Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 彼氏
  4. ベッドの上で「また会いたい♡」は禁句! ワンナイトから本命彼女にしたくなる方法

LOVE

2019.10.27

ベッドの上で「また会いたい♡」は禁句! ワンナイトから本命彼女にしたくなる方法

ヤリモク男子に恋をしてしまったら? 遊び相手から本命になるのでしょうか? ワンナイトから発展した女性たちを集め、テクニックや気をつけていることを聞いてきました! 一部LINEも公開します。

1:気持ちに余裕を持つこと

「1回エッチがあったのだから、2回目もある。私の経験上、この確率は10%です。ほぼないと思っていいと思います。急に近づいてワンナイトしたわけですから、私はすぐに次に会う約束をしようとしないし、エッチの後もイチャイチャしたりもしません。

あなたがいなくてもいいんだよ』と構えて少し距離をとってみるとよいのかなと思います。体の相性が合うと嬉しいですよね。私も嬉しいです。でもまずはその気持ちは出さず、一旦冷静になるとよいかなって思います。私はこれで成功しましたよ」(29歳/アパレル広報)

「ワンナイトをした後どうやったら付き合えるのか、私も悩みました。当時気になっていた彼はイケメンだし、モテるので、セフレもいるようでした。そこで、私がとった作戦は、とにかく会うこと! 彼が参加する飲み会に積極的に参加したんです。もちろん彼との体の関係はほかのみんなに内緒で。

参加しているメンバー全員に愛想をよく接し、気配りもして、カラダだけではない魅力を見せようと頑張りました。すると彼から、『ふたりきりでご飯しよう』と連絡がくるようになり、最終的には付き合うことができました。単純かもしれないけど、こういう積み重ねって大事だなと思います。相手に依存せず、彼にほんのり“そばにいるよ”と伝わるような存在になるようにすることが一番かな」(31歳/広告代理店)

参加しているメンバー
(c)Shutterstock.com

どうやら“自立していること”が大事なようですね。彼を自由にさせると同時に、追いかけたい、付き合いたいと思わせるように陰で努力してみるとよいかも。

2:気軽なひと言

「私は気になった相手には『私って結婚願望ないよ』というテンションで話をします。結婚は、男性にとっても一大事なはず。重い、めんどくさそうと思われないようにして、次に会うハードルを低くしてあげることが大事なんじゃないですかね。結果的に、私は2,3回会うことができて、お付き合いに発展したことがあります。めちゃくちゃ結婚したいですけどね(笑)」(30歳/貿易)

「お互い恋人がいなくてワンナイトしてしまったら、その場の雰囲気で『お試しで付き合ってみる?』と言ってみるのはいかがでしょう? 私はこの手法で、2回お付き合いしたことがあります(笑)。ときにはノリに任せてみるのもよいかも。傷つきたくはないけれど、ワンナイトなんだし、何度も会って都合のいい女でいるより納得できる気がします」(28歳/不動産)

LINEトーク

勇気を出して言うなら、気軽なひと言の方がいい! ヤリモクの彼なら、案外ノッてくれるかも!?

3:ベッド上で大切な話はしない

「今彼はワンチャン狙いでマッチングアプリを使う常習犯(今は浮気してないと信じたい…)。そんな彼から聞いたのですが、ベッド上で『また会いたい』『付き合いたい』とか言われると冷めるそうです。エッチの前後、最中でも。その瞬間だけを楽しみたいだけなんでしょうね。気持ちが盛り上がっても、言わない方が良いと思います」(31歳/出版)

「男性ってエッチが終わったあと、気だるくなるじゃないですか。なんとも感じなくなりますよね。だから何を言っても忘れてる気がするんです。だから『めっちゃ気持ちよかったよ、ありがとう』とだけ伝えるようにしています。それくらいの会話がちょうどいいと思うんですよね。以前付き合った彼もこういう面倒だと思われる発言に気をつけたから付き合えたと思うんです」(27歳/コンサルタント)

ベッド上
(c)Shutterstock.com

エッチだけしたい男性に「付き合いたい」と言っても意味がないのでしょうね。それに賢者タイムに言うのは尚更。ベッドの上での発言は、軽やかなものにしておけば、“嫌われない”のは確かなのだと思います。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature