だけを楽しみたいだけなんでしょうね。気持ちが盛り上がっても、言わない方が良いと思います」(31歳/出版)

「男性ってエッチが終わったあと、気だるくなるじゃないですか。なんとも感じなくなりますよね。だから何を言っても忘れてる気がするんです。だから『めっちゃ気持ちよかったよ、ありがとう』とだけ伝えるようにしています。それくらいの会話がちょうどいいと思うんですよね。以前付き合った彼もこういう面倒だと思われる発言に気をつけたから付き合えたと思うんです」(27歳/コンサルタント)

本命彼女に昇格した女性が試したテクニック
(c)Shutterstock.com

ベッドの上での発言は、軽やかなものにしておいた方が〝嫌われない〟のは確かでしょうね。

ベッドの上で「また会いたい♡」は禁句! ワンナイトから本命彼女にしたくなる方法


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.08

編集部のおすすめ Recommended

Feature